何故くすみが生じるの?具体的な改善策もご紹介!


トラブルにも色々あり、その1つがくすみです。肌にくすみが生じてしまうと、顔の見栄えにも影響するため、女性にとっては特に嫌な問題ですね。

化粧で一時的にくすみを隠すことはできても、それでは根本的な解決にはなりません。また、少しならまだしも、顔のあちこちにくすみが生じてしまうようだと、人前に顔を出すことそのものに抵抗感を感じるようになるかもしれませんね。

そこで、肌にくすみが生じる原因や、効果的な改善法などについて説明しましょう。

くすみが生じる4つの原因とは?

肌にくすみが生じる原因は、1つではありません。そのため、肌にくすみが見つかった場合、色々な原因について考えなければなりません。そこで、4つの原因について取り上げ、説明します。

原因①:乾燥

肌が乾燥することにより、くすみが生じる可能性があります。この場合、くすみをただ治すというよりも、乾燥状態にある肌を治すために努力しなければなりません。そうでないと、治ったと思ったくすみがまた現れるようになってしまうでしょう。

原因②:角質の蓄積

本来、角質層というのは肌にとって必要なものです。角質層がしっかりと機能することで、肌が色々な刺激から守られるというわけです。しかし、古い角質がどんどん肌に溜まってしまうと、それが原因でくすみが発生する可能性があります。この場合、古い角質を除去するために努力しなくてはなりません。

原因③:メラニンの過剰な発生

メラニンについては、日光によって日焼けをすること等により、蓄積していきます。本来、メラニンというのは適切に排出されます。しかし、前述の理由などにより、メラニンが過剰に発生するようになると、速やかな排出が難しくなります。そうなると、くすみが生じる可能性が高くなるのです。この場合、メラニンの蓄積を防ぐような努力が必要になります。

原因④:血行不良

血行が悪くなった場合は、体の冷えや、肩こりなど、様々な悪影響が生じる可能性があります。また、この原因で肌にくすみが生じた場合は、血行を良くするように努力しなければなりません。

くすみの改善法を原因別にご紹介!

前述したように、くすみの原因には様々なものがあります。そのため、くすみの原因はこれだと決めつけ、間違った方法でケアをしてしまうと、却って肌トラブルを引き起こすきっかけになりかねませんねそこで、くすみの症状を改善させるための方法を、原因別にご紹介しましょう!

①乾燥が原因でくすみが生じている場合の改善法

この場合、肌を丁寧に保湿する必要があります。基本的に保湿の方法として簡単なのが、保湿成分が入ったスキンケア商品を使って肌をケアすることです。

これにより、乾燥状態にある肌を改善させることができるため、乾燥が原因のくすみも解消される可能性が高いです。ただし、全てのスキンケア商品が、自分の肌に合うとは限りません。そのため、その点には注意しましょう。

②角質の蓄積が原因でくすみが生じている場合の改善法

ここでご紹介する方法はピーリングです。適切にピーリングを行うことで、古い角質が除去されます。ピーリングについては、専用の商品を買って自分で行うこともできますが、クリニックでやってもらえるケースもあります。そのため、自分でピーリングすることに抵抗感がある場合は、クリニックに行くといいでしょう。

③溜まったメラニンが原因でくすみが生じた場合の改善法

基本的に、メラニン除去に効果的な化粧水を使うことで、溜まったメラニンを消すことはできるでしょう。

また、美白化粧水を使ってケアをすることにより、メラニンの蓄積を予防することも可能です。販売されている化粧水の種類は膨大にあるため、色々見てみましょう。

④血行不良によってくすみが生じた場合の改善法

顔の血行を良くするために効果的な方法は、マッサージです。自分でマッサージしてもいいですし、フェイスマッサージをサービス内容に取り入れているサロンに行き、マッサージしてもらうのもいいでしょう。

また、血行不良については、生活習慣の問題によって起こるケースが多いです。そのため、適度に運動したり、睡眠をしっかりととるようにしましょう。

まとめ

今回はくすみが生じる原因や改善法などについて説明しました。くすみというのは、些細な事で生じがちですが、そのまま放っておくのはよくありません。

美肌にこだわっている人なら尚更です。そのためくすみを発見したらできるだけ早く対処するようにしましょう。かと言ってその対処法を誤ってしまうと、くすみが消えないどころか、他の肌トラブルが生じる可能性があります。

重要なことはくすみの原因を分析し、適切にケアしていくことだと思います。またくすみを消すためのケアだけでなく、くすみを予防できるようなケアをしていくことも大切です。

常にキレイな肌をキープするためにも、入念なケアは欠かせませんね。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする