つらい花粉症…その対策・予防方法とは?

つらい花粉症…その対策・予防方法とは?

毎年今くらいの時期が近づいてくると、多くの人々を悩ませる「花粉症

今では、4人に1人が花粉症に苦しんでいると言われています。

 

その季節特有のつらい症状にお悩みの方が多いのではないでしょうか。

今回はそんな皆様に、まず花粉症についてよく知っていただき、

様々な対策法や解決法を紹介していきたいと思います。

ではまず、花粉症について詳しく知っていきましょう。

 

〇花粉症ってなに?

花粉症とは、正確には「季節性アレルギー性鼻炎」と呼ばれます。

 

空気中に浮遊しているスギ花粉やヒノキ花粉などのアレルギーを誘発してしまう物質

つまり、「抗原(アレルゲン)」が主な症状を引き起こす原因となり、

このアレルゲンが目や鼻の粘膜から身体の中へ入ることによって起こるアレルギー反応

「花粉症」といいます。

 

花粉症とは、身体の中に入ってきた花粉への防御反応です。

大量の花粉に遭遇することで、

身体は花粉を異物とみなし、抗体を生み出してしまいます。

 

本当ならば、異物を排除するための抗体は身体を守ってくれるものです。

しかし、その抗体も一定量を超えてしまうと免疫反応が過剰になってしまい、

鼻水やくしゃみなどの症状が出てしまうのです。

 

どのくらいの量の花粉が身体の中へ入ると、免疫が過剰反応するのかは

人によって違ってきます。

 

今は花粉症ではなくても、

花粉を浴び続けることで、いつか免疫が過剰反応を起こし、

花粉症を発症してしまう可能性は誰にでもあるということです。

そうならないためにも、できるだけ花粉の侵入を防ぐことが大切です。

 

〇その症状は風邪ではないかも!

花粉症の症状は、風邪の症状とよく似ています。

風邪ではないのに風邪だと思い込み、症状を悪化させてしまったりすることもあるので

注意が必要です。

では、風邪と花粉症はどのように見分ければいいのでしょうか。

 

・くしゃみ

花粉症の場合→立て続けに何回も出る。

風邪の場合→あまり立て続けには出ない。

 

・鼻づまり

花粉症の場合→両鼻がつまり、鼻で呼吸するのが苦しくなる。

風邪の場合→比較的症状は軽い。

 

・鼻水

花粉症の場合→透明でさらさら。

風邪の場合→初めはさらさらでも数日でネバネバして黄色っぽくなってくる。

 

・目のかゆみ

花粉症の場合→目がとてもかゆくなり、涙が出る時もある。

風邪の場合→目のかゆみはほとんどない。

 

などと、風邪と花粉症では症状が似ていますが、

このような症状の違いを知っておけば間違えてしまうことは少なくなると思います。

おかしいなと思うことがあったら、早めにお医者さんに診てもらいましょう。

症状の軽いうちに治療することが大事です。

 

〇花粉症を発症するまでのながれ

(1)花粉が目や鼻、喉から身体の中へ入ってくる。

 

(2)リンパ球が花粉に反応し、IgE抗体(免疫グロブリンEというたんぱく質)をつくる。

 

(3)IgE抗体が肥満細胞の表面に付着する。

 

(4)再び花粉が身体の中へ入る。

 

(5)花粉が肥満細胞の表面にあるIgE抗体と結合する。

 

(6)肥満細胞からヒスタミンなどの化学物質が分泌される。

 

(7)くしゃみ、鼻づまり、鼻水、目のかゆみなどの症状が出る。

 

〇花粉症の原因となる植物

原因となる植物は、日本に約60種類以上あり、

その中でも大きく分け、樹木と草木があります。

 

主な原因植物は、

・スギ

・ヒノキ

・カモガヤ

・ブタクサ

・シラカンバ

・ハンノキ

などとなります。

 

なかでも一番の原因植物は、スギとヒノキです。

 

スギやヒノキの花粉は大量に風に乗って、何十キロも飛んでやってきます。

なので、どこにいても花粉症対策をしっかりすることが大切です。

 

では、ここから本題となる花粉症対策について説明していきたいと思います。

 

○初期療法

スギやヒノキの花粉は一般に、1月下旬~2月上旬から飛び始めます。

花粉が飛び始める2週間くらい前から薬による治療を開始することを初期治療といい、

これが最も効果的だといわれています。

 

初期治療は花粉症の発症を遅らせ、花粉が飛散するシーズン中も、

症状を和らげることができます。

 

○家の中でできる花粉症対策

・ドアや窓を閉める

・掃除をこまめにする

・空気清浄機を使う

・布団を外に干さない

・枕元の花粉を拭き取る

・お風呂・シャワーで身体の花粉を洗い流してから寝る

・手洗い・うがい・洗顔を習慣にする

 

○外出時にできる花粉症対策

・静電気が発生しにくい素材の服を着る

・花粉情報をチェックする

・花粉の飛散の多い時間帯の外出を控える

・マスクやメガネで完全防備する

・帰宅時は玄関で花粉を払い落とす

 

○目と鼻のセルフケア

・目

・鼻を洗う

・きちんと睡眠をとる

・コンタクトレンズの使用を控え、メガネをかけるようにする

・空気が汚れたり、乾燥したりしないように注意する

・目を休める

・加湿を心がける

 

○花粉症に効く飲み物

・甜茶(てんちゃ)

甜茶には「GODポリフェノール」という花粉抑制に有効な成分が含まれています。

 

・ルイボスティー

アレルギー反応が起こり炎症すると、そこに活性酸素が発生しますが、

ルイボスティーを飲むことでその増加を抑えることができます。

 

・べにふうき茶

べにふうきには、「メチル化カテキン」が他の茶類より多く含まれているため、

花粉症に効果があります。

 

・カモミール

カモミールの抗アレルギー作用が花粉に効果的です。

 

・はとむぎ茶

はとむぎには、アレルギー抑制や抗菌・抗ウイルス作用があり、

花粉症の原因であるヒスタミンの作用を穏やかにする働きがあります。

○花粉症に効く食べ物

・シソ

・レンコン

・たまねぎ

・しょうが

・きのこ

・大根

・りんご

・青魚

・ヨーグルト

○まとめ

このように、自分で出来る花粉症対策はたくさんあります。

重要なのはとにかく早く始めること。

そして、体内に花粉を入れないことです。

 

どうしてもつらいときは、自分で何とかしようとするよりも

早めに病院に行ったほうがいいかも知れません。

 

この記事が少しでも花粉症に悩んでいる人の役に立てばうれしいです。

 

毎年やってくるつらいシーズンですが、

花粉症と上手に付き合って、アウトドアやレジャーを満喫し、

楽しいシーズンにしていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

花粉症対策カテゴリの最新記事