【阪神】梅野隆太郎が嫁と結婚の日に選んだのはなんと母親の….


阪神タイガースの正捕手候補の1人である梅野隆太郎

そんな梅野のこれまでの人生がかなり感動的なものでした。

梅野は一体どのようにしてプロ野球選手になれたのでしょうか。

そして梅野が結婚した年上のお嫁さんについても、

いろいろ詳しく触れてみましょう!

プロフィール

誕生日:1991/6/17

出身:福岡県那珂川市

身長:173cm

体重:77kg

出身高校:福岡工業大学附属城東高等学校

出身大学:福岡大学

所属:阪神タイガース

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

梅野隆太郎は一体どんな人物…??

さて、そんな梅野隆太郎は一体どんな人物なのでしょうか。

梅野は小学校の頃に母親を亡くしており、

そこから父親1人によって育てられました。

母親は亡くなる直前に、

「隆太郎をプロ野球選手にして下さい」

という遺言を父親に残したらしいです。

それから梅野の父親は内装業をやりながら、

梅野を男手1つで育て上げたのです。

2013年のドラフト会議当日には特番が組まれていましたね。

ちなみに梅野の父親はもともと草野球に勤しんでおり、

リトルリーグのチームの監督もやっていたそうです。


(引用元:http://www.ad-vank.com/2017/06/10/post-13450/)

福岡大学時代の梅野です。

梅野は高校3年時点でドラフトで呼ばれる可能性もありましたが、

下位で選ばれるよりも、しっかり実力をつけて上位で呼ばれたいとのことで、

福岡大学へ進学することを決めたんですね。

結果梅野は2013年にドラフト4位で阪神に入団。

二塁までの送球タイムは平均で1.9秒で、高い評価を得ていますね。

梅野が結婚したお嫁さんはどんな人…??

梅野はプレーもさることながら、

その甘いルックスも人気の要因の1つですね。

View this post on Instagram

シーズン #2位 ^ ^ いつも応援ありがとうございます 残り試合 #CS と頑張ります(^。^) #阪神タイガース #44 #梅野隆太郎 #梅ちゃん

♯44_梅野隆太郎さん(@ryutaro_umeno_official)がシェアした投稿 –

さて、そんなイケメン梅野が結婚したお嫁さんは誰なのでしょうか!

 人生のパートナーに選んだのは福岡県出身の一般女性で、福岡大3年だった12年夏に知人の紹介で出会った。第一印象から「年上で社会人だったし、大人の女性だった」と好感を持ち、秋には交際をスタートさせた。昨春から芦屋市内で一緒に暮らし始めた。美容師だった彼女は夢をあきらめて全面サポート。「アスリートフードマイスター」の資格も取得した。

今年1月、5月で28歳になる彼女に28本のバラを渡し「結婚してください」とプロポーズ。「野球に集中できる環境を作ってもらっているし、その分、結果を残さないといけない。もう独りじゃないんで」。開幕マスクは決定的な状況。一家の大黒柱となり、猛虎の屋台骨も支える覚悟だ。

(引用元: https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/21/kiji/20170321s00001173062000c.html)

一般の方と結婚したんですね!

そして入籍した日は母親の命日である3月21日だったらしいです。

「母がいなければ、こうやって毎日、ユニホームを着て、野球をできていない。プロ野球選手になれたことも、結婚できることも、すべては産んでくれた母のおかげ。感謝の思いしかない。開幕前という大事な時期ですが、母の誕生日に婚姻届を提出して、自分の中で、今季に懸ける気持ちも、より強くなっている。母も、きっと喜んでくれていると思います」

(引用元: https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/03/21/kiji/20170321s00001173062000c.html)

泣けちゃいますね。。

2018年にはゴールデングラブ賞も受賞した梅野!

ぜひこのまま阪神で正捕手の座を奪って欲しいです!

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする