【速報】堀口恭司と那須川天心の試合が2018年大晦日に実現か….


(引用元:https://www.instagram.com/kyoji1012/?hl=ja)

UFCからRIZINに電撃移籍し、

現在バンダム級・フライ級では日本で敵なしの堀口恭司

そんな堀口と同じRIZINを戦場に活躍中の

キックボクサー那須川天心も日本では敵なし状態ですが、

なんとこの2人が対戦するという可能性が浮上してきたのです・・・

プロフィール


(https://twitter.com/kyoji1012)

出身:群馬県高崎市

通称: 史上最強のMade In JAPAN

誕生日:1990/10/12

身長:165cm

体重:61kg

所属:アメリカン・トップチーム

出身高校:作新学院高校

https://ja.wikipedia.org/wiki/

堀口恭司と那須川天心の対戦の可能性….

総合格闘技では日本で敵なしの堀口恭司。

キックボクシングでは日本で敵なしの那須川天心。

体重差もほとんどなく、

RIZINという同じ団体に所属していることから

この2人の対戦は実際に有り得る話です…

那須川天心は以前よりK-1の武尊と試合をすることを熱望していました。

しかしK-1側が一方的にこの対戦を拒否し、

武尊も「K-1にくるなら対戦してやる」と公言しており、
(※もしK-1と契約をしたら他団体の試合に出れない)

那須川天心vs武尊の実現は非常に非現実的になっております。

【真実】武尊と那須川天心の試合が”絶対に”実現しない残念な理由…

そんな中でRIZINの総合格闘技のスターである堀口恭司との

対戦がここにきて現実的になってきたのです。

堀口は2017年末のトーナメントでも優勝しており、

現在日本では対戦相手がほぼいない状態になっております。

2つ目の動画のKOシーンを見てもらってもわかるように、

堀口は立ち技での打撃を非常に得意としております。

総合格闘家なのでもちろん寝技も得意なのですが、

堀口はもともと空手の出身であり、

特にノーモーションからのパンチを得意としています。

だからこそキックボクサーの那須川天心と

キックルールでやっても同等またはそれ以上の戦いをする可能性があります。

堀口恭司は自信満々….??

堀口恭司は那須川天心との対戦については

かなり自信満々で、

キックルールでやっても勝てるとコメントしています…

 那須川天心(19=TARGET/Cygames)とのキックボクシングルールでの対戦かと聞かれると、堀口は「それは当然やりたい。それをやれば日本が盛り上がると思うので自分はやりたい」と、那須川との対戦は望むところのようだ。さらに「やったら勝つ自信は当然あります」とキックルールでも勝てると言い放った。

「元々、自分は空手をやっていたので(キックルールでも)いつもと戦い方は変わらない。タックルに入らないのと組むのがなくなるくらいでしょう。グローブ(の違い)は関係ない、当たれば倒れるので」と自信をのぞかせた。

(引用元:http://efight.jp/news-20180226_280325)

RIZINで何試合か総合ルールで試合をしている那須川といえど、

もし総合ルールなら総合専門の堀口には勝ち目はないでしょう。

お互いが違うバックボーンの持ち主なので、

1ラウンドは総合ルールで、

2ラウンド目がキックルールという

MIXルールという選択肢も有りますが、

あくまで堀口はキックルールで那須川に勝てると言っていますね。

腰が〜痛い!🤣 #ギックリ腰常習犯

Kyoji Horiguchiさん(@kyoji1012)がシェアした投稿 –

実際堀口恭司と那須川天心の試合は

2018年の大晦日に実現する可能性が高いと言われています。

那須川天心は2017年の大晦日のリングでのインタビューで、

K-1の武尊との試合を2018年中にやるとコメントしていましたが、

2018年の大晦日は堀口との試合の方が有力ですね。

でも堀口と那須川の試合も、

那須川と武尊の試合くらい盛り上がるでしょうね。

2018年の大晦日、本当に実現するかもしれません。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする