【青学】佐藤一世の中学や八千代松陰での記録は?日本人歴代最高記録って本当?

【青学】佐藤一世の中学や八千代松陰での記録は?日本人歴代最高記録って本当?

佐藤一世選手(さとういっせい)という、青学の1年生をご存知でしょうか?

1年生ながら2021年の箱根駅伝での活躍が期待されてる注目の選手なんです。

2020年の箱根駅伝で総合優勝を果たした青学が連覇するためには、この選手なくしてありえません!

そこで今回は、青学の期待の1年生、佐藤一世選手について深掘りしていきたいと思います。

佐藤一世のプロフィール

佐藤一世のプロフィール

(https://akasann.biz/satouiltusei-cyuugaku-daigaku/)

名前:佐藤一世(さとういっせい)

出身:千葉県松戸市

大学:青山学院大学

身長:162cm

体重:44kg

(https://bit.ly/3mzPrTc)

佐藤一世の中学時代はサッカー部?

佐藤一世の学生時代

(https://4years.asahi.com/article/12986655)

佐藤一世選手は、ずっと陸上をしていたわけではありません。

中学時代は、陸上とサッカーの掛け持ちをされていたみたいです。

しかも結構ガチでサッカーに没頭しており、陸上の記録会もサッカーのために欠席するほどでした(笑)

陸上でも関東中学駅伝に出場して3位のタイムを叩き出しています。

 


総体では、全国大会に出場しており松戸の記録会の男子5000mで3着の成績。

中学時代は、陸上とサッカーの2足のわらじを履きこなしてますね!

佐藤一世が高校で才能が開花

佐藤一世は高校で才能が開花

(http://www.matsudo.ed.jp/tkwdr-j/sp/index.cfm/8,5092,53,256,html)

佐藤一世選手は、地元である千葉の陸上強豪校、八千代松陰高校に進学をします。

ちなみに、高校に入学してさすがにサッカーを辞め陸上一本に絞ったみたいです(笑)

陸上一本に絞った効果かわかりませんが、ここから圧巻の成績を残します。

高校デビュー戦である千葉県高校新人陸上5000mで優勝

高校初優勝のとき映像がこちら。

翌年の全国駅伝で1区を走り2位

3年生のときには、都道府県駅伝で5区を走り24分29秒で1位。

千葉県高校駅伝で1区を走り29分43秒で1位。

5000mのトラック競技とロード競技の駅伝、両方ともに結果を残してるんです!

佐藤一世が日本人歴代最高記録を叩き出す!

佐藤一世選手の高校時代の極め付けは、全国高校駅伝に出場して1区を走り1位を取ったときのタイムです。

そのときのタイムが28分48秒でなんと、日本人歴代1位!

まさに、トップを走り続けた高校時代を送ったんです。

この圧倒的な成績を収め、名門青山学院大学へ進学します。

佐藤一世が青学でいきなり魅せた!

佐藤一世は青学

(https://hochi.news/articles/20200118-OHT1T50125.html)

佐藤一世選手が青学でいきなり魅せてくれました!

入学してすぐの5000mの大会で13分48秒の自己新記録を叩き出したんです。

そのときの大会で青学のキャプテン神林勇太選手が13分47秒のタイムでした。

少し前まで体が出来上がってない高校生だった佐藤一世選手が1秒差で肉薄しています(笑)

佐藤一世が青学の起爆剤として箱根駅伝で羽ばたく

佐藤一世は青学

(https://4years.asahi.com/article/12986655)

佐藤一世選手の青学での活躍や学生時代の無双状態を見る限り2021年の箱根駅伝で選ばれると予想しています。

ただ、優勝候補筆頭である青学も選手層が非常に厚いのも事実!

連覇のかかっている青学の起爆剤として期待の1年生である佐藤一世選手が選ばれることに期待です。

コロナ禍で大会が少なくコンディション作りが難しい中ではありますが、箱根駅伝は青学の佐藤一世選手に注目しましょう。

 

陸上競技カテゴリの最新記事