日焼けは、なぜ起こるのか?塗るだけでなく服薬する日焼け止めも出現


5月の後半になると、徐々に気温が30℃まで上がってくる時期でもありますよね。

紫外線が降り注ぐ日々肌は紫外線にさらされこんがりと日焼けをしてしまいます。

赤く腫れあがり火傷のようになる事もあります。肌のケアとして日焼け止めは付けていますか?最近の日焼け止めとして肌にぬるだけでなくスプレーやサプリメントなどもあるそうです。どれも効果的かもしれませんが、これらは本当に肌のケアになっているのかご紹介させていただきます。

紫外線は、肌の老いをすすめます。

紫外線は、肌の老いを招く一番の理由となります。紫外線をはじくのが日焼け止めですよね。実は、紫外線が肌に及ぼすのは日焼けだけではありません。

夏は、雨期がすぎると日が強く、紫外線が降り注ぎ乾燥が起こると言います。

紫外線を20~30分浴びただけでも肌の水分量は減少するとデーターがあるとも言います。

肌の水分が低下すると角層の細胞が成熟しにくい環境が起こりバリア機能の低下を引き起こす。角層内には乾燥した細胞が増えて、肌荒れが原因となって紫外線による黒化・炎症が起こるのです。

シミ、そばかすは!

肌が日焼けするとメラニンが生成されます。

乱れが生じると、メラニンがうまく排出できず、シミやそばかすができてしまうそうです。

紫外線と黄体ホルモンは、仲がよく肌に日焼けをつくってしまいます。特に、妊娠中のかたは念入りの紫外線ケアをしてください。

日焼け止めを選ぶにはどのような物を選べばいいのですか?

日焼け止めはUVカット効果の強さをSPFPAという数字で表します。

値が高いほど紫外線ケアの効果が高いと思われがちですが必ずしも高ければ高いほどいいとはいかないそうです。数字が高いから効果があると思われがちですが肌への負担も大きいと言います。

雨の日や室内では必要が無い?

日焼け止めは、室内や悪天候でも毎回ぬることをお薦めします。

紫外線は、窓ガラスや長そで曇りのひでもお肌に到達するという性質があります。

日焼け止めを選ぶにはどんな種類を選べばいいのか?

日焼け止めを購入しなくちゃと思ってもどんなものを買えばいいのかわからないと言う方にいくつかご案内します。

  • ジェルタイプ
  • パウダータイプ
  • 乳液タイプ
  • クリームタイプ
  • スプレータイプ
  • サプリメント タイプ

このように色々なタイプがありますが、各メーカから出ている物どれがいいのかわかりませんよね。

まずここで、一番なのがどのタイプが自分に合うかが問題です。買ったはいいが塗るが効き目が無かったり薄かったりととにかく肌に障害がでなければいいのですが。

敏感肌・子供と一緒に使うには!

低刺激で肌に優しい

紫外線吸収剤不使用(肌の刺激があり注意が、必要)

ノンケミカル

肌の乾燥が気になる!

美容成分配合の物。

クリームタイプ、ミルクタイプ

日焼け止めを使用する前は。保湿をしてください。5分以上の時間を空けて日焼け止めをぬるようにしてください。5分間の基礎化粧品は乾燥がしなくなるそうです。

乾燥性敏感肌の方には

男女を考えてみて乾燥性敏感肌は女性の方が多いいと言います。

皮膚の厚さは、女性の方が薄く乾燥などにはすぐに敏感になります。

乾燥性敏感肌とは!つまり乾燥が原因で敏感肌になってしまった肌の事です。

乾燥しているから!保湿すれば改善できる!?

そううまくはいきません。それは、なぜでしょう?

保湿して乾燥性敏感肌が治らないのは、市販されている世の中の保湿化粧品がただ肌に、潤いをあたえているからです。

肌の表皮に水分がのるだけで肌の中には水分が浸透しないといいます。

肌が、水分の維持をできるようにならないと乾燥性敏感肌は改善されないといいます。

日焼け止めは、どのような物が人気なのでしょうか?

岡田UVミルク(無添加工房 OKADA)

出典、参考サイト:http://www.mutenka-okada.com/item/index07.html#uv

紫外線吸収剤・シリコーン・合成ポリマーが無添加製品に準ずる製品となっているそうです。

UVプロテクト トーンアップモイスチャ―ベース(エファ―ジュ)

出典、参考サイトhttp://www.suntory-kenko.com/contents/brands/fage/

紫外線をしっかり防いでくれるエファージュは、3種類の食物エキスが紫外線による肌のトラブルを改善し乾燥からさらに肌をまもるためのコラーゲンなど保湿成分がふくまれているそうです。

UVシールドEX(ノブ)

出典、参考サイト:http://noevirgroup.jp/nov/lp/novuv_0614.aspx

紫外線吸収剤は使わず、敏感肌にはとても重宝すると言います。

臭いやベトベトにもならず子供に使っても負担が少なくつるつるすると子供も喜び親として安心するそうです

服薬する日焼け止め

塗るだけでなくサプリメントのように服薬し体の打つ側から紫外線対策をする作用があります。

POLC(ポルク)

出典:https://veramagazine.jp/article/sunscreen#heading1

参考サイト

http://polc.jp/user_data/polc.php?transactionid=b116e45158abb078e501a3ad639b09192dedbbdf

日焼け止めは塗るのが定番だったが、服薬するにまでたどり着いたといいます。

このポルクには日焼け止め成分ニュートロクスサンが含まれており老化やシミやそばかすを防止してくれます。

これらの紹介は、ごく一部です。あまり高額な日焼け止めより一般的なドラックストアで試してみてご自身でどれが手ごろかを、確認して購入されてもいいかもしれません。

ただし、皮膚に炎症や失神などの症状が出る物は避けるべきかと思います。

■まとめ

真夏は特に紫外線が、きつい時期です。女性は、男性より皮膚構造が薄く紫外線は角質まで通りやすくなっています。これは、後になり場合によれば重篤な皮膚病になりかねません。

めんどくさいと言う方には、ご紹介させていただきましたが服薬したりスプレーで吹きかける物もあります。一番は、どの日焼け止めが、ご自身に合うかが問題ではないでしょうか!?

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする