こんにゃくの美肌効果がすごい!こんにゃくセラミドの秘密に迫る

こんにゃくの美肌効果がすごい!こんにゃくセラミドの秘密に迫る

前、田舎から手作りこんにゃくを売りに来るおばあさんがいました。

小柄で優しいおばあさんでしたが、

なぜかお肌に透明感があってプルプルでした。

内心、「わあ、すごいなあ。なんでこんなに肌がきれいなんだろう?」

と思っていたものです。

 

最近、おばあさんの美肌の理由が分かりました。

それは、こんにゃくには優秀なセラミドが

たくさん入っていたからなのです。

今回はそんなこんにゃくの秘密に迫ります。

そもそもこんにゃくって何?

こんにゃくと言うと、おでんに入っているものや

すき焼きのしらたきを想像される方が多いことでしょう。

それらのこんにゃくってどうやって作られるかご存じですか?

それではまず、こんにゃくについて簡単に説明します。

 

こんにゃくはサトイモ科のこんにゃく芋から作られます。

こんにゃく芋を切って茹で、すりつぶしたものに

炭酸ナトリウムを加え、固めます。

こんにゃく芋には強烈なエグミがあるので、

茹でたり焼いたりしてもそのままでは食べられません。

それで炭酸ナトリウムや水酸化カルシウムを加えます。

昔は草木の灰汁でアクを取っていたそうです。

 

今では生芋からではなく、

乾燥して粉にしたものから作る方法が主流になっています。

こんにゃくは日本や中国など

アジア地方で食べられてきましたが、

現在では低カロリーの健康食品として欧米にも広がっています。

こんにゃくに含まれるセラミドの特徴と効果

セラミドは肌の角質層にある細胞間脂質の主な成分で、

保湿効果に優れています。

また外界から肌を守るバリア機能も持っています。

そんなセラミドですが、

実は人の皮膚には11種類ものセラミドがあり、

セラミド1、セラミド2・・・というふうに呼ばれています。

そして種類によって役割が分かれています。

 

こんにゃくに含まれるセラミドは植物性グルコシルセラミド

と言われるもので、セラミド1のもととなっています。

セラミド1は水分保持機能とバリア機能を合わせ持っており、

細胞のすき間を埋めて肌の刺激を軽減する役目もあります。

 

グルコシルセラミドは

特に肌のうるおい効果とバリア効果に優れており、

セラミドの再合成に欠かせません。

グルコシルセラミドが不足すると再合成ができなくなって、

肌のセラミド不足に陥るということになるのです。

そして乾燥が進むことに。

 

また植物由来のセラミドは浸透力も高く、

アトピー性皮膚炎の症状の軽減も期待できます。

さらにターンオーバーが促進されるので、

しわやシミの改善にも効果があります。

 

こんにゃく以外にも米や小麦、大豆、とうもろこしなどに

植物性セラミドが含まれていますが、

こんにゃくはそれらの7~16倍もの

植物性セラミドを含んでいます。

そして他に比べ、

アレルギー反応が低いことがすばらしいところです。

 

但しこれは生芋から作ったこんにゃくの場合です。

生芋からこんにゃくを作る場合は、

芋の皮が入ってしまうため、黒っぽい色が付いています。

こんにゃくに期待できるその他の効果

①ダイエット効果

こんにゃくの効果と言ったら、

ダイエットが一番に思い浮かびますよね。

こんにゃくが低カロリーであることに加えて、

こんにゃくに含まれるグルカマンナンがお腹の中で膨張し、

腹持ちをよくするからです。

 

②デトックス効果

こんにゃくの主な成分は食物繊維ですので、

便秘の解消に効果を発揮します。

またグルカマンナンは腸内で分解されると、

オリゴ糖に変化し、腸内環境を良くするのに役立ちます。

そして腸内に蓄積した有害物質を外に排出してくれるので、

デトックス効果が期待できます。

 

③生活習慣病の予防

グルカマンナンはコレステロール値を下げ、

血糖値の上昇を抑える効果があります。

さらには体内の過剰なナトリウムを排出してくれます。

そして糖や脂肪の吸収を遅くする働きもあるので、

糖尿病や動脈硬化、がんなど

生活習慣病の予防、改善が期待できます。

 

④骨粗しょう症の予防

こんにゃくにはカルシウムが豊富に含まれています。

こんにゃくに含まれるカルシウムは

体内で吸収されやすい性質を持っていますので、

骨粗しょう症の予防にもなります。

効果的なこんにゃくの食べ方

こんにゃくにセラミドの効果を期待するならば、

生芋こんにゃくを食べましょう。

道の駅などに行くと、

手作りのこんにゃくが売ってあることがあります。

最近の健康ブームで、スーパーでも見かけることがあります。

 

生のこんにゃく芋100gには

1日に必要な量のセラミドが入っています。

ぜひ生芋こんにゃくを見つけてくださいね。

生芋こんにゃくは黒い色をしています。

それは皮が混じっているからです。

それに対して、

スーパーで普通に見かける黒っぽいこんにゃくは、

ひじきなどで色を着けてあります。

 

セラミド以外の栄養は

こんにゃく芋を乾燥させ粉にして作る

一般的なこんにゃくにもあります。

ダイエットが目的ならば、

鍋物など水分を一緒に摂取できる食べ方をしてください。

グルカマンナンが水分を吸収して膨張するからです。

 

こんなにすごいこんにゃくですが、

栄養が偏っているので、

ぜひ他の食品と一緒に食べてください。

まとめ

こんにゃくのすごい効果、分かっていただけましたか?

こんにゃくはおでんやお総菜に入っているものを

食べるくらいだった方も多いと思いますが、

この機会に、ぜひお料理にこんにゃくを使ってください。

こんにゃくステーキやおさしみなど、

簡単で美味しい食べ方がたくさんありますよ。

でも汁物や野菜、肉、魚なども一緒に食べてくださいね。

 

食事で摂るのが難しい方は、

サプリがたくさん発売されていますので、

それらを利用するのもおすすめです。

セラミドサプリでしたら、

こんにゃくセラミドが効果はダントツですから、

ちゃんとチェックして購入してくださいね。

 

それでは皆さん、

こんにゃくセラミドでプルプルお肌をめざしましょう!

美肌!カテゴリの最新記事