甘いものがやめられないのは病気かも!依存症チェックをしてみよう!


性は甘い物が好きですよね!

ついつい食べ過ぎてしまうことも多いのではないでしょうか。

これらは太るだけでなく糖質中毒を引き起こす危険性があります。

糖質の過剰摂取は依存性が高いので健康面で悪影響が出る恐れも…。

 なぜ、糖質に依存するのでしょう?

依存症で一番怖いのが、肥満になる事ではないと言います。

麻薬と同じようにこれを食べなくてはいられないと食べまくることです。

麻薬のように禁断症状はありませんが、

過剰に摂取していることに気づかなく徐々に依存するようになります。

甘い物を食べると脳が快感を感じる仕組みを脳内報酬系と言うそうです。

よく、好きな甘い物を食べると幸せな気持ちになるといいますが、

これは神経系が活性化するからといいます。

これは麻薬や覚せい剤で快感を得るのと同じことで、

いっぱい食べたい!と知らず知らずのうちに糖質を欲する症状が

薬物にみられる症状と似た状態に陥ってしまうのです。

つまり、甘い物を食べれば快感を感じる仕組みになっていて

摂取量が次第に増えていくのです。

これが「依存」と言われている仕組みなのです。

糖質依存ですか?チェックしましょう!

甘い物は好きだけど自分が糖質依存なのかわからない。

これからチェック方法をご紹介しますので、ご自身で確認してみてください。

  • イライラすると甘い物を食べたくなる。
  • パンやうどんが好物。
  • ソースやケチャップなど調味料をたっぷりかけるのがすき。
  • 食後に睡魔が襲う
  • 集中力がなくなりボー!とわからなくなる事がある。

これらのひとつでも該当すれば糖質依存症の疑いがあると言えます。

イライラすると甘い物を食べたくなる。についてですが、

なぜイライラすると甘い物が欲しくなるのでしょう?

イライラすることは甘い物を大量に摂取しているからと言えます。

甘い物を毎日摂取していると急激に血糖値が上がると言います。

血糖値が急激に上がると体は異常をきたしていると思いこみ、

血糖値を標準に戻そうとすると言います。

この時に、イライラが起こると言われています。

実は、2番目の質問も同じ質問なのです。

パンやうどんはほぼ噛まずに噛む回数が少ない食べ物だと思います。

噛む回数が少ないと満腹感が感じられなく、食べる量が多くなるといます。

ご飯についてもお茶碗一杯で、角砂糖14個が入っていると言われるくらいです。

3番目の質問でも同じく、ケチャップやソースにも糖が入っていると言われています。

  • ウスターソースは100gに対して26.1g
  • ケチャップは、100gに対して27.4g
  • みりんは、100gに対して54.9g

日々使われている一部の調味料の中には、

多くの糖分が入っている事がお分かりだと思います。

ぜひ、容器の裏面にある成分表を購入する時にチェックしてみてください。

砂糖依存ですか?

朝食は何を食べますか?えッ!ド―ナツ2~3個!?食べ過ぎではありませんか?

それに、コーラ?コーヒーや紅茶に砂糖を何杯?角砂糖をいくついれますか?

もうお分かりですよね。これが、砂糖依存症なのです。

5時間ぐらいは我慢が出来ればいいのですが、

1~2時間もしないうちにイライラがしてくれば糖質依存症と言っても過言ではありません。

砂糖や甘味は、過剰摂取することにより依存性が高くなります。

依存症と言われるレベルならまだいいのですが、

中毒症状ともなれば健康を害し精神症状や肥満症、糖尿病も併発すると言われています。

以前にテレビでバターを丸ごと1回の食事に食べる女性がいましたが、

もちろんこれも中毒症状の一つです。

改善策として

改善策として糖質オフを考えるようにしましょう。

ただ、いきなり糖質は食べないというのは難しいですよね。

全ての物を排除することはストレスを感じてしまい、

新たな症状を発症する恐れがあります。

適度な量に抑えて、おいしいしく摂取しましょう。

まとめ

本来糖質は、体に必要な栄養素です。

だが、異常に摂取することは逆に依存から中毒となり害を及ぼすことになります。

ご自身が気がつく事が一番いいことです。

最初はなかなかやめられませんよね。

なのではじめは少しずつ糖質を減らしていくようにしましょう。

ただ、体調により糖尿病などの重篤な症状が出てくる恐れがあります。

糖分への依存を感じられる場合は医者へ受診されることをオススメします。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする