うっかり日焼けはなかったことにできる!猶予時間は72時間!


だ5月だというのに、35度を超す猛暑日になったところもあります。

びっくりですね。もう真夏と変わりません。

さて、皆さん、毎日入念なUVケアをしておられることと思いますが、

ちょっとそこまでと出かけた時、

あるいはレジャーに夢中になって日焼け止めを塗り直すのを忘れた時、

うっかり日焼けをして後悔したことはありませんか?

でも安心してください。

72時間以内に正しい応急処置をすれば、

シミになるのを防ぐことができるのです。

今回は72時間の意味とうっかり日焼けをしたときの処置の仕方、

そして日頃気をつけておくことをご紹介します。

シミができるメカニズム

まずシミがどうやってできるのか、

そのメカニズムを簡単に見ていきましょう。

①肌が紫外線を浴びると活性酸素が発生します。

②活性酸素から肌を守るためにメラノサイトが活性化されます。

③メラノサイトはチロシナーゼという酵素を作ります。

④チロシナーゼはチロシンというアミノ酸と反応し、

黒褐色のメラニン色素へと変化します。

メラニン色素が排出されないとシミになってしまいます。

この、①から⑤までの過程に72時間がかかります。

ということは、その間に正しい処置をすれば

シミをつくらずにすむということになるのです。

これが猶予時間72時間の意味です。

72時間の間にやるべき6箇条

その72時間の猶予時間内に

下記のようなことを実行しましょう。

①とにかく冷やす!

日焼けは肌がやけどした状態です。

メイクをやさしく落としたら、

何度も何度も水をかけて冷やしましょう。

その後は冷やした濡れタオルを当てたり、

氷水の入った袋でそっとパッティングしたりして

ほてりを鎮めましょう。

②しっかりと保湿する

その後は、たっぷりの化粧水で保湿をします。

ビタミンC誘導体などの美白成分が入っているものは

刺激が強いので、その日は使わないようにしましょう。

化粧水の後は乳液やクリームでフタをし、

蒸発を防ぎましょう。

あのニベア青缶は保湿力と肌の保護力に

優れていますので、おすすめです。

③たっぷりと水分補給を

紫外線は肌だけではなく体力も消耗させます。

体内の水分も減少しますので、

しっかりと水分を補給しましょう。

内側からの水分補給は肌の保湿効果も高めてくれます。

④早く寝よう

熟睡している間に肌の修復作業が進みます。

日焼けしたその日は、なるべく早く寝ましょう。

その日だけではなく、1週間は意識してたくさん睡眠をとると、

肌老化にストップをかけることができます。

2日目からは美白ケアを

赤みやほてりが引いた2日目からは

美白成分の入った化粧水や美容液で

積極的に美白ケアを行いましょう。

有効成分としてはビタミンC誘導体リノール酸アルブチン

トラネキサム酸プラセンタなどがあります。

美白成分の入ったシートマスクはひんやりしてておすすめです。

美白ケアはその時だけでなく、

その後も続けてシミのない肌を守りましょう。

日頃からターンオーバーを正常にする生活を

ターンオーバーとは

新しい細胞が古い細胞を肌表面にまで押し上げ、

古い細胞が垢となって剥がれ落ちること、

つまりお肌の生まれ変わりのことです。

健康な肌のターンオーバーの周期は28日と言われています。

しかし加齢や紫外線、不規則な生活によって

ターンオーバーの周期が乱れると、

メラニン色素が沈着してシミになってしまいます。

日頃から以下のようなことに気をつけ、

ターンオーバーを正常にする努力をしましょう。

①抗酸化作用の高いものを食べよう

抗酸化作用に優れ、ターンオーバーを促進する栄養素には

ビタミンCビタミンEベータカロテン

ビタミンB2などがあります。

それらを豊富に含むイチゴや柑橘類、アボカド、

緑黄色野菜、レバーなどがおすすめです。

また亜鉛は細胞の新陳代謝を促しますので、

牡蠣もとてもおすすめです。

但しレモンなどの柑橘類は

紫外線を肌に吸収する性質のある

ソラレンという物質を含んでいるので、

日中は避けた方がいいです。

それから意外にもレンコンには

豊富なビタミンCが含まれており、

ネバネバのもとであるムチン

保湿力に優れていますので

積極的に食卓に取り入れましょう。

また皮膚のもとになる良質なタンパク質を

摂ることも大切です。

②しっかり寝よう

「お肌のゴールデンタイム」という言葉がありますが、

これは肌の再生を促す成長ホルモンが分泌されやすく、

ターンオーバーが活発に行われる時間帯のことです。

今までは、夜の10時から午前2時の間をゴールデンタイム

とする説が有力でしたが、

最近では眠りに就いてから3~4時間後に

成長ホルモンの分泌が最も盛んになると考えられています。

就寝時間にこだわるよりも、

しっかり熟睡することと

最低6時間は寝るということを心がけましょう。

③洗顔と保湿をていねいに

洗顔はあくまでもやさしくが基本です。

ゴシゴシこすったりすると、

その刺激によってメラニン色素が増えることになります。

でも汚れやメイクの油分はきちんと落とさないといけません。

疲れたからとメイクを落とさずに寝るなんてことは

絶対にしないようにしましょう。

朝は特に汗かきでなければ

ぬるま湯だけでの洗顔で大丈夫です。

それから乾燥はお肌の大敵です。

一年を通してしっかりと保湿ケアをすることがとても大切です。

④適度な運動をしよう。

ウォーキングなどの運動を

無理をしない程度に毎日行うことは、

血行を良くし新陳代謝を高めるために大切です。

運動をする時間が取れない人は、

エレベーターではなく階段を使うとか

通勤の時に歩く距離を増やすなどの工夫をしましょう。

但し寝る前の運動は睡眠中のターンオーバーの邪魔をします。

ターンオーバーもエネルギーを消費するので、

寝る前にエネルギーを使ってしまわないようにしましょう。

⑤寝る3時間前からは食事や飲酒をしない

食べ物を消化したり

体内に入ったアルコールを分解したりするのにも

エネルギーが必要です。

またアルコールを分解する時には体内の水分を大量に使います。

すると体が乾燥し、

ターンオーバーの妨げになります。

④タバコはやめよう

喫煙すると血管が縮まり、血行が悪くなります。

また血液中に一酸化炭素が入ってきて

細胞が酸欠状態になります。

そして活性酸素が大量に発生し、

体内の細胞を傷つけてしまうのです。

もちろんターンオーバーを妨げる大きな要因になります。

美肌を取るかタバコを取るか二つに一つです。

まとめ

いかがでしたか?

日焼けして帰って来た日、

どんなに疲れていても

そのままベッドにバタンキューなんてことは

絶対にしないでくださいね。

うっかり日焼けをしてしまったら、

この記事の通りに対処してください。

特にその日のうちにしっかり冷やすことが肝心です。

でもうっかり日焼けをしないに超したことはありません。

毎日のUVケアには細心の注意を払いましょうね。

ターンオーバーの正常化も日々意識しましょう。

お顔は体とつながっていますし、体と心はつながっています。

どんなに高価な化粧品を使っていても、

日頃の生活がいい加減だと良い効果は得られません。

さあ、シミやターンオーバーに対する正しい知識と健康的な生活で

この夏を思いっきり楽しみましょう!

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする