【真実】紫外線について詳しく知ることが美容・美肌に直結します!

【真実】紫外線について詳しく知ることが美容・美肌に直結します!

い時期が終わり暖かくなってくると気持ちがよく外出したくなりますが、

そうなると気になってくるのは紫外線ですね。

夏に向けてどんどん強くなる日差しに、

日焼けや紫外線対策で悩む人は多いのではないでしょうか?

今行う紫外線対策が将来の肌を作っていきます。

今日はそんな紫外線対策について説明していきたいと思います。 

 

紫外線とは…?

そもそも紫外線とは太陽光が出す波長の長いものから…

赤外線、可視光線、紫外線と分けられていて、

可視光線の紫の外側にあることから紫外線と名付けられました。

紫外線の中でも更に波長の長い順にA波、B波、C波に分けられていて、

現在地上に届いているのはA波とB波です。 

C波は波長が短く、オゾン層で散乱・吸収されて地上には届いてないのですが、

最近問題視されているオゾン層の破壊が進んでしまうと、

C波も地上に届いてしまう可能性が出てくるのです。

紫外線は波長の短いものほど有害作用が大きくなるので、

これは環境だけでなく、人体にも深刻な問題なのです。

 

どの季節の紫外線が一番危ないの?

さて、紫外線はどの時期が一番強いのか…

紫外線といってもA波とB波で異なるために別々に説明していきます。

 

まずBですが、

季節によって変動が激しく大体5月頃から量が増えていき68になるとピークを迎えます。

夏と比べると春、秋の紫外線量は半分、冬は5分の1程に減少します。

 

続いてAの方は、5月が1番強く12月が1番少なくなる時期です。

しかしB波と違うのが1番差の大きい5月と12月を比べても

その量は半分ほどにしかならず、2月頃でも夏の80%もあります。

つまりA波はほぼ一年中気を抜けない量の紫外線が地上に届いてしまっているんです。

 

また晴天でなければ紫外線は少ないと思っている人は多いのですが、

晴れの日に比べて曇りの日で6080%、大雨になっても30%も紫外線は届いています。

雪や水面に反射する紫外線は強いので、

こう言ったところからも日陰にいても日に焼けてしまう可能性があります。

 

種類別日焼け止めの効果について

紫外線が思わぬ時期にも潜んでいる事は分かりましたが、

ではそんな紫外線対策の為にはどの様に日焼け止めを選べば良いでしょうか?

それぞれをしっかりと理解し、使い分ける事は対策する上で重要です。

 

大きく分けるとまずは2種類!

日焼け止めは大きく分けると散乱剤使用のものと、

吸収剤使用のものの2種類に分かれます。

 

・散乱剤

肌に塗る事によって紫外線を反射させ、

散乱させる事で日焼けを防ぐタイプの日焼け止めです。

主成分は、酸化チタン、酸化亜鉛が使われています。

肌に塗ると白くなりやすく重い印象になりがちですが、

肌への負担が少ないので敏感肌や肌が弱い人にはオススメです。

また、酸化亜鉛が含まれてるので日焼けのほてりを抑える効果もある事から、

散乱剤使用タイプはローションが含まれている事も多いです。

 

・吸収剤

肌に塗る事によって紫外線を吸収して熱に変換させる事で肌を日焼けから守ります。

しかし、肌の表面で化学反応が起きていることになるので肌への負担は大きいです。

成分に油分が含まれていることが多いので酸化すると

炎症を起こしてしまったりもするので注意が必要です。

 

タイプ別の日焼け止め

 では、次は細かく日焼け止めのタイプ別について説明していきたいと思います。

 

・クリームタイプ

高い保湿効果を持ち、ウォータープルーフなどはこのタイプにあたります。

 

・ジェルタイプ

サッと軽く塗ることができ、肌トラブルが起きている箇所にも使用しやすいです。

 

・スプレータイプ

簡単にすぐにつけられて時短にもなります。背中などにも一人で付けやすいのが特徴です。

 

・パウダータイプ

肌に優しく子供や敏感肌にもオスメメです。じっとしていられない子供にもしっかりたっぷり塗ることが出来るのがメリットです。

 

SPFPAとは?どう選べば良いの?

では日焼け止めのタイプがわかったところで、

次は日焼け止め本体によく書かれているこの表記について説明します。

 

◯SPFとは?

Sun Protection Factorの略で、主にB波をカットします。

通常日差しの下に何もせずに立っていると20ほどで

日焼け状態の肌になると言われているのですが、

それを基準にその焼けてしまうまでの時間をどの位延ばせるか、というものです。

 例えば、SPF10ならば基準の10倍長く出来る、という意味になります。

 

◯PAとは? 

Protection Grade of UVA の略で、こちらはA波をカットします。

A波は一年中危険があり、更に曇りやガラスを通して室内まで入ってきます。

PAに続く+のマークの数が多くなるほどその防御の強さが変わります。

 

日焼け止めの選び方は?

SPFPAの説明を聞く限りでは、数値の多い方が良いのではないのか?

と思う人も多いと思いますが、

数値が高く効果の強いものになればなるほど肌への負担が大きくなります

 

未来の肌を美しく守るために日焼け止めを塗っていますから、

それを塗るが為に肌を傷めてしまっては本末転倒です。

その場その場に合わせた強さの日焼け止めを使い分けることによって美肌を守りましょう。

 

基準は、下記を目安に取り入れると良いでしょう。

・日常生活ではSPF1020PA

・外での軽いレジャーならSPF2040PA++

・外での激しい運動や長時間のレジャーならSPF4050PA+++

 

まとめ 

意外に知らない紫外線対策の基本をしっかり知ることによって、

数年たってもシミ、シワのない綺麗な美肌を保ってくださいね!

紫外線対策カテゴリの最新記事