【真実】岡本和真がタバコを吸っていたが、実はみんな吸っていた…??


2018年シーズンに史上最年少で3割30本100打点を達成した

読売ジャイアンツの岡本和真

プロ4年目にして大ブレイクを果たし、

今では安心してチームの4番を任せられている存在ですが、

そんな岡本が喫煙をしていたという事実が発覚しました。。。

プロフィール


(引用元:https://instagrammernews.com/detail)

出身:奈良県五條市

誕生日:1996/6/30

身長:185cm

体重:96kg

プロ入り:2014年(ドラフト1位)

出身高校:智弁学園高等学校

(https://ja.wikipedia.org/wiki/)

原監督により岡本の喫煙が発覚….

2018年のシーズン最終戦、

負ければCSヘの進出が危ぶまれるという大事な試合で

2ホーマーを放ち、史上最年少で3割30本100打点を達成した

ジャイアンツの若き4番岡本和真。

智弁和歌山から若き大砲として期待され入団し、

プロ3年間でホームランはわずか1本と伸び悩んではいましたが、

2018年の今シーズンに大ブレイク。

ジャイアンツの第89代4番として名を馳せています。

しかしそんな岡本和真が喫煙をしていたということが発覚しました。

それは2018年オフより巨人の監督への復帰が決まった

原辰徳のインタビューによるものでした….

 約1時間に及んだ就任会見の最後。岡本が4番としてさらに成長するに何が必要か、問われた。終始、高揚感から紅潮していた顔に笑みが浮かんだ。「まず、たばこをやめることだね。

青少年育成を含めた夢を追い掛ける点で改めれば、来季はさらに上の成績になるのでは。自分を新しいステージに上げる、目標を置くために。勧めないようにしてください(笑い)」。冗談めかしながらも真剣な禁煙のススメだった

(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00551594-shincho-base)

すっごい健気な感じで、

天然で可愛らしい感じがある岡本だけに少し驚きですね〜

実際岡本からしてもなぜそのような暴露をされなければいけないのか、

ちょっと迷惑だったのではないでしょうか。。

賛否の声、両方同じくらいですね!

確かにタバコは体に良くないかもしれませんが、

プロ野球選手でタバコを吸っている選手は結構多いのです…

野球においては喫煙はプラス??

岡本和真に限らず、

プロ野球界でタバコを吸っている選手は多くいます。

その喫煙者の中でも、岡本和真のようなスター選手はかなり多いです。

【衝撃】筒香に坂本に今宮や菊池まで….タバコを吸うプロ野球選手はこんなにいた….

やっぱりプロ野球やマラソンと違って、

肺活量で勝負する場面はほとんどなく、

一瞬一瞬の集中力が大事になってくるスポーツですから

タバコを吸うことで集中力が増すのなら問題はないのですね。

 多くの選手がタバコを吸っており、巨人も例外ではなかった。ウォーレン・クロマティ(65)は引退後、「遠征にはたいてい列車で移動するが、列車に乗ったとたんに、40人ほどの選手とコーチとチーム関係者が、いっせいにプカプカやり始める」と証言している(「週刊文春」91年2月28日号「クロマティ衝撃の告白手記」)。

(引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00551594-shincho-base)

実際今も昔もそんなに変わらないと思いますね。

昔と違って今の方が隠れて吸っているとは思いますが。

まぁ原辰徳は岡本に禁煙を訴えていますが、

そのストレスで成績に影響が出るようなら、吸っていた方がいいと思います。

仕事にも日常生活にも支障が出ないようにして欲しいですね〜。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする