【巨人】元木大介の嫁・大神いずみとは…ラーメン屋が潰れたガチの理由…

【巨人】元木大介の嫁・大神いずみとは…ラーメン屋が潰れたガチの理由…

元ジャイアンツの選手で現在は同チームで

ヘッドコーチを務める元木大介

そんな元木大介の嫁である大神いずみについてや、

閉店してしまったラーメン屋について、色々詳しく見てみましょう!

 

プロフィール


(引用元:https://instagrammernews.com/detail)

出身:大阪府豊中市

誕生日:1971年12月30日

身長:180cm

体重:83kg

プロ入り:1990年(ドラフト1位)

出身高校:上宮高等学校

(https://ja.wikipedia.org/wiki/)

元木大介がプロ入りから巨人のヘッドコーチになるまで…

元木大介といえば子供の頃は南海ホークスのファンでしたが、

小6の時に一緒に記念撮影をした王貞治に

「プロ野球に入るなら巨人に来いよ」と言われたことをきっかけに

巨人ファンになって、巨人に入団することを目標にしたんですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

こんにちは〜 事務所に届いてた手紙の中に 似顔絵をもらいました😊‼️ 似てますかー? 似顔絵もらうの嬉しいなぁ〜 ありがとうございます #元木大介 #プロ野球 #野球 #読売ジャイアンツ #ジャイアンツ #巨人 #giants #baseball

元木大介 Daisuke Motoki(@motoki_daisuke)がシェアした投稿 –

 

そこから1990年にジャイアンツにドラフト1位で指名され入団し、

ユーティリティプレーヤーとして活躍しますが、

度重なる怪我で2005年に戦力外通告。

「巨人からいらないと言われたら辞めると決めていた」と、

33歳の若さで現役を退きましたね。

 

 

そこからはタレントとしてテレビに出演したり、

任侠映画に出演したりなど野球を辞めても引っ張りだこでしたね。

 

そして2018年オフに原辰徳が巨人の監督に就任すると、

打撃コーチとして招聘され、14年ぶりにジャイアンツの

ユニフォームに袖を通すことになった元木大介。

任期2年目にはいきなりヘッドコーチに抜擢されました。

 

 2005年に現役引退した元木コーチは今季、14年ぶりに古巣に復帰。三塁ベースコーチを務めるなど復帰1年目の原監督を支え、5年ぶりのリーグ優勝に貢献。練習や試合前の円陣で選手を鼓舞するムードメーカーの役目も果たした。

大塚淳弘・球団副代表編成担当(60)は今回の抜てきに「遠慮なく選手にはっきりものが言えるし、監督にも話ができる。そういうところは期待している」と説明した。

https://www.sanspo.com/baseball/news/20191030/gia19103005030002-n1.html

 

原監督からの信頼が本当に厚いんですね。

それではそんな元木大介の嫁・大神いずみについて、

いろいろ詳しくみていきましょう。

 

元木大介の嫁・大神いずみってどんな人?

元木大介は2000年にケイダッシュに所属していた

フリーアナウンサーの大神いずみと結婚しましたね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日も朝から野球の送迎。 雨上がりのグラウンドはなかなかシビれるドロ加減… 今日の洗濯物も激しかろう。 たまーにお仕事をいただいて収録に参加した時は、 普段自分ではしないオシャレをスタイリストさんやメイクさんに用意してもらいます。 今回もいつもは髪振り乱して息子たちを追っかけている自分からパチッ☆とスイッチを切り替えてくれる、 素敵なアクセサリーを用意してもらいました🎵 気分アゲアゲにしてくれて 収録もすごく楽しかった❤️ OAは明日7月29日月曜日 19時からの #人生イロイロ超会議 見てくださいねー(^_−)−☆ 仕事と家庭を行ったり来たり… 片方がもう一方をチャージし合って、今日もがんばれる大神なのでした〜😀 さあて。 今日もはりきって 息子たちの洗濯物の山に挑みますぞー‼️ #暑すぎて夕飯の献立浮かばない #あ、明日も夏休みでお昼作らなきゃだ #scintillante #respirobyscintillante #大神いずみ #Izumi Motoki #野球母

大神 いずみ(@izumi_ogami)がシェアした投稿 –

 

現在では二人の子供もいます。

大神いずみは若い頃はすごく綺麗だったと言われているのですが、

以前にテレビ番組内で初期の糖尿病であると宣告されたこともあり、

最近では少し顔に元気がない気もしますね…

 

ただ夫である元木大介がコーチに就任してからは

東京ドームに子供と一緒に応援に行くなど、

結構精力的に活動していますね。

 

元木大介の経営していたラーメン屋とは??

元木大介は実は引退後に副業としてラーメン屋を開いていたんですね。

都内・台東区の仲御徒町と、渋谷区の広尾にそれぞれ

「元福」というラーメン屋をオープン。

しかし2店舗とも2014年に閉店してしまいましたね…。

 

「食器(の種類)が少なくて楽そう」という甘い考えでラーメン屋を始めたという元木氏。「スープ作りだけは命懸けました」と言うものの、事業失敗については場所選びの浅はかさや無計画だった開店準備、苦情を言う客やネットの酷評などと向き合えなかったとその理由を挙げた。

厨房に家庭用の換気扇が一つしかなく、開店2日前にいざスープを作り始めると室温が上昇し過ぎて誰も居られなくなってしまったことや、新店舗をスタッフに任せて放置した結果、スープの色や味が変えられてしまったこと。

巨人ファンが来そうという理由で水道橋を移転先に選ぶも、ここでもスタッフにより足立区五反野に移転先を変えられていたことなど、元木氏は具体的に明かした。

https://news.livedoor.com/article/detail/10593647/

 

元木はラーメン屋経営も野球と同じだったとのちに語っていますね。

自身の経営していたラーメン屋が2店舗とも潰れるとなると、

結構落ち込んでしまいそうなものですが、

元木は「次はホルモン屋をやりたい」と意気込んでいたそうです。

 

 

ネット上の声は厳しいですね。

とにかくヘッドコーチとして頑張ってほしいものです。

 

そんな元木大介でした〜!

巨人カテゴリの最新記事