生活習慣病の原因となる食事・運動・喫煙について見直してみよう!

生活習慣病の原因となる食事・運動・喫煙について見直してみよう!

なたは、「生活習慣病」という言葉を聞いたことはありますか?

かつての「成人病」という呼び名のほうが馴染みのある方もいるかもしれません。

 

昔は加齢によって大人がなる病気だと思われていたことから

「成人病」と呼ばれていましたが、

近年では子どもにも見られる病気であることから、

「生活習慣病」とよばれるようになったのだとか。

 

現在、日本人の死因の60%は生活習慣病だといわれています。

今回は、そんな生活習慣病の原因と対策についてお話していきたいと思います。

 

生活習慣病とは?

一言で生活習慣病とはいっても、それって一体どんなものなのでしょうか。

簡単に言えば、その名の通りですが、

生活習慣が原因に大きく関わると考えられている病気の総称で、

具体的には、糖尿病や高血圧、脂質異常症・高尿酸血症などのことをいいます。

 

日々の生活のなかで徐々に症状が現れてくるのですが、

そのほとんどに自覚症状がないため、気づかないうちにどんどん進行していき、

長い年月をかけて脳や心臓、血管などにダメージを蓄積していきます。

 

その結果、

ある日突然に脳卒中や心筋梗塞、狭心症などの命に関わるような疾患

引き起こしてしまうのです。

大事になるまで自覚症状があらわれないことから、

生活習慣病は「サイレントキラー」とも呼ばれています。

 

また、現在の日本人の死因のトップ3は、がん・心臓病・脳卒中で、

これらは「3大生活習慣病」と呼ばれています。

身近にこのような病気で亡くなった方がいるという方も多いのではないでしょうか?

 

決して他人事ではなく、今は健康な人や若い人など、

どんな人にでも起こりうる病気だからこそ、しっかりと予防・対策することが大切なのです。

 

生活習慣病の原因とは?

恐ろしい生活習慣病という疾患ですが、その原因は何なのでしょうか。

日頃の生活習慣のなかで、だめだと分かっていながらもついついやってしまうこと。

それが生活習慣病の原因になってしまっていることが多いです。

 

食生活の乱れや過度な飲酒、喫煙に運動不足…

そう聞くと、心当たりのある方もきっと多いですよね。

ここからは、生活習慣病の主な原因について紹介していきます。

 

○不規則な生活

これは現代の日本ではかなり深刻な問題だと思います。

私にもそういった節があるかもしれませんが、

食事の時間が決まっていなかったり、睡眠時間の不足や時間が不規則だったりすると、

生活習慣病の原因になってしまうのです。

 

生活習慣病の患者には、不眠症や睡眠時無呼吸症候群に悩む人も多いそうです。

不眠症は、交感神経の異常や血糖値の上昇などのリスクを高め、

その結果、高血圧や心不全などの疾患にかかりやすくなります。

 

また、睡眠時無呼吸症候群だと、低酸素血症や血管収縮、代謝異常などのリスクを高め

その結果として心不全や脳血管障害などを引き起こすことがあるそうです。

 

○飲酒・喫煙

最近ではどこに行っても禁煙・分煙が進み、タバコを吸う人はかなり減ってきましたが、

百害あって一利なし」とも言われるほど、タバコが人体に与える影響はやはり大きいです。

 

ニコチンは血管を収縮させ、血圧を高めます。

さらに一酸化炭素によって全身の組織が酸素欠乏状態に陥り、血液の粘度が増して、

いわゆるドロドロした血液になってしまい、血栓ができやすくなります。

 

その結果、心血病変などが起こってしまうのです。

さらに喫煙によって

動脈硬化や脳梗塞、糖尿病、メタボリックシンドロームのリスクが高まり、

認知症の患者も増加するといわれています。

 

飲酒も量が多いと生活習慣病を引き起こしてしまいます。

高血圧や高脂血症、肥満、糖尿病に加え、肝臓や脳、歯、消化器官、心臓や骨など

身体のいたるところに影響を与えてしまいます。

「酒は百薬の長」だなんていいますが、適量を守らなければ毒にもなりうるのです。

 

○運動不足

運動不足になると、肥満になるだけでなく、

血圧・血糖値やコレステロール値、中性脂肪値などに影響を与えます。

健康診断などで指摘され、

運動するように言われた経験のある方も多いのではないでしょうか。

 

それでも「面倒くさい」「時間がない」などと理由をつけて運動しないことで、

生活習慣病のリスクを日々高めてしまっているのです。

 

○食生活の乱れ

ある調査では、

「1日1回以上欠食している人は、しっかり3食食べている人に比べて皮下脂肪が厚い」

という結果が出ているそうです。

生活習慣が乱れることで、太りやすくなってしまうということですね。

 

長時間何も食べない状態が続くと、

身体が危機を感じ、より栄養を吸収しようとするため、

同じ量でも太りやすくなるのです。

 

また、食事を抜くと、次の食事のときにたくさん食べてしまうことになり、

肥満につながってしまうのです。

 

また、かつてのヘルシーな日本食から、

最近の欧米的な食生活への変化も肥満人口の増加の原因にもなっているそうです。

 

肥満は高尿酸血症や脂肪肝、すい炎、睡眠時無呼吸症候群、高血圧、糖尿病、

さらにはがんや動脈硬化のリスクを高めてしまいます。

つまりは、食生活が生活習慣病の原因になっているというわけです。

 

食事改善を図る

生活習慣病の対策といえば、まずは食事です。

 

・濃い目の味付けが好き

・ファストフードやコンビニをよく利用する

・野菜を食べない

 

これらに当てはまるひとは生活習慣病になりやすいです。

まずは野菜をしっかり食べること、ファストフードなどを控えること、

そして、毎日決まった時間に3食しっかり食べるということを意識してみてください。

 

特に朝食を抜く人が多いですが、何か少しでも食べるように習慣づけることが大切です。

また、満腹まで食べるのではなく、腹八分目におさえることもとても重要です。

 

禁煙・休肝日の設定

急には無理かもしれませんが、禁煙するのは本当に大切です。

最近では病院でお医者さんと協力して禁煙するというパターンもあるので、

できる範囲で禁煙し、

どうしてもできないときは病院で相談してみるのもいいかも知れませんね。

 

また、お酒はゼロにする必要はありませんが、やはり飲みすぎには注意が必要です。

たとえ適量であっても、毎日飲んでいると肝臓にはかなりの負担がかかってしまうので、

週に2日はお酒を飲まない休肝日を作り、肝臓を休ませてあげましょう。

 

運動習慣をつける

運動不足を解消するために、日頃から少しでも身体を動かすことが大切です。

いつもより朝早く家を出て一駅長く歩いてみるなど、

無理のない程度に運動習慣をつけていってください。

 

運動することで生活習慣病を予防するだけでなく、

ストレスの解消や、体型の改善などいいことがたくさんあります。

それまでずっと運動せずにすごしてきた方にはきついかもしれませんが、

3日坊主にならないようにがんばってみましょう!

 

まとめ

生活習慣病というのは、誰に起こってもおかしくない恐ろしい疾患です。

自分には関係ないと思わず、

すべての人が正しい生活リズムや習慣を意識して、しっかりと予防して欲しいと思います。

 

この記事が、読んだ人の健康的な生活を支えることができればうれしいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

生活習慣病を予防しよう!カテゴリの最新記事