睡眠不足には死んでもなるな!寝不足の恐ろしい影響とは….


さんは、睡眠についてどのような考えをお持ちでしょうか。

睡眠を重視し、毎日しっかり早寝早起きをしているという方もいます。

その一方できる限り睡眠時間を削り、

活動の時間を長くしようという考えの方もいるでしょう。

確かに、寝ている時というのは行動できないため、

やるべきことが多い場合は、睡眠時間というのは余計な時間に感じるかもしれません。

しかし、睡眠不足が続くことにより、

日常生活に支障をきたすような深刻な問題が生じる可能性があります。

では、具体的にどういった問題が生じるのでしょうか。その点について説明します。

脳の動きが悪くなる

睡眠時間を削ると記憶力が著しく悪くなります。

よく受験生が額にハチマキを巻いて、

夜遅くまで勉強しているというイメージがありますが、

睡眠時間を十分に取らないと勉強してもあまり意味がないんですね。

やはり記憶というものは寝ている時に整理されるものなので、

よく寝た方が記憶力も向上するのです。

元ライブドア社長の堀江貴文さんも、

ずっと以前から睡眠の重要性を唱えています。

東大に現役で合格したホリエモンがこういうので、

受験生からしたらかなり説得力がありますね。

また睡眠不足は記憶力が低下するだけでなく、

将来的に記憶障害やアルツハイマーなどの病気

招いてしまうリスクも増やしてしまうそうです。

太るリスクが高くなる

食生活に気を配らない生活していると、すぐに太ってしまいますよね。

太るのは簡単ですが、痩せるのはそう簡単ではありません。

そのため、太るリスクというのはなるべく低くしたいですよね。

しかし、睡眠不足が続いてしまうと、太るリスクが高くなります。

その理由の一つに、成長ホルモンが関係しています。

成長ホルモンには、脂肪の燃焼を促すという機能があるのです。

そのため、睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が抑制されてしまうと、

スムーズに脂肪を燃焼させることが難しくなってしまうというわけですね。

女性の多くは、太ることに敏感です。

そのため、何とかしてダイエットを成功させたいという気持ちが強くなる一方、

睡眠不足により太るリスクが高くなってしまうというのはマズいでしょう。

したがって、現時点で睡眠不足になっているという場合は、

これを機に1日の睡眠時間を見直してみてはいかがでしょうか。

モチベーションが下がる

先ほどの脳みその動きと連動しているのかもしれませんが、

睡眠不足はモチベーションの低下を招いてしまいます。

1日を活動するにあたって、モチベーションというのは1つのポイントになります。

モチベーションが高ければ、精力的に色々な物事と向き合うことができるでしょう。

一生懸命に仕事に取り組むことができれば、

その姿勢を周囲の人々が高く評価してくれるかもしれませんね。

したがって、モチベーションを高めるための努力というのは怠るべきではないのです。

しかし、睡眠不足になってしまうと、モチベーションが下がってしまいます。

その状態で仕事に励んでも、良い結果を出せる可能性は低いでしょう。

また、モチベーションの低さが露骨に表情などに表れてしまうと、

周囲にいる人々がそれを察する可能性があります。

やる気がないように見える人を高く評価する人というのは基本的にいませんよね。

そのため、次の日の活動内容をより良いものにするためにも、

早めに寝るように心がけましょう。睡眠というのはそれだけ重要なんです。

肌の状態が悪くなる

女性の場合は特に、肌の状態を意識しますよね。

朝起きた時に、肌荒れの症状などに気づいた場合、

その日一日憂鬱な気分になってしまう方もいるはずです。

しかし寝不足は容赦無く肌荒れを招いてしまいます。

肌の状態を悪くする原因というのはたくさんあり、その1つが睡眠不足なのです。

睡眠不足になると、ターンオーバーと言われる機能に影響が及ぼされてしまいます。

そうなると、多くの肌トラブルが起こってしまう可能性があります。

1つだけでなく、複数の肌トラブルが起きるという状態になれば、

大きなストレスになってしまいますよね。

そのため、肌のコンディションを悪くさせないためにも、

睡眠はしっかりととる必要があるのです。

便秘のリスクが高くなる

男性女性に関わらず、便秘に悩む方は多いでしょう。

1日程度ならばまだしも、4日も5日も便秘の状態が続いたままだと、そ

のことによるストレスがどんどん蓄積されてしまいますね。

便秘の解消方法というのは色々ありますが、その方法だけでなく、

便秘の原因についても知る必要があるはずです。

便秘の原因については色々考えられるところですが、その1つが睡眠不足です。

睡眠不足になると、副交感神経が十分に機能してくれなくなります。

そのことが、便秘につながるのです。

便秘になっても、「便秘薬に頼ればいいや」と思ってしまう方がいますね。

確かに、便秘薬を飲めば短時間で便秘が解消されるかもしれません。

しかし、便秘の原因になる行為を改めない限りは、

ずっと便秘薬を飲み続けることになってしまうかもしれません。

そのため、便秘の原因を知り、適切に解消することが大切ではないでしょうか。

まとめ

今回は、睡眠不足になることによる悪影響について説明しました。

たかが睡眠不足と甘く見てしまう方がいますが、

前述したように、睡眠不足によって懸念される悪影響というのはたくさんあります。

もちろん、悪影響については、今回挙げたものだけにとどまりません。

他にも色々な悪影響が考えられます。

確かに、睡眠時間を割いてまで何かをすべきケースというのはあるでしょう。

しかし、そういった日が毎日のように続くようだと、健康に支障をきたしかねません。

規則正しい生活をするという意味においても、

1日の中で十分な睡眠をとることは大切ではないでしょうか。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする