岸本大紀は三条高校でも凄かった…青学進学の理由はやはり原監督?

岸本大紀は三条高校でも凄かった…青学進学の理由はやはり原監督?

お正月の風物詩と言えば箱根駅伝ですよね。

令和初の箱根駅伝では青山学院大学が総合優勝を果たしました。

青山学院大学の優勝の原動力となったのが、

一年生の岸本大紀選手(きしもとひろのり)です。

岸本大紀選手の三条高校の頃から凄かったらしいので今回は、

高校時代を深掘りしていきたいと思います。

岸本大紀のプロフィール

岸本大紀のプロフィール

(http://8446.blog79.fc2.com/blog-entry-4483.html)

名前:岸本大紀(きしもとひろのり)

出身:新潟県燕市

生年月日:2000年10月7日 20歳(2020年10月現在)

大学:青山学院大学

身長:172cm

体重:55kg

種目:中長距離

(https://ja.wikipedia.org/wiki/岸本大紀)

岸本大紀が陸上を始めたきっかけ

岸本大紀が陸上を始めたきっかけ

(http://www.kenoh.com/2020/01/14_kishimoto.html)

岸本大紀選手は、小学2年生の頃から地元ジュニア陸上クラブで中距離走を始めています。

中学3年生の時は、全国大会の3000mであわや優勝かと思いきや、ゴール手前で転倒して12位に終わりました。

2016年に中学を卒業した岸本大紀選手は、新潟県立三条高校陸上部に入学します。

ちなみに岸本大紀選手には同じ陸上をしている兄がいます。

さすが、兄弟!似ていますよね!

岸本大紀の三条高校での活躍

岸本大紀の三条高校での活躍

(https://access01.com/2019/12/30/kishimoto-hironori-aogaku-school/)

岸本大紀選手が入学した三条高校は、偏差値63を誇るめちゃめちゃ頭の良い学校。

毎年、公立大学に100名以上の生徒を輩出しています。

そんな勉強もスポーツもできる三条高校での岸本大紀選手の活躍もすごい!

新潟県高校総体陸上の1500m決勝で高校2年生、3年生のときに連続優勝を果たしています。

さらに、5000m決勝では高校3年間、全て優勝いう快挙も達成!

この成績が青山学院大学の陸上部の顧問、原監督の目に止まり猛プッシュを受けます。

その結果、岸本大紀元選手は三条高校を卒業後に青山学院大学へ進学!

岸本大紀の青山学院大学での活躍

岸本大紀の青山学院大学での活躍

(https://www.news-postseven.com/archives/20200102_1515571.html/2)

青山学院大学に進学した岸本大紀選手は、

主に駅伝で2区を任されることになります。

出雲、全日本大学駅伝、全日本大学駅伝対校選手権大会での活躍が認められて、2020年の箱根駅伝に出場。

箱根駅伝では各校がエースクラスを配置する「花の二区」を担当することになります。

1年生で箱根駅伝の二区を任されるって凄いですよね!

原監督からの全幅の信頼を感じます。

岸本大紀が箱根駅伝で激走!

岸本大紀が箱根駅伝で激走

(https://twitter.com/hashtag/岸本大紀?lang=ja)

岸本大紀選手は、1区の吉田圭太選手から7位でタスキを受けます。

なんと!そこからごぼう抜きしてトップに躍り出るんです。

そのまま3区の鈴木塁人選手に渡し、青山学院大学は往路優勝と箱根駅伝の総合優勝を達成しました。

箱根駅伝での岸本大紀選手の走りがこちら!

4:55秒くらいにタスキを受け取ります。

 

岸本大紀の今後

岸本大紀の今後

(https://dailytaurus.co/2020/01/01/岸本大紀青学の出身高校や学科は何?ベスト記録/)

青山学院大学で活躍中の岸本大紀選手ですが、ネットで検索すると「青学#岸本 面白い」と出てきます。

実は、岸本大紀選手の真顔が面白いとツイッターで話題なんです。

笑った顔から、いきなり真顔に変わります(笑)

陸上をしている時とは、また違った一面が見れて面白いですよね。

そんな、岸本大紀選手が活躍する来年の箱根駅伝が楽しみです!

大学駅伝カテゴリの最新記事