【必見】リンパケアを正しくやって美容と健康に繋げよう!

【必見】リンパケアを正しくやって美容と健康に繋げよう!

顔、美肌、美白、リフトアップ…

疲れ知らずの身体、健康…

これらが全部「リンパケア」で出来るってすばらしいと思いませんか?

知っているようで実は良く知らない「リンパ」についてその基本をご紹介します!

リンパとは

リンパとは、「リンパ液」「リンパ管」「リンパ節」から成り立っています。

これらを全部まとめて「リンパ」と呼ぶのです。

 

リンパ液

体内を流れる体液の一種で、無色透明です。

血液の中の血小板の一部が血管に染み出して、リンパ液となります。

このリンパ液は、体内の老廃物や細菌、

余分な水分などを回収し、取り込んで運ぶ役割りをしています。

 

リンパ管

リンパ液が流れる管です。

血液が流れる管が血管であるように、リンパ液が流れる管はリンパ管です。

このリンパ管は、血管と同じように、体中を張り巡らされています。

つまりは、リンパ液も体中を流れているというわけです。

 

リンパ節

リンパ管が集まる場所をリンパ節と言います。

体内には800箇所ものリンパ節があります。

リンパ節は、老廃物や細菌など、

身体に必要の無いものを濾し摂るフィルターのような役割りをしています。

 

リンパの働き

リンパの働きは色々ありますが、主なものを挙げてみましょう。

 

  • 老廃物、余分な水分の回収と排出
  • 細菌を処理する
  • 異物や細菌を血管へ入れさせない。

 

このように、私達の免疫に関わる部分で重要な働きをしています。

リンパの美容効果

美容ケアのためにリンパマッサージを取り入れている方も多いでしょう。

美容の意識の高い方には、リンパの美容効果はすでに常識かもしれませんね。

リンパが滞ると、むくみ、くすみなどの症状が肌に現れます。

つまりは、リンパの流れを良くするだけで、

むくみが取れて小顔効果があり、くすみが取れてふわっと肌の色も明るくなります。

さらに、マッサージにより肌に張り・弾力が生まれ、リフトアップ効果にも繋がます。

 

リンパの健康効果

リンパは細菌やウィルスを取り込み、リンパ節まで運びます。

リンパ節でこれらを処理し消滅させたり、

身体の外へ排出させることで感染症を未然に防ぐ事が出来ます。

風邪を引いたり、熱が出た時に、リンパ節のある首やのど元などが腫れることがあります。

この状態は、リンパと細菌・ウィルスが戦っている証拠です。

 

リンパとむくみの関係は?


リンパが滞るとむくんでしまいます。むくみが出ると、

フェイスラインやボディラインにゆがみが出て、たるみの原因になります。

美容の目的でリンパマッサージを行う方は、

むくみ解消を目指している方が多いかと思います。

むくみの原因は、リンパの流れが滞ることです。

これは、身体の中でのリンパの構造や、仕組みに大きく関わりがあります。

 

リンパにはポンプがない!


リンパ管は、血管と同じように全身に張り巡らされています。

しかし血管は、心臓がポンプの役割りをしてくれていますが、

リンパにはポンプがありません。

そのため、リンパの流れは滞り易いのです。

 

リンパ液はゆっくり流れている!

リンパ液の流れがゆっくりであることも、流れが滞りやすい原因です。

これは、どういう事でしょう?

つまり、リンパ液は老廃物や異物を溶かし込むほどに、ドロッと粘性を帯びてきます。

ドロドロしたリンパ液は余計に流れが滞り易いのです。

 

リンパ管は血管より細い!

リンパ管が細いことも、リンパ液が滞り易い原因のひとつです。

 

リンパ管は皮膚の直ぐ下にある!

リンパ管は皮膚の2mm~3mm下を流れています。

血管よりも随分と浅い部分に張り巡らされているのです。

先述の通り、リンパの流れは滞り易く、滞っている部分はリンパ管が膨張します。

膨張したリンパ管は、皮膚を押し上げ、

結果として私達は顔・身体がむくんだ状態になってしまうのです。

 

リンパの流れを良くするには?

滞ってしまったリンパを流すには、マッサージが一番確実です。

リンパマッサージの方法は、色々な美容家が語っていて本やDVDなどの種類も豊富です。

しかし本格的にやろうとすると、

面倒くさがり屋の方には少しハードルが高いかもしれません。

そこで今回は普段から日常生活の中で出来るリンパマッサージをお教えしましょう。

とても簡単すぎて驚いてしまうかもしれません。

 

呼吸

実はリンパは、普段の私達の呼吸でも流れを促しています。

もし、顔や身体がむくんできてリンパの流れが滞っていると思ったら、

意識的に深い呼吸を行ったり、腹式呼吸を行うと良いでしょう。

 

身体を温める

リンパ液は、温めることで流れやすくなります。

身体を冷やさないように気をつけるだけでも効果があります。

 

軽い運動をする

筋肉の動きによって、リンパを押し流すことが出来ます。激しい運動は必要ありません。

歩く時に、少しいつもより大股で歩くとか、

電車の中で爪先立ちをするなど、ストレッチレベルでも十分です。

 

姿勢を良くする

姿勢が悪いとリンパが圧迫されて流れが滞ってしまいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

リンパは健康・美容の両面で私達を支えています。

むくみ易い方、風邪を引き易い方は

もしかしたらリンパの流れが滞りやすく、リンパ節の働きが弱いのかもしれません。

日常生活でも実践できる、

 

  • 呼吸
  • 体を温める
  • 軽い運動をする
  • 姿勢を良くする

 

先ずは、ここから始めてみてはいかがでしょうか。

少し意識するだけも変わるはずです。

リンパケアカテゴリの最新記事