化粧筆の選び方のポイントと使い方を確認しておきましょう!

化粧筆の選び方のポイントと使い方を確認しておきましょう!

ろそろ、1本は良い化粧筆を持ちたい・・

専用の化粧筆ってメイク品に付属している小さいブラシと、そんなに違うのかな・・

などなど、化粧筆への憧れはあるものの今ひとつ踏み出せない方も多いようです。

そんな方は必読です!!

決して難しくない化粧筆選びのポイントと使い方をお教えします!

化粧筆を使う醍醐味

「化粧筆が変わればメイクが変わる」これは本当です。

例えば、化粧筆のグレードが上がればメイクも上質に。

同じグレードの化粧筆でも、毛質や毛量が違えば、

メイクの仕上がりや雰囲気がガラッと変わります。

 

さらに、同じ化粧筆でも、毛のトップを使うか、

毛の腹を使うかというだけの違いで、仕上がりの質感が変わります。

まさに、これが化粧筆の醍醐味です。

化粧筆ひとつで、これまでのメイクに奥深さが増し、上質な仕上がりになります。

特に大人の女性は、メイクの品格の鍵を握るのは化粧筆といっても過言ではありません。

 

化粧筆選びの基本

何本持っていても楽しい化粧筆ですが、

今回は化粧筆ビギナーさんに向けて「超基本」に頂点を絞ってご紹介します。

 

種類

化粧筆は、その用途、使うパーツのよって多種多様にあります。

代表的なものは、フェイスブラシ、チークブラシ、アイシャドウブラシ、

アイブロウブラシ、リップブラシです。

この中で、まずはじめの1本を選ぶならチークブラシがオススメです。

2本目を持つ余裕があれば、次はフェイスブラシが良いでしょう。

理由は、チークが一番、仕上がりの質感を左右するメイクだからです。

チークが上質なら、女性としての品もアップしてしまうほど変われますよ。

 

毛質

毛質も重要です。

リス、イタチ、またはこの混毛がオススメです。

やわらかさと、程よい弾力が魅力の毛です。

化粧筆の毛は、その用途によって、やわらかさ・硬さ・弾力のバランスが必要です。

これがナイロン毛には表現できない、自然の恩恵のひとつと言って良いでしょう。

 

柄の長さ

実は柄の長さによって損をしている方もいます。

化粧筆の柄の長さは、同じ用途の物でも色々な長さや形があります。

化粧筆の専門店や、百貨店の専門コーナーに行くと、

同じ化粧筆なのに、長い柄と短い柄のものが売られているのを見たことがありませんか?

2種類の長さがあった場合、一般的には短い方が「セルフメイク用」です。

 

長い方はプロユースである場合が多く、

誰かにメイクを施すときは柄が長い方が使いやすいのです。

特に化粧筆ビギナーさんは柄が短い方が

ちょうど良い力や圧を伝えやすくコントロールしやすいです。

ただし極端に短いものは使いやすさよりも、

携帯用として利便性を追求したものもあります。

 

これは簡単!化粧筆の使い方 ~たった2つのポイント~

では、いよいよ、化粧筆を使ってみましょう。

しかし、ここで心配になるのが、「ちゃんと習わないと使えないのでは・・・?」

「やはり化粧筆はプロしか上手く使いこなせないのでは?」という事です。

このような声をよく聞きます。しかし心配は無用なのです。

化粧筆を使いこなすポイントはたった2つで良いのです。

 

  1. 毛にたっぷりと粉を含ませる
  2. 毛の腹で肌を磨きあげるイメージでなじませる

 

たったこの2つです。

順を追って説明しましょう。

 

毛にたっぷりと粉を含ませる

化粧筆のパンフレットなどで、「粉含みが良い」という言葉を目にしたことはありませんか?

まさに、これは良い筆の“基本”なのです。

良い毛は、粉をたっぷりと含みます。

毛の表面だけでなく、毛の中まで粉が入り込むのが特徴です。

重要なのは、表面部分に粉がたっぷり付くことよりも、

毛の中側にしっかりと粉が含まれることです。

たっぷりと粉を含ませたら、毛の表面についた粉を軽く落としてから使います。

 

毛の腹で肌を磨きあげるイメージでなじませる

たっぷりと粉を含ませた状態で「毛の腹」を使うのがポイントです。

一般的なチークブラシやフェイスブラシの場合、

毛のトップは、実は肌に粉を定着させるのに向いていません。

毛の内側に含んだ粉を少しずつ、毛の表面部分に押し出しながら肌へ定着させます。

この時に、毛の肌の部分で肌を磨きあげるイメージで筆を動かしてください。

 

毛で適度な圧を加えることで、粉に程よい「艶」が出てきます。

この「艶」は化粧筆で粉をつける時の最大の醍醐味と言って良いでしょう。

これがチークなら、若々しくフレッシュな血色を思わせる仕上がりに。

そして、フェイスパウダーなら、潤いに満ちたみずみずしい艶と透明感の演出ができます。

 

化粧筆のお手入れ

最後に気になる筆のお手入れです。

使うごと日々のお手入れはとても簡単です。

 

  1. 筆の柄をトントンと軽く叩くように振動ささせ、余分な粉を落とす。
  2. やわらかいティッシュで数回なでながら、筆表面についた余分な粉を落とす

 

たったこれだけです。

よほど汚れてくれば専用の中性洗浄剤で水洗いすることも必要ですが、

毎日やる必要はありません。むしろ、毛が痛みます。

 

また、化粧筆をプロレベルで使いこなす方たちは、

「筆を育てる」ことも化粧筆の醍醐味と言います。

使うほどに毛が粉を程よく含んだ状態がキープされ、

毛がなじみ、艶が出やすくなるのです。

これは、使う方それぞれの味に変化していくので、

誰とも同じではない、完全オリジナルの化粧筆が出来上がるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一本売りの化粧筆は敷居が高いと感じる方も居るかも知れませんが、

是非、お試しいただきたいです。

自分用に先ず1本選ぶ時のポイントをおさらいしましょう。

 

  • 1本目のおすすめはチークブラシ。2本目はフェイスブラシ。
  • 柄の短いものがセルフメイク用。
  • 使用時は毛の内側までたっぷりと粉を含ませる。
  • 毛の腹で肌の磨き上げるイメージで粉をなじませる。

 

これから、化粧筆デビューをする方、

もしくは化粧筆は持っているけど使い方がいまいち分からなかった方、是非お試しください。

化粧について!カテゴリの最新記事