ストレッチで肩こり・腰痛を改善して、美容・ダイエットも実現しよう!


れから運動をしようという時には、事前にストレッチをやりますよね。

また運動をする前でなくとも、

積極的にストレッチをしている人もいるのではないでしょうか。

ストレッチというと、数種類しかないというように考える人もいますが、

実は数え切れないほどの種類があります。

もちろん、定番のストレッチということで言えばある程度絞れてきますが、

ストレッチに分類されるものという視点で見ると、何十種類にも及ぶのです。

しかし、ストレッチのメリットについては、いまだに知らない人が大勢います。

そこで、今回はそのストレッチのメリットについて説明します。

ケガの予防ができる

運動をしている最中に、ケガをした経験というのはありませんか?

体を激しく動かすということになると、当然ケガをするリスクが伴います。

また、激しいスポーツなどでなくとも、

軽いランニング程度でもケガをしてしまうケースがあるため、要注意です。

一度ケガをすると、完治するまでに長い時間を要する可能性も出てくるため、

できればケガを予防できるような対応策をとることが望ましいです。

そこで、大切になるのがストレッチです。

入念にストレッチをすれば、ケガの予防になります。

もちろん、絶対にケガを予防できるというわけではありませんが、

ストレッチをしていない場合と比べると、ケガのリスクは小さくなるのです。

運動前のストレッチや、

ストレッチの種類などを紹介している動画です。

血行が良くなる

身体が硬い人というのは、非常に多いです。ストレッチをする時などに、

自分の身体の硬さを実感する人もいるのではないでしょうか。

その状態が長く続くということになると、血行が悪くなっていきます。

血行が悪いと、体が冷えたり、他のマイナスの症状が現れる可能性が高くなります。

「身体が硬いことの何がいけないの?」と考える人も多いですが、

こんなデメリットがあったんですね。

ストレッチによって柔軟性が増していくと、血行が良くなっていきます。

血行が良くなれば、悩ましい冷えの症状からも解放されることでしょう。

さらに結構が良くなれば美容にも繋がります!

こちらに美容に特に効くストレッチの参考動画を載せておきます。

参考にしてみてください。

基礎代謝が上がる

自分の基礎代謝について意識したことはありますか?

基礎代謝が低いままだと、消費カロリーがなかなか高くならないため、

痩せにくかったりするケースがあります。

過食しているつもりがないのに、全然痩せないという状態が続くと、

ストレスも溜まってくると思います。

ストレッチをして柔軟性が増していけば、基礎代謝が上がる可能性が高いです。

これまで低いままだった基礎代謝が上がっていくと、消費カロリーが高くなっていきます。

過度な食事制限をして痩せるというよりは、

適度に食べて栄養摂取をしつつ痩せていくという方がはるかに望ましいです。

何より、ダイエットを図る中でも、しっかり栄養を摂取していかないと、

健康に支障きたす可能性がありますね。

そのため、基礎代謝を上げることは、

ダイエットを頑張る人にとっての理想の目標と言えるでしょう。

肩こりが改善する

肩が凝るという人はいませんか?

肩がずっしりと重い感覚というのは、とても不快だと思います。

ストレスの原因にもなりかねないため、できることなら解決したいですよね。

肩こりというのは、筋肉のコリ等が原因によって起こります。

そのため、ストレッチをして筋肉のコリをほぐしていくことが、

肩こりの症状を改善させるという点で効果的な方法です。

こちら、肩こりや腰痛などに効くストレッチの紹介動画です。

ぜひ参考にしてみてください。

ストレッチの正しいやり方を覚えることが大切

ストレッチというと、簡単にできるというイメージを持っている方ばかりかもしれませんが、

中にはやや難しいストレッチもあります。

また、やり方を間違えてしまうのはマズいです。

ストレッチというのは、基本的には筋肉を伸ばすという動きになります。

この点でミスをすると、筋を痛めてしまう可能性があります。

一度筋を痛めてしまうと、すぐには治らない場合もあるため、厄介ですね。

そもそも、ケガのリスクを軽減させるためのストレッチなのに、

そのストレッチをする最中にけがをしてしまったのでは何をやっているのかわかりませんね。

基本を意識して、正しいやり方を覚えましょう。

まとめ

今回は、ストレッチのメリットについて説明しました。

何気なくストレッチをしている人が多いと思いますが、

実はたくさんのメリットが秘められています。

そのため、激しい運動をする前だけストレッチをするということではなく、

毎日のようにストレッチをしてみてはいかがでしょうか。

そもそもストレッチというのは、家の中にいてもできるため、

その点は非常に手軽と言えます。

また、少しの時間でできるというのもいいですね。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする