【順大】三浦龍司が洛南高校で出した記録がスゴイ・・出身やプロフィールを調べてみました!

【順大】三浦龍司が洛南高校で出した記録がスゴイ・・出身やプロフィールを調べてみました!

順天堂 三浦龍司について

10月17日に箱根駅伝の予選が開催され関東から46校の大学が集結しました。

ハーフマラソンで順位を争われ、三浦龍司選手擁する順天堂大学が優勝。

三浦龍司選手は、1年生ながら日本人1位のタイムも叩き出すほどの活躍をしました。

そこで、今回は1年生エースの三浦龍司選手について深掘りをしていきたいと思います。

三浦龍司のプロフィール

順天堂 三浦龍司のプロフィール

(https://4years.asahi.com/article/13717327)

名前:三浦龍司(みうらりゅうじ)

出身:島根県浜田市

生年月日:2002年2月11日 18歳(2020年10月現在)

大学:順天堂大学

身長:165cm

体重:52kg

(https://kenko-noco.com/miuraryuji-prof/)

 

三浦龍司の順大での活躍

三浦龍司の順天堂での活躍

(https://4years.asahi.com/article/13633187)

三浦龍司選手は、先ほど説明した通り箱根駅伝の予選会で日本人1位のタイム1時1分41秒を計測。

このタイムは、マラソン日本記録保持者で現ナイキ所属の大迫傑選手(29)が早大1年生の時に出した日本記録を6秒更新しているんです。

初のハーフマラソンで日本人トップのタイムも叩き出すってすごいですよね。

しかも20歳以下のハーフマラソンでは日本新記録!

三浦龍司は中学時代からすごい!

順天堂 三浦龍司の中学時代

(https://4years.asahi.com/article/13169125)

三浦龍司選手の地元、島根県浜田市にある浜田市立浜田東中学校で1500m、3000mを中心に活躍をされてました。

ジュニアオリンピックに出場するなど地元では、かなり有名だったみたいです。

高校進学に関しては、地元島根から300キロ以上も遠く離れた京都にある陸上の強豪校、洛南高等学校に進学を決めます。

三浦龍司は高校で才能がさらに開花

順天堂 三浦龍司は高校で才能開花

(https://www.daily.co.jp/general/2020/09/11/0013685408.shtml)

三浦龍司選手が進学した洛南高校は、陸上の世界では知らない人がいないくらい名門中の名門!

100mで9秒台を叩き出した短距離の桐生祥秀選手などを輩出しています。

順天堂 三浦龍司の洛南高校の先輩

(https://www.jaaf.or.jp/athletes/profile/yoshihide_kiryu/)

洛南高校では、主に3000m障害を主戦場としてインターハイでは京都高校新記録近畿ユース大会では8分46秒56という驚異のタイムを計測しました!

このタイムは、18歳以下の日本新記録を20年ぶりに更新という大記録!

そして、三浦龍司選手は順天堂大学へ進学します。

三浦龍司はオールラウンダー

順天堂 三浦龍司はオールラウンダー

(https://4years.asahi.com/article/13633187)

三浦龍司選手は、3000mのトラック競技と箱根駅伝予選ようなハーフマラソンの両方をこなすオールラウンダープレイヤーです。

1年生ということを考えると、これからの可能性は無限大と言えるでしょう。

3000mで日本歴代2位の記録を出した大会映像はこちら。

 

現在、三浦龍司選手は箱根駅伝に向けて「6区」を希望しているみたいですが、この活躍からすると各校のエースが集う「花の2区」を走る可能性もあります。

三浦龍司とオリンピック

三浦龍司とオリンピック

(https://www.rikujyokyogi.co.jp/archives/10149)

三浦龍司選手は、洛南高校に入学したときに当初2024年開催予定のパリオリンピックを目標に掲げて陸上に取り組んでいました。

しかし、洛南高校の陸上部顧問の奥村監督の助言で来年の夏に開催予定の東京オリンピックに標準を変更すると決意!

来年の箱根駅伝に続き、東京オリンピックでも活躍する姿が見れるかと思うと楽しみですね!

大学駅伝カテゴリの最新記事