肌質に合わせなければ効果は半減!肌質別スキンケアの仕方!


肌は1日では作れません。

美肌を作るために、日々ケアをしなくてはなりません。

しかし、本当に自分の肌質を分かった上でケアを行なっている人は

そこまで多くないのではないでしょうか?

肌質を見極めてケアを行わないと肌のお悩みを悪化させてしまうこともあります。

本当の美肌ケアは自分の肌質をきちんと知ることです!

基本となる普通肌のスキンケア

特にベタつきもカサつきもない理想的な状態の肌です。

肌トラブルも少なく丈夫な肌である人が多いです。

この肌質の人は5年後、10年後も同じ肌質で居られる様に「保つ」ケアを目標としましょう。

間違ったケアを続けると肌を傷めて乾燥肌や敏感肌になってしまう事もあります。

過剰に手入れをする必要もありませんがシンプルにクレンジングと保湿を心がけましょう。

乾燥肌のスキンケア

乾燥肌の人は特に気をつけてケアをする必要があります。

と言うのも、肌が乾燥していると肌は非常に傷つきやすい状態となっており

この状態が続いてしまうと肌のバリア機能が低下してしまい、

トラブルを起こしやすい敏感肌になってしまう事もあるのです。

自分が乾燥肌かな?と思う人はまずはその原因を探し、対策していきましょう。

過度の洗顔による乾燥

実は乾燥肌の人はこれが1番多い原因です。

ダブル洗顔やオイルクレンジングなど、

皮脂までごっそり落としてしまうタイプの洗顔の仕方は乾燥肌を招きます。

また、熱いお湯で洗ったりゴシゴシ強くあらったりするのも良くありません。

皮脂の少ない状態の肌は水分が蒸発しやすくなってしまうので、

保湿もしにくくなり悪循環を招いてしまいます。

自分の洗顔はどうなのか、今一度見直して見ましょう!

紫外線による乾燥

紫外線といってもそのリスクがあるのは夏だけではありません。

紫外線のA波は一年中地上に届いており、

またその影響は肌の真皮層まで到達してしまうと言われています。

真皮層は肌の弾力や潤いを保つコラーゲンがある層なので、

ここが紫外線により破壊されると深刻な乾燥肌の原因となってしまうのです。

一年中しっかりと紫外線対策を行いましょう。

加齢による乾燥

どんなに気をつけていても加齢による影響はどうしても出てしまいます。

特に年齢を重ねるにつれどうしても新陳代謝は落ちてきてしまうので、

それによりコラーゲン、エラスチン、セラミドなどの肌の水分を保つための成分が

減少してしまう傾向にあります。

加齢による影響をどの程度受けるかは体質も関わってきますが、

やはり誰もが完全には防げない原因の一つです。

年齢につれて乾燥が出てきたなと感じたらこの不足してくる3つの成分を

補給できる化粧品を意識することです。

オイリー肌のスキンケア

とにかく肌の悩みの中で、ベタつきやテカリそれによる化粧崩れなどが気になったりします。

皮脂の分泌が過剰な為にその皮脂が毛穴に詰まりやすく、

ニキビなどが出来やすいことが特徴です。

20代まででニキビに悩まされている人はこのオイリー肌である人が多いとされています。

洗顔の仕方がポイント!

オイリー肌の人は過剰な皮脂をしっかり落としてあげるということがポイントです。

この肌質の人は朝と晩、しっかり洗顔を行いましょう。

この時の洗顔料は、刺激の強いものを選んでしまうと肌を守ろうとして

よけいに皮脂が増えてしまうので部分的に強いオイリー肌になったり、

他の部分は乾燥してしまったりするので刺激の少ないものを選びましょう。

この時もゴシゴシこすったりせず、しっかり泡を立てて泡で洗う様に心掛けましょう。

これで朝晩洗顔を行なっても肌が傷みにくくなります。

毛穴やスクラブ洗顔なども刺激が強いので、

どうしてもやる場合でも週に一回程度に抑えましょう。

洗顔後はすぐに保湿すること、

しっかり保湿して肌を守ってあげる事が皮脂分泌を抑えるポイントです。

混合肌のスキンケア

顔のパーツによってベタつきとカサつきが混在している肌です。

実はこのタイプの人は自覚症状がない人も多く、

毎日きちんとお手入れしているのに肌の状態が良くならない、

と言う人はこのタイプだと考えても良いかもしれません。

このタイプはお手入れをパーツごとに変える必要があるので非常にケアがしにくい肌質です。

基本的に化粧品は普通肌用のものを使って行います。

洗顔はオイリーな部分だけ念入りに洗ったり、

化粧水も普通肌のもので大丈夫ですが全体をしっかり保湿した後、

オイリー部分をコットンをつかってパッティングしたりするだけで

毛穴が引き締まり皮脂分泌を抑えてくれます。

どうしても良くならない場合は部分的に収れん化粧水を使っても良いでしょう。

乳液も普通肌用のものをパーツごとに濃さを変えてつけてるだけでOKです!

まとめ

日々のケアで努力しているのに、

なかなか改善しないという人はもしかしたら肌質の判断が間違っていたのかもしれません。

肌はデリケートなので、ほんの少しの気遣いで格段に綺麗にすることができます。

自分の肌がどのタイプに当てはまるかを見直して、ケアを見直してみてくださいね。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする