てんちむ 登録数132万人超え!暗黒のギャル時代からの奇跡の復活劇!

てんちむ 登録数132万人超え!暗黒のギャル時代からの奇跡の復活劇!

https://instagrammernews.com/detail/2199351648686220901

てんちむさんといえば、ユーチューブの「てんちむCH」が凄いことになっていますよね。(笑)

「てんちむCH」は、2020年5月20日時点で、チャンネル登録者数が132万人超えを果たしました。

一見てんちむさんは、人気タレントから、大人気ユーチューバーへ華麗な転身を遂げたかに見えます。

ところが人気の裏で、過去にはとんでもない天国と地獄を経験しているんですよ。

今回はてんちむさんのプロフィール、経歴、132万人超えユーチューバーとして大成功について調査したいと思います。

てんちむさんのプロフィール

https://youtuberlabo.com/tenchimu/

 

名前:てんちむ(本名:橋本甜歌)

出身:中華人民共和国 北京市

誕生日:1993年11月19日(26歳)※2020年5月時点

身長:163cm

血液型 : AB型

職業: タレントモデル・YouTuber

https://ja.wikipedia.org/wiki/橋本甜歌

てんちむさんの芸能界デビュー

https://aidoly.net/item/I-PA000000000000876742

てんちむさんが生まれたのはお隣の国、中国北京市で、その後栃木県足利市で幼少期を送ります。

ご両親はお父さまが日本人、お母さまが中国人で日中のハーフです。

もともとテレビの中の世界に興味があり、小学校5年生の時に「天才てれびくんMAX」でデビューします。

ところが、テレビで演じている自分と実際の自分とのギャップにだんだんと悩むようになります。

精神が耐えられなくなったてんちむさんは、ついに「天てれ」卒業翌日にギャル化してしまいます。

ネットに自分の悪行をアップすることが日課に

https://entamescramble.com/4509.html

てんちむさんは、あまりにも本当の自分を抑え付けられていたことから、ついにはっちゃけてしまいます。

地元栃木でヤンキーになり、タバコを吸ったり、無免許でバイクに乗ったりと悪行の限りを尽くします。

そしてその悪行をネットにアップすることが、てんちむさんの日課になりました。(笑)

ところが悪行がたたり、さすがのてんちむさんも保護観察処分一歩手前まで行きます。

15歳で月収100万円ブロガーに

https://lineblog.me/dessart/archives/13220078.html

てんちむさんは、栃木で親友の裏切り、母親との確執などあらゆることが原因で人間不信になります。

そして15歳の時に上京します。

当時芸能界を引退していましたが「橋本甜歌(てんかりん)」時代の人気はまだまだ健在でした。

稼げるうちに稼ごうと思ったてんちむさんは、この時本気でブログを始めます。

なんとブログは、あらゆるブログサイトで1位を総なめにするほどの人気を得ます。

そしてアフィリエイトを絡ませ、月収約100万円をゲットします。(笑)

やがてブログでの活躍が評価されるようになります。

16歳になると今度はギャルモデルとしてスカウトされ、芸能界で再ブレークを果たします。

その後プロデュースした商品が爆発的ヒットを叩きだすと!

てんちむさんは17歳で、なんと最高年収約3500万円を手に入れることになったんです。

17歳でですよ!

登録者数132万人超えユーチューバーとして大成功

https://tr.twipple.jp/p/ae/a88b59.html

ギャルモデルとして大成功したてんちむさんですが、この後地獄に叩き落される出来事が起こります。

ギャルモデルとしての仕事が激減したことから、ある仕事に手を出してしまいます。

それの仕事とは「フルヌード」作品でした。

てんちむさんはその作品に出演したことで、やがて精神が病んでしまいます。(涙)

その後、2年間引き籠り生活をおくることになります。

あまりにも自堕落な生活をおくっていたことから、母親から「仕事をしろ!」といわれます。

当時てんちむさんのひもだった底辺ユーチューバーから「ヒカキンが億稼いでいる」という話を聞きます。

てんちむさんは、それまで稼いだ貯金を母親に預け、自宅を売り、動画撮影を開始。

22歳でユーチューバーとしてデビューを果たし現在に至ります。

てんちむさんの今後

https://becomehappyall.com/tenchimu-8526

てんちむさんはインタビューで「今後どんな仕事をしたいですか?」とよく聞かれます。

その時てんちむさんは迷わず「本当に嫌な仕事をやらないこと」と答えています。

これまでは、嫌な仕事を黙ってこなしていたことから、何度も精神が病んでしまっていました。

これからは自分で仕事を選べる立場の人間になろうということでした。

YouTuberカテゴリの最新記事