事実、痩せやすい体質にはなれます。そこで守るべきこととは….

事実、痩せやすい体質にはなれます。そこで守るべきこととは….

つもは気をつけているのに、少し気を抜いただけですぐに太ってしまう…

そんな太りやすい体質に悩んでいる人は多いのではないでしょうか。。

同じ運動をしても効果の出方も変わってきます。

痩せやすい体質になれるものなら誰もがなりたいものですよね。

ここでは、そんな痩せ体質を作るためのポイントを説明していきたいと思います。

痩せやすい体質の特徴とは?

痩せやすい体質の人の特徴とはどんな事があるのでしょうか?

 

  • 何もしていない時に使われるエネルギーである基礎代謝が高い。
  • 血行が良く、老廃物や脂肪が体に蓄積されにくい。
  • 筋肉が発達している為、基礎代謝が高い。特に太ももなど。
  • ダイエットの大敵である便秘になりにくい。
  • ストレスを溜めにくいストレスは自律神経の乱れや暴飲暴食を招きます。
  • しっかりと睡眠をとっている。

 

などが挙げられます。

基本的には筋肉量が多い人は脂肪を燃焼しやすいので、基礎代謝も上がります。

筋肉量が多く、規則正しい生活を送っている人

痩せ体質を作る上で理想的であると言えますね!

 

痩せやすい時期はあるの?

女性特有ではありますが、ホルモンバランスにより痩せやすい時期というものはあります。

その時期には生理周期が大きなポイントとなっています。

結論から言うと痩せやすい時期は「生理直後」です。

生理が終わる頃になるとエストロゲンと言うホルモンが出されます。

このホルモンがダイエットの効果をより高くしてくれるのです。

 

反対に、痩せにくい時期は「生理前から整理中」です。

この時期は黄体ホルモンが影響さてダイエット効果が出にくい時期です。

この時期はあまり無理をせずストレスを溜めずに穏やかに過ごしましょう!

この様にダイエットとホルモンは深く関わっているのです。

痩せ体質を作る方法は?

実際に痩せやすい体質を作るにはどの様な事をしたら良いのでしょうか?

まずはとにかく痩せやすくするためには「基礎代謝のアップ」は欠かせません。

これを上げるためにはひたすら筋肉をつける事が大切になります。

また筋肉は脂肪を燃やしてくれる効果もあります。

すぐに筋肉は付くものではありませんが体質改善の為、長い目で見て頑張りましょう!

また、基礎代謝だけでなく「活動代謝」を上げていくことも大切です。

 

これは、具体的には毎日階段の登り降りをするなど、一度のエネルギー消費は

大きくないものの日々続けることで効果を発揮するものです。

意外に知られていないのが、骨盤のゆがみも太りやすい体質を作っている事です。

セルライトの原因も実は骨盤の歪みから来ているとされていて、

矯正ベルトなどを使って骨盤を治すことは体質改善の上でとても重要と言えます。

痩せる体質作りは日々の努力がとても重要です。

残念ながら即効性のある方法はありません。

 

  • 基礎代謝をあげること
  • 体温を上げること
  • 腸内環境を整えること

 

この3つを基本に生活を見直す事を頭に置いて日々地道に努力する事が大切です。

基礎代謝をあげるためには

 

  • 適度な運動
  • バランスの良い食事
  • 十分な睡眠
  • 筋肉をつける

 

 

体温を上げるためには

 

  • 夏場など暑い時でも冷たいものを取りすぎない事
  • ごはんをしっかりと摂ること

 

腸内環境を整える為には

 

  • 善玉菌を増やす
  • 食物繊維を積極的に摂る

 

などが上げられます!この3つを踏まえて生活習慣を見直してみましょう!

 

痩せ体質を作るための食事について

規則正しい生活のほかに食事のとり方でも体質改善に役立つ方法はあります。

 

痩せ体質に欠かせない!摂取したいものとは?

αリノレン酸、繊維質、乳酸菌などはデトックス効果の高い栄養素として非常に有名です。

これらは体の老廃物を排出する効果が非常に高いので、

痩せやすい食べ物として積極的に採りたいですね!

また、実は炭水化物も痩せ体質に排出必要です。

炭水化物といってもラーメンやケーキ、菓子パンなどではなくご飯です。

 

炭水化物を極端に摂取しない様にすると脳は危険信号を体に出してしまいます。

体が少しでも体内に栄養を残そうとしてしまうので、

逆に痩せにくい体質になってしまうのです。

たくさん摂りすぎると太ってしまいますが、

適度に必要最低限はとるようにしましょう!

 

簡単にできる!食事方法にもコツが!!

よく早食いは太りやすいなどと聞きますが、実は本当です!

通常、食事を取り始めると脳から満腹信号が出て満腹になったと感じるのですが、

この満腹信号は出るまでに食事を初めて20分程はかかるのです。

つまり、20分以内で食べ終えてしまう早食いタイプの人の場合、

食後に物足りなさや空腹感を感じ間食をしやすくなってしまうのです。

よく噛む事で、時間をかけるだけでなく満腹中枢も刺激されるので、

生野菜や食感を楽しむメニューなどをよういしてみるよもよいですね!

 

まとめ

すぐに効果のあるものはあまりありませんが、

明日からでも改善できる生活習慣はあったのではないでしょうか?

少しづつでも始める事で着実に痩せやすい体質は作られていきます。

ぜひここで読んだ生活習慣を取り入れて効果的なダイエットを行なってみてくださいね!

ダイエット!カテゴリの最新記事