佐々木朗希は千葉ロッテで活躍できる!?育成力がない球団なんてなかった…

佐々木朗希は千葉ロッテで活躍できる!?育成力がない球団なんてなかった…

千葉ロッテマリーンズにドラフト1位で選ばれた

大船渡高校の佐々木朗希の将来を不安視する声が多く上がっています。

しかしそれに対してもう反論するのは千葉ロッテOBの里崎氏...

そしてそのイケメンさから彼女の存在なども…

いろいろ詳しくチェックしてみましょう!

 

プロフィール


(引用元:https://instagrammernews.com/detail)

出身:岩手県陸前高田市

誕生日:2001年11月3日

身長:190cm

体重:86kg

プロ入り:2019年(ドラフト1位)

出身高校:大船渡高等学校

(https://ja.wikipedia.org/wiki/)

佐々木朗希は千葉ロッテで躍進できるのか…??

高校3年生ながらに最速163km/hの速球を武器に、

各方面から最高の評価を受けていた佐々木朗希

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

目標に向かって 頑張ることの大切さ、 それを続けることの大事さ。 自分一人じゃ何もできない。 周りで支えてくれる方、 一緒に頑張る仲間がいた。 それを学びました。 –佐々木朗希– 今、一体どれだけの人の支えがあって 野球ができているんだろう? 思い浮かべてみよう。自ずと頑張れるはず。 無料相談はプロフィールのURLから‼️#高校野球#中学野球#大学野球#野球#オンライン野球教室#バッティング#タイミング#甲子園#トレーニング#千葉ロッテマリーンズ#佐々木朗希

taka@バッティングアドバイザー(@taka__baseball)がシェアした投稿 –

 

大船渡市立第一中学校の時にはその才能をすでに開花させ、

中学校卒業時には多くの有名私立高校から誘いを受けましたが、

「地元の高校で甲子園に行きたい」という気持ちから、

特に強豪校ではない公立高校の大船渡高校に進学しました。

 

3年時には県予選の決勝に進むも、

「怪我をする可能性が極めて高い」との理由から登板を見送られ、

かねてよりの目標であった甲子園出場は叶わず、

花巻東高校に破れてしまいましたね。

 

「佐々木くんがプロに入って期待どおりの活躍をしてくれれば、『あぁ高校3年の夏のあれは英断だった!』となる。逆に活躍できなければ、『あの時、投げていれば……』となるわけです。いずれにしても、わかるのは5~10年後。そうした十字架を背負わせてしまうのはかわいそうだけど、プロで結果を出すしかない。あれだけのポテンシャルを持った選手だから、普通にやれば絶対に活躍できるはず」

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2019/08/24/___split_101/index_2.php

 

さて、そんな佐々木朗希ですが、

2019年のドラフトで千葉ロッテに一巡指名されましたね。

 

 

おそらく入団拒否はないと思われるので、

このまま千葉ロッテに入団する可能性が著しく高いのですが、

そんな時にきになるのが千葉ロッテの育成力です。

 

 

しかしこれに対して元千葉ロッテマリーンズの正捕手で

現在は野球評論家やYouTuberとしても活動している

里崎智也が自身のYouTubeチャンネルで猛反発をしていましたね。

 

里崎智也「育成力がない球団なんてない…最後は本人次第」

鳴り物入りで入団した選手があまり活躍できなかった時に、

「あの球団は育成力がない」なんてよく言われがちですが、

そのことに関して里崎智也が猛反論していました。

 

 

里崎智也曰く「育成力のない球団なんてない」「最後は本人が頑張るかどうか」とのこと。

確かに怪我とかでもない限りは、

頑張るか頑張らないかは本人次第ですよね。

 

それまで才能に頼ってきた選手も、

プロでは絶対に努力が必要になってきますしね。。

 

佐々木朗希はイケメンだが彼女はいるのか??

そんな色々話題性のある佐々木朗希ですが、

結構イケメンだという声が多いですよね。

 

 

これはプロに入って活躍しだすとますますファンが増えそうですねぇ。

現在は彼女に関する情報は一切出ていませんが、

同じ高校に彼女がいたりしても全く不思議ではありませんよね。

 

とりあえずプロに入って慣れるまでの1~2年は、

彼女がどうたらこうたらみたいな話題は出てきそうにありませんね。

 

そんな佐々木朗希でした〜!

格闘技カテゴリの最新記事