【必見】納豆の栄養価がすごすぎるぞ!恐るべき納豆のポテンシャル…

【必見】納豆の栄養価がすごすぎるぞ!恐るべき納豆のポテンシャル…

豆は、安くて手軽に食べられる食品ですが、

独特のにおいや味からも敬遠される一つでもありますよね。

しかし、納豆は健康面で見ると非常に優れた食品です。

納豆に含まれる栄養分は恐ろしいほど健康に良いのです。

今回はそんな納豆の知られざるポテンシャルを発掘していきましょう・・・

納豆の栄養価

納豆にはたくさん体にいいものばかりが含まれています。

 

たんぱく質・・・筋肉や臓器を作ったり体のエネルギーになります

ビタミンB6・・・免疫機能を健全に保ちます

カリウム・・・血圧の低下、脳卒中の予防や骨密度の増加を促します

マグネシウム・・・骨や歯の形成、カルシウムやリンと共に骨を作っています

鉄分・・・貧血予防になります。特に女性には貧血気味の方が多いです

食物繊維・・・便秘の予防や生活習慣病の予防にもなります

ビタミンE・・・体内の脂質の酸化を防ぎ、体を守ってくれます

カルシウム・・・出血を止めたり、神経の働きや筋肉運動を促す役目も

ビタミンB2・・・肌や粘膜の健康を保ちます

ビタミンK2・・・カルシウムを体内取り込むために無くてはならない栄養素

 

またコレステロール0の食品です。

コレステロールは3大栄養素の1つである脂質のうち、

誘導脂質に属する脂質の1種になります。

コレステロールの摂りすぎは、脂質異常症など生活習慣病になりやすくなります。

大豆に納豆菌を入れ発酵させてできるナットウキナーゼという酵素も大切な栄養素です。

 

コレステロールは悪い?

コレステロールはなに?

コレステロールは脂質の1種になります。

人間の体にある約60兆の細胞は、コレステロールに守られているといわれています。

人間の細胞を作ったり細胞膜の材料でもあります。

細胞膜は細胞内部を保護して、

細胞外にある物質やエネルギーの出し入れを行い、生体ホルモンも作ります。

このことからもわかるように実はコレステロールは健康を維持するのに重要な成分なのです。

コレステロールは嫌われがちですが不足すると免疫が低下してしまいます。

 

コレステロールの必要性

コレステロールは、1日で成人で1gから1.5gが必要といわれております。

体内では一定のコレステロールが必要なために、

体の中でコレステロールを合成すると共に、食事で摂りすぎた時は抑制もしてくれます。

食事から摂ったコレステロールは腸管から吸収されて、肝臓に入ります。

 

肝臓はコレステロールの生産を控え、

胆汁酸(食事から取り入れた脂肪などの消化吸収を助ける)となって体外へ排泄されます。

ただ食事からコレステロールを摂る量が多すぎたり、

運動不足、加齢などで、体内の調節機能が低下してしまうと、

コレステロール量のバランスが崩れてしまいます。

食生活を中心とする自己療養が大切になります。

 

コレステロール値が高くなると、脂質異常症になりやすくなってしまいます。

脂質異常症とは、悪玉コレステロールが血液中に増えすぎて、

血中の脂質の値が高いことを指します。

脂質異常症から動脈硬化になってしまい、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高くなります。

反対に悪玉コレステロールが低いと、それらのリスクが回避できるわけです。

 

納豆の食べ方

納豆は基本的にそのままでも加熱しても栄養素は壊れにくいです。

ナットウキナーゼは熱に弱いため、

ナットウキナーゼを摂りたい方にはそのまま食べることをおすすめします。

薬味やトッピングに凝るのも飽きなくていいです。

また、薬味の組み合わせにより、必要な栄養素をより多く摂ることができます。

 

  • 玉子
  • ねぎ
  • しょうが
  • しそ
  • ごま
  • 梅干し
  • 削り節
  • ちりめんじゃこ
  • キムチ

 

などが相性いいと紹介されていますし、

実際食べるときも欠けているものがあると思います。

意外と栄養素が高い薬味と納豆は昔から食べられていますね。

ごはんに合うイメージが強いですが、食パンの上に乗せてトーストにすると、

またごはんとは違うレシピや栄養素が摂ることができます。

一日、1パックが目安だといわれています。

 

まとめ

納豆の紹介をしてきました。納豆は大豆に納豆菌を入れた発酵食品です。

大豆にはない栄養素があります。

また、コレステロールが0ということで、積極的に取り入れたい食品です。

そして、意外に知らないコレステロールと納豆の関係もご紹介してきました。

コレステロールは「悪」というイメージがありますが、必要不可欠な栄養素です。

摂りすぎはダメですが、摂らなすぎてもダメです。

納豆はコレステロール0なので、気にせず摂取することができますね。

 

レシピは自分で探索してもいいですし、アプリなどで検索すると、

たくさん出てきますので、ぜひ積極的に納豆を摂取してみてください。

ごはんやおかず、またお酒のアテにもなり万能です。

また比較的に安価で手に入りますし、これを機に納豆を毎日摂ってみませんか。

未分類カテゴリの最新記事