大人毛穴の原因と対処法を正しく学べば改善は可能です!


人の年齢になったあなた。若い時と同じ毛穴ケアをしていませんか?

毛穴ケアの方法は年齢によって違うのです。

大人毛穴の原因と状態を知り、正しい方法でケアしないと

大人毛穴というものはなかなか改善されません…

全世代の女性が毛穴に悩んでいる!

ほんの十年数年前までは、毛穴の悩み=若者の悩みでした。

しかし現在、10代~60代以上の女性に肌悩みのアンケートをとると、

全世代で毛穴悩みがトップ3にランクインします。

相当多くの女性が毛穴に悩んでいることになります。

毛穴は年齢によって違う?

毛穴のお悩みは全世代の女性が抱えていますが、

実はその毛穴の性質は年齢や肌の状態によって違うのです。

したがって、ケア方法も多様化して当然です。

年齢や肌の状態によって変えていかなければいけません。

毛穴ケアと言えば「引き締め」という固定概念が、

毛穴トラブルを深刻化している事もあります。

今回はその中でも特に深刻でケアが難しいといわれる

「大人の毛穴」にスポットを当てていきいましょう。

10代の毛穴

10代~20代前半は成長期に当たるため、

肌の水分・油分のバランスが崩れやすい時期です。

この年代の毛穴悩みの原因は皮脂の過剰分泌です。

皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が緩んでしまいます。

この場合のケア方法は「収斂(しゅうれん)」つまり、引き締める事です。

正しい洗顔で過剰な皮脂を洗い流し、

引き締め効果のある化粧水で肌と毛穴を引き締めましょう。

大人の毛穴

10代~20代の毛穴悩みに比べると、大人の毛穴悩みは複雑です。

原因が連鎖的につながり、深刻化していくのが特徴です。

例えば、以下のような原因があげられます。

  • 筋肉の質の低下によるたるみ
  • コラーゲンの減少によるハリ弾力の低下
  • 乾燥によるハリ弾力の低下
  • 角質肥厚による毛穴目立ち
  • 角栓の肥大による毛穴の拡張

など、キリがありません。

対処方法としては、トータル的なアンチエイジングと毛穴独自の対策が必要です。

大人毛穴に必要な3つのポイント

では、具体的な大人の毛穴ケアについてご紹介しましょう。

大人の毛穴は【3つのポイント】で攻めていきましょう。

1.毛穴を浅くする

毛穴を浅くするには、肌の状態によってふたつのアプローチが有ります

1つ目は、ヒアルロン酸、エラスチンなどの肌の土台となる

保湿成分を重視したケアを行う事です。

年齢を重ねた肌はコラーゲンの減少によって、土台を失った状態になります。

土台を失った肌は、いわば田んぼのぬかるみのような状態です。

田んぼのぬかるみに足を入れると、ズボッと足が取られるのと同じように、

土台を失った肌の毛穴もどんどん深くなってしまいます。

深い毛穴は暗く影になってしまい目立ってしまいます。

ぱっくり開いた毛穴以上に目立ってしまう事があるので要注意です。

2つ目角質のケアです。

年齢を重ねると代謝力が低下し、ターンオーバー周期が乱れます。

これにより、角質が分厚くなってしまうと、その分、毛穴も深く見えてしまいます。

角質ケアとしては、ピーリングやターンオーバーを促進する成分が有効です。

ピーリングはフルーツ酸、乳酸、酵素など色々な種類がありますので、

肌質や使う頻度によって選びましょう。

ターンオーバーの促進は、アミノ酸、大豆エキスなどの保湿を重視したものや、

EFGやフラーレンなどの成長因子と呼ばれるものも有効です。

ターンオーバー不良の角質は酸化してくすんでいますので、

肌の色も暗くなり、より毛穴が目立ってしまいます。

2.毛穴を狭くする

毛穴を狭くするには、洗浄力の高いクレンジングや洗顔料を使用しましょう。

毛穴の奥までしっかり洗える酵素系洗顔や吸着力の高い泥を使用した物がおすすめです。

毛穴の内側が拡張してしまうのも大人の毛穴の特徴です。これは角栓が原因です。

勿論、角栓は若い方でも出来てしまうのですが、

メイクをする大人世代は元々の角栓を軸にして、

その周りにメイク汚れがまとわりつく形で肥大してしまいます。

この肥大した角栓が毛穴を内側から押し広げてしまうのです。

3.毛穴を引き締める

最終的には、若い方の毛穴ケアと同様に引き締めが必要です。

しかし大人の肌の引き締めは、保湿と収斂の両方からアプローチしないといけません。

収斂としては、ビタミンCやアーチチョーク葉エキスなどがお勧めです。

保湿としては、セラミドやプロテオグリカンなど、

水分・油分を抱え込んでキープする力がある成分が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

毛穴ケアと言えば、引き締める事が定番のように思いがちですが、

年齢を重ねた肌はそれだけでは駄目なのです。

  1. 浅くする
  2. 狭くする
  3. 引き締める

この3ステップでケアをしましょう。

これに対して有効な成分はも整理しておきましょう。

1.浅くする

  • 肌の土台を造る:コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなど
  • 角質ケア:フルーツ酸、乳酸、酵素など
  • ターンオーバー促進:アミノ酸、大豆エキス、EGF、フラーレンなど

2.狭くする

  • 角栓ケア:酵素系洗浄料、クレイ配合洗浄料など

3.ひきしめる

  • 収斂作用:ビタミンC、アーチチョーク葉エキスなど
  • 保湿をキープ:セラミド、プロテオグリカンなど

大人の毛穴の原因は様々ですが、年齢と共に起こる肌の変化に比例することが多いです。

単一的なケアでは無く、多角的に攻めることをお勧めします。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする