中日・根尾昂の凄さとは…両親は医師で、彼女は50代の女性ファン??(笑)


2018年にドラフト1位で中日ドラゴンズに入団し、

球団で1、2を争うほどの人気を得ている根尾昂

根尾昂という人物はいったいどの様に作られていったのか。

野球に対する真面目な姿勢や両親の驚きの職業

そして彼女などのプライベートについても触れていこうと思います・・・

プロフィール

誕生日:2000/4/19

出身:岐阜県飛騨市

身長:177cm

体重:80kg

出身高校:大阪桐蔭高等学校

プロ入り:2018年(ドラフト1位)

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

根尾昂のプレースタイルはスキーから

大阪桐蔭高校時代には、

2年時に甲子園に初出場し、第一打席で初安打初打点。

ポジションはほぼ全ての場所を守ることができ、

ことにピッチャーにおいても、中3の時点で146km

高1の時点では148kmもの速球を放っていたそうです。

夏の甲子園で優勝を果たした高3時には多くの試合で先発。

普通に投手でもプロに通用しそうですね。

さて、そんな打てる守れる投げられるの根尾のプレースタイルには、

幼い頃から地元・岐阜県飛騨市の雪山でやっていた

スキーが影響しているんですね。

「スキーではとくに体幹と下半身を鍛えられたと思います。頭が落ちたりミスしたりすると、すぐ転倒してしまう。そこでしっかり体勢を保つことが、野球にも生きているのかな。

例えば、守備で体勢が悪い状態でゴロを捕りにいっても、しっかりと身体を立て直せる。そういうときでも身体がブレないのが、スキーでついた力だと思います」

(引用元:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51417)

上記は実際の根尾のコメントです。

どうやら地元が本当に山奥のど田舎で、

2歳の頃から両親に連れられてスキーをしていたそうです。

中学2年時には男子回転という種目の全国大会で優勝し、

イタリアの国際大会にも出場したことがあるらしいですね….

根尾はまさに文武両道…

野球において非凡な才能を見せる根尾昂ですが、

実は勉強もめちゃめちゃできて、

中学時代の成績は常にオール5に近い状態だったらしいですね。

 根尾は勉強への取り組みについてこう話している。

 「特に、オール5を目指してきたというわけではないんです。どの教科でも手を抜きたくないのというのが僕の中にあったので、それがいい結果に繋がったのかもしれません。先生方というのは、授業で自身がしゃべりたいことを言っているのではなく、僕たちのことを思って、準備をして話してくださっています。僕たちが知らないことを教えてくださっているので、それをしっかり聞くということが大事だと思っています」

(引用元:https://www.baseballchannel.jp/etc/45999/3/)

根尾はプロ入り後も寝る前の30分や、

移動中のバスの中では読書をしたりと、

勉強することを忘れていないそうです。

なんでも、毎月父親から20冊の本が届くらしいです(笑)

野球バカという言葉は根尾には全く当てはまりませんね。

少し早いですが、引退後なども頭脳を生かした仕事が多そうです。

根尾の両親は共に医師だった

そんな根尾の真面目さや頭の良さは、

実は根尾のご両親から派生しているのかもしれません。

根尾昂は2000年4月19日、岐阜県飛騨市に3人兄弟の3番目として生まれた。上に姉と兄がいる。50歳の父・浩、49歳の母・実喜子は地元で診療所を営む医師の夫婦だ。

昂という名前は心や気持ちの「昂ぶり」から取られているという。

(引用元:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/51417)

ちなみに姉は看護師らしいです。

中学時代に両親から買ってもらうものとしては凄すぎますね(笑)

根尾は実際両親の影響もあってか、

一時期はプロへ進まず慶應の医学部に進学しようか悩んだ時期もあったそうですね。

根尾昂の一番凄いところとは…

頭の良さに、ポジションの広さ。

これまでに根尾の素晴らしい部分を数々紹介してきました。

では根尾の一番凄いところはどこなのか。

そのことについて、高校時代の恩師が語ります。

「練習が終わり、寮でご飯を食べたあと何をしているのかといえば、ずっとストレッチをしています。その姿を毎日見ていたら、周りの選手たちも『自分もやらなきゃ』とやり始めます。藤原はストレッチじゃなく、ひとりで黙々と素振りをしたりするんですけど、下級生たちは『根尾さんでもこんなにするんだ』となる。僕は選手たちに『寮で練習しろ』と言ったことはないんですけど、そういう空気が勝手にできている。根尾効果は大きいです」

言葉でグイグイと引っ張るタイプではないが、行動で見て、しかもそこに説得力があるから周りの選手も巻き込まれていく。

(引用元:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/hs_other/2018/10/25/___split_96/index_2.php)

良いですね。

中日では将来の主将候補でしょう。

さて、そんな根尾昂に彼女はいるのか

長々と喋ってきましたが、

やはり気になるのがプライベート。

中でも、根尾に彼女がいるのかどうかが気になりますよね!

この50代の女性は独身の方なのでしょうか…笑

そしてそんな根尾の彼女の有無について、

なんとドラゴンズの選手寮・昇竜館の館長がコメントしています!

「これまで何十回と、教え子の結婚披露宴に招かれました。館長、この女性と結婚しますと。その瞬間、上手くいくか、直感で分かるようになりました。いまひとつ、二人に不安を覚えたら、名プレーヤーの家庭を作るには、こうするといいかもと、伝えます」

「だから、根尾がキャンプから帰ってきたら、こっそり聞きます。彼女はいるのかと。皆に聞いてますから。お風呂で、裸の付き合いでね」

(引用元:https://hicbc.com/sports/dragons/detail.asp?id=C55A57FE)

どうなったのでしょうかね(笑)

根尾に彼女はいたのかどうかまでを教えて欲しいですね!

そんな根尾昂でした。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする