【危険】これだけは絶対にやってはいけない『肌に悪い行動』….


のコンディションというのは、良い状態に保つ必要があります。

しかし肌というのは、ちょっとしたことでダメージを受けてしまいます。

だからこそ肌ケアが欠かせないのです。

肌ケアを怠ると、短期間の間に肌荒れが引き起こされる可能性があります。

さらに肌に悪いとされる行動をとり続けてしまえば、

たとえスキンケアをしていたとしても肌トラブルが起こる可能性があります。

では、知るべきことは「肌にとってマイナスになる行動」ですね・・・

肌にとってマイナスになる行動をご紹介

①メイクを落とさずに寝ること

女性であれば、出かけるときにメイクをする人が多いですね。

自分をより美しく見せるという意味でも、メイクを施すことに価値はあります。

メイクの仕方も色々あり化粧品の種類も多いことから、

メイクをするのが楽しみの一つになっている人もいるでしょう。

また濃いメイクではなく、薄いメイクをする人もいますね。

その辺りの考え方は人によって違うでしょう。

しかし肌のことを考えるなら、寝る前にメイクを落とす必要があります。

仮にメイクを落とさずに就寝してしまうと、

肌トラブルが引き起こされるリスクが増大してしまうのです。

外で散々仕事をし疲れ果てて帰ってきた場合、

一刻も早く寝たいという考えが先行してしまいがちですね。

しかし美しい肌をキープするためにも、

メイクを落とすという行為を欠かさないようにしましょう。

②冷房を効かせすぎてしまうこと

暑がりな人はとても多いです。

そのため、人によっては冷房をきかせすぎてしまうのです。

確かに、暑いと汗がダラダラと出てくるため嫌ですよね。

服にも汗がつくため、その点で気持ち悪いと感じる人もいるでしょう。

しかし極端に冷房をきかせてしまうと、体がどんどん冷えてしまいます。

寒いと感じるほどに体を冷やしてしまうと血行が悪くなる可能性があります。

血行が悪くなると、肌にも少なからずマイナスの影響が出てしまうのです。

また、他の健康上の問題も起こる可能性があります。

そのため健康のためにも、冷房の温度を低くしすぎることは控えましょう。

また、暑い時期に冷房の温度を低くすると、電気代もそれなりにかかってしまいますね。

③1日に何回も洗顔をしてしまうこと

男性女性に関わらず、洗顔は行いますよね。

もちろん外に出ると少なからず肌が汚れることになるため、洗顔をすることは大切です。

朝と夜にきちんと洗顔をすることで、余分な皮脂を落とし、

きれいな肌を保つ必要がありますね。

ただし、洗顔をしすぎるというのはマズいです。

余計に皮脂を落とす結果になりかねませんし、

肌のバリア機能に影響が出てしまう可能性があります。

洗顔というと良いイメージがあるかもしれませんが、

それなりにリスクもあるというわけですね。

そのため、1日に5回も6回も洗顔をしているという方は、

これを機に控えるようにしましょう。

また、正しい洗顔のやり方というのを覚える必要があります。

洗顔のやり方が間違っていると、

どんどん肌荒れが進行してしまうかもしれないのです。

肌ケアというのは難しいですね。

④目を頻繁にこすること

時々、目をこすりたくなることはありませんか?

痒くなったりすると、ついついこすってしまいますよね。

しかし、この「こする」という行為によって、

目の周辺の肌がダメージを受けてしまうのです。

もちろん、炎症が起こってしまうケースもあります。

そのため、頻繁に目をこすっている人は、これを機に改めるようにしましょう。

 

⑤シャワーの温度を高くすること

多くの人は、毎日のようにシャワーを浴びますよね。

実は、その際の温度が重要なことについてご存知でしたか?

あまりに熱い温度のシャワーを浴びてしまうと、

肌の皮脂がごっそり落ちてしまいます。

皮脂については邪魔なものだというイメージを持つ方もいるかもしれませんが、

実はある程度は肌に必要です。

皮脂が流れてしまうことにより、

乾燥肌を引き起こす結果になる可能性もあることから、その点に気をつけましょう。

また、シャワーを浴びなければいいと考える方もいるかもしれませんが、

長時間の入浴というのも肌に悪いです。

そのため、より肌に気を遣った生活をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、肌にとってマイナスになる行動について説明しました。

普段何気なくしている行動が、

実は肌にダメージを与えてしまっている可能性について、理解していただけたでしょうか。

美肌をキープするためには、常に肌に対して気を遣う必要があります。

肌を気遣いながら生活するというのは、最初は苦労すると思います。

しかし、長く続けていけば、次第に慣れていくため、

苦にならなくなってくるのではないでしょうか。

過ぎた時間を戻すことはできないため、一日一日しっかり肌ケアをしていきましょう。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする