目元があなたの印象を決める!シワのない若々しい目元でいるための方法


念写真を撮る時、カメラに向かって思いっきり笑ったら、

出来上がった写真を見て、目元のシワにびっくり!

あんなに笑わなければよかったと後悔したことはありませんか?

目元はその人の見た目年齢を大きく左右するところです。

やはり人に好印象を与える若々しい目元でいたいですよね。

今回は、目元のシワの原因と対策についてお伝えしていきます。

目元のシワの原因は?

目元のシワの原因には以下のようなものがあります。

①乾燥

目の周りの皮膚は非常に薄くデリケートです。

それに目の周りには汗腺や皮脂腺がないので、

大変乾燥しやすいところです。

乾燥が進むと、目の周りに

ちりめんじわと呼ばれる細かいしわが表れてきます。

またパソコンやエアコンなどで

涙の分泌量が減少するドライアイになると、

血行が悪くなって乾燥が進みます。

これもシワの原因になります。

②紫外線

紫外線を浴びると真皮層にあるコラーゲンが破壊されます。

またコラーゲン同士を結びつけて

肌の弾力を保っているエラスチンも減少します。

その影響は皮膚の薄い目元に最初に表れ、

シワやたるみが目立つようになります。

③刺激

目をこすったり、必要以上にまばたきをしたりすると、

それが刺激になってシワの原因になります。

アイメイクを落とす時にゴシゴシこするのも同じです。

また美肌のためにフェイスマッサージをされている方も

おられると思いますが、

目の周りは注意しないと、

毛細血管を傷つけることがあります。

④疲れ目

長時間スマホやパソコンに向き合っていると、目が疲れてきます。

近くのものをずっと見続けると、

ピントを合わせる役目をする毛様体筋の血流が悪くなるからです。

これもシワやたるみの原因になります。

⑤加齢

年齢を重ねるにつれて、

真皮層にあるコラーゲンやエラスチンが減少や劣化が起こってきます。

それで、コラーゲンやエラスチンを増やすための

エイジングケアが必要になってくるのです。

⑥表情のクセ

目を細めて笑う、眉間にシワを寄せるなど、

人にはそれぞれ表情にクセがあります。

その表情を繰り返すことで皮膚が記憶し、

シワが消えなくなってしまいます。

目もとジワの予防と対策は?

①保湿をしっかりと

保湿は目もとに限らず、スキンケアで最も大切なことです。

目もとの保湿のためには、お肌全体の保湿に力を入れましょう。

化粧水はハンドプレスで優しくつけましょう。

気になる部分には重ねづけをします。

ローションパックも効果的です。

特に目元の乾燥を感じる時は、

化粧水をたっぷり含ませたコットンを

2、3分、閉じた目の上に置いておきましょう。

②目元専用美容液を使う

現在は、各メーカーとも

美容液に使う有効成分の研究に力を入れており、

優秀な目元専用美容液が数多く発売されています。

有効成分として、

表面のちりめんじわにはセラミドやヒアルロン酸が効果的です。

またビタミンC誘導体には肌に弾力を与え、

コラーゲンの生成を助ける働きがあります。

深くなったシワにはレチノールやペプチドが有効です。

レチノールはビタミンAの一種で、

肌のハリや弾力を支えているコラーゲン線維や

エラスチン線維を増やす働きがあります。

ペプチドはコラーゲンやエラスチンを作り出す

線維芽細胞を活発にします。

但し美容液はつけてすぐに効果が出るわけではないので、

最低3ヶ月は続けてみましょう。

刺激の強いものもありますので、

トライアル商品でパッチテストをした後に

購入することをおすすめします。

③紫外線対策をする

紫外線は目からも入り、私達の肌に悪影響を及ぼします。

日差しが強い時はサングラスをかけて、

目や肌を守りましょう。

④ホットアイマスクをする

目の周りを温めると血行がよくなり、

ターンオーバーが促進されるので、

潤いやハリを取り戻すのに効果的です。

市販のホットアイマスクもありますが、

蒸しタオルを目の上に置いておくだけでも、

目の疲れが取れ、血行が促進されます。

⑤眼輪筋トレーニングをする

眼輪筋とは目の周りを取り囲んでいる筋肉のことです。

眼輪筋は加齢とともにどんどん緩んできますので、

眼輪筋トレーニングで目元のハリを保ちましょう。

眼輪筋トレーニングの一例としては、

5秒かけて目を大きく開け、5秒キープ

→5秒かけて薄目になり、5秒キープ

→目を閉じる→これを3回繰り返す

などがあります。

ゆっくり時間をかけて次の動作に移るのがポイントです。

⑥目の周りのツボ押し

目尻の外側の少し上にあるツボや

眉の下のくぼみのところのツボを押すと、

血行がよくなり、シワやたるみに効果的です。

但し刺激にならないように、優しく軽く行いましょう。

⑦ハリをアップするものを食べる

ハリをアップする食べ物と言うと、コラーゲンが有名ですが、

コラーゲンだけを摂っても効果はありません。

なぜならば、ビタミンCがないと

コラーゲンの合成や分解は進まないからです。

また鉄分はコラーゲンの合成に必要な

アミノ酸を作る働きがあります。

ですからビタミンCを多く含む野菜や果物、

そして鉄分を豊富に含むレバーなどを

積極的に食べましょう。

まとめ

「目は口ほどにものを言う。」とは、

昔から言われていることばですね。

それほどに目は影響力があるということです。

人と向かい合ってしゃべる時、やっぱりその人の目を見ますよね。

目には不思議とその人の気持ちまでが表れます。

あなたの気持ちや魅力が相手にしっかりと伝わるように、

いつまでも若々しい目元でいましょう。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする