一日の理想の食事回数はこれが正解!その理由もチェック

一日の理想の食事回数はこれが正解!その理由もチェック

突然ですが、質問です。

あなたは一日に何回食事をとりますか?

常識的には朝、昼、晩の1日3回といわれており、

それをきちんと守って3回という人も多いかと思います。

 

しかし、昨今のダイエットブームで、

1日2回で大丈夫という人もいれば、

ある有名人に至っては1日に9回とるというツワモノ(?)までいます。

また、仕事が忙しかったり、日々の生活の中で食事を抜いたりしていること

食事の回数にも影響している、という人もいるでしょう。

 

健康関係の研究者によっても主張されている理想とするべき食事の回数はさまざまです。

そこで今回は、いろいろな声を拾いつつ、

1日の食事の回数で最も理想的なものがどのくらいかを見ていきましょう。

 

1日3食が常識とされている理由は?

最初に常識とされている「1日3食」の食事が

どのように定着したかについてみていきましょう。

 

まず、1日3回の食事スタイルが広まったのはいつなのでしょう?

少なくとも私たち現代人は世代に関係なく1日3食が常識と教わりましたよね。

 

ということは、少なくとも昭和時代から後

みんな基本的に1日3食がいいと考えているようです。

 

実は、この1日3食のルーツは江戸時代までさかのぼり、

1657年に江戸で起こった明暦の大火と呼ばれる大火災がきっかけとされています。

あまりにも大規模に街が焼けてしまったので、

江戸の市街地の復興にはたくさんの人が必要となったのです。

 

そこで多くの大工さんや職人さんが駆り出されたのですが、

彼らが丸1日、復旧のために働く日々を送るうちにある問題にぶつかりました。

なんと、食事の量を増やさないと体が持たない、ということでした。

 

実は、当時の食事は朝と晩の1日2回だけでした。

言い換えると、1日2食では丸1日仕事ができない状態になってしまったのです。

そこで、朝晩に加えて昼にも食事してもらうことで、彼らが丸1日働けるようにしました。

そして、このことがきっかけで1日3食という食事のスタイルが全国に広まったのです。

 

そして、昭和の初めごろの1935年には

国立栄養研究所の研究者によって1日3食が奨励されて、広く定着するに至ったのです。

江戸時代屈指の大火事がきっかけで、

日本人の食事の回数が現在にまで続く1日3食になったのですね。

 

「1日3食」に疑いの声も

このように江戸時代には全国的に広まった1日3食。

厚生労働省のホームページでも、

「バランスのとれた適切な量の食事を心掛けるとともに、

食事をする時間や食べ方などにも注意し、1日3食規則正しく食べましょう」

と呼びかけられています。

 

ただし、専門家によっては

「現代人にとって1日3食は理想的なのか」という疑問も投げかけられています。

彼らによれば、江戸時代や昭和時代は

今よりも栄養失調になりやすい時代であったから1日3食が奨励された、ということです。

 

たしかに現代は、昔と違って、よほど大変な状況でなければ

いつでも食事にありつくことができる状況です。

身近にスーパーやコンビニがあり、

おやつ程度の軽い食事からお弁当に至るまでそこへ行けばいつでも手軽に手に入ります。

 

同時に、現代人はやたらと仕事などで忙しいため、

いつ食事をとる時間を確保できるかというのは仕事の状況や人それぞれです。

人によっては朝食を抜く代わりに、昼に思いきり食べるという人もいるくらいです。

こうなると、今までのように1日3食が果たして理想的なのか、と思えなくもありません。

 

1日3食のメリットとデメリット

それでは、1日3食は果たして理想的なのかどうかについて見ていきますが、

ここでは1日3食のメリットとデメリットについて考えてみましょう。

 

メリット:規則正しい生活の中であれば大変理想的

1日3食は、朝・昼・晩の3回食事をとるというものです。

そして、これは特に普段の生活がきちんと規則正しく送れているときには大変有効なのです。

朝起きて朝食をとり、仕事や学校に出かけて午前中の勤務や勉強をこなし、

12時から13時のお昼休憩のときに昼食を食べる。

そのあとで午後の勤務や勉強をこなした後で帰宅し、家などで夕食をとる、という具合です。

こういう生活スタイルであれば、

1日の中で適切な時間帯に食事をとるうえで3回というのは、ちょうど理想なのです。

 

デメリット:現代では栄養過多になりやすい

ところが現代では1日3食が普及した昭和の初めのころに比べると

ずいぶんと栄養状態も改善されました。

そのうえ、その頃に比べると脂肪分が多めの欧米食がずいぶんと普及するなど、

当時に比べれば食事の幅もだいぶ広がり

それに伴って摂取する食事もカロリーが高めになってきたのです。

 

そのため、現代でこのまま1日3食を貫いた場合、栄養過多になる可能性が高いのです。

食事に加えて、交通機関の発達や室内での娯楽の増加などで、

現代人は昭和の頃の人間ほど体を動かさなくなっているからなおさらです。

 

提案されている1日3食以外の食事の回数

1日3食の食事スタイルが

今のままだとかえって健康を損なう可能性があることがわかってきましたが、

それではそれに代わる食事法とはどんなものなのでしょうか?

 

1日1食…

医学博士の南雲吉則さんが提案している方法で、

本人もすでに20年近くこの方法を実践しており、

外見や血管が若々しい状態でいられるとのことです。

長所としては、1日1食にすることで全体のカロリー摂取量を減らし、

それによりダイエット効果が期待できるという点です。

また、1日3食に比べ胃や腸などの消化器官の負担も減るため

そのぶん体の他の部位の修復や活動にエネルギーを回すことができるようになります。

そのため、寝つきの改善や疲労回復、美肌効果がみられるのです。

 

デメリットは、1日1食のみにすると、

そのぶん体が余計に食事を欲しがるようになるという点です。

このため食事の量も3食の時よりも多くなり、

胃腸への負担も一時的に非常に大きくなってしまうのです。

 

1日2食…

こちらは、医学博士の佐藤富雄さんが提案しているものです。

1日の食事の回数を2回にして、

食事の間を8時間以上空けることで

食物の消化の時間を排泄に至るまで十分に確保するというものです。

 

メリットとしては、十分な消化の時間を間に挟むことで、

カロリーの全体的な消費量が減少し、ダイエット効果や体調の改善が見込めるという点です。

ちなみに完全な消化には18時間ほどかかります。

1食抜くだけのため、

1日1食に比べれば空腹のストレスも少なくかなり過ごしやすくなります。

 

デメリットは、慣れるまで一時的に脳の活動が弱まり

時にボーっとすることがあるという点です。

1日3食の状態から2食の状態に減らすということは、

摂取するブドウ糖も自動的に減るということです。

脳はブドウ糖をエネルギー源にして活動しているため、

入ってくるブドウ糖の量が減ればそれだけ活動も弱まります。

 

ただ、1日2食に慣れる間に、

ブドウ糖に代わるケトン体と呼ばれる物質が肝臓で生成されるので、

その段階になれば脳の働きも元通りになります。

 

まとめ

これまでは1日3食が理想的な食事の回数とされてきましたが、

生活様式の変化や交通手段の発達、仕事の仕方の変化など

それも疑われるようになってきました。

最近では、1日3食に代わる食事の回数がいろいろと提案されていますが、

いずれも一長一短であるために、

これこそが「究極に理想の食事の回数」といえるものはないようです。

あえていえば、人それぞれの生活の状態に合わせて、

食事の回数を調整するのが一番なのでしょうね。

食事に関してカテゴリの最新記事