箕輪厚介という男は一体何者か…経歴に嫁に家族に、衝撃の事実が明らかに…..


(引用元:https://twitter.com/minowanowa/media?lang=ja)

幻冬社の凄腕編集者として今注目されている

箕輪厚介についていろいろ調べてみました。

彼のすごいところはどんな部分なのか。

結婚はしているのか。

箕輪厚介という男を詳しく紐解いてみました!

プロフィール


(引用元:https://twitter.com/minowanowa/media?lang=ja)

誕生日:1985年

出身地:東京都

身長:不明

学歴:早稲田大学第一文学部卒

所属:幻冬社

職業:編集者、実業家

(https://ja.wikipedia.org/wiki/)

ホリエモンが絶賛する箕輪厚介の仕事ぶりとは….??

あのホリエモンの『多動力』『逆転の仕事論』

与沢翼の『ネオヒルズジャパン』などを編集した、

幻冬社・編集者、および株式会社エクソダス取締役の箕輪厚介。

あのホリエモンが絶賛するほどの編集の腕の持ち主らしく、

「今もっともヒットを生み出す編集者」と言われるほどの

編集の才能の持ち主らしいです。

以下が箕輪厚介の簡単な経歴です。

 2010年双葉社に入社、ファッション雑誌の広告営業として四年間、タイアップや商品開発、イベントなどを企画運営、『ネオヒルズジャパン』与沢翼 創刊。2014年から編集部に異動し『たった一人の熱狂』見城徹/『逆転の仕事論』堀江貴文/『空気を読んではいけない』青木真也 2015年7月に幻冬舎に入社。 東洋経済オンライン、アドタイでコラム。オンラインサロン運営、堀江貴文大学校で特任教授など。

(引用元:https://www.advertimes.com/20160318/article220549/)

ちなみに新卒で入った企業は倒産したらしいです。

ホリエモンだけでなく、

格闘家の青木真也やブロガーのイケダハヤト、

さらには研究者の落合陽一などからも

箕輪厚介の才能は絶賛されています。

やはりホリエモンなどの大物の著書でも、

編集一つで売れ行きが全く変わるんですね。

タイトルの付け方などもかなり大事ですね。

発言にも重みがありますね。

一度サンデージャポンに出た時に

「今売れてる本はだいたい僕が作っている」

と発言していましたね。かっこいいです。

自叙伝「死ぬこと以外かすり傷」が売れすぎているらしい…

ホリエモンやSHOWROOMの前田裕二など、

数々の著名人の本を手がけてきた箕輪厚介ですが、

2018年の8月に自身の自叙伝である

「死ぬこと以外かすり傷」を出版しましたね。

そしてその通称「死ぬカス」がめちゃめちゃ売れているらしいです…

そしてこの死ぬカスを読んだ人たちの反響もすごいです。

めちゃめちゃ内容が濃そうですね。

アマゾンでkindle版なども売っています。

箕輪厚介は愛妻家だった…

そんな箕輪厚介には家族がいました。

結婚の時期やお相手に関してはあまり

詳しい情報は得られませんでしたが、

子供が現在1人おり、SNSにも度々登場しています。

さらに気になる嫁さんに関してですが、

箕輪厚介のインスタグラムに載っていました!

結構前の投稿です。

箕輪厚介さん(@minowajapan)がシェアした投稿

箕輪厚介さん(@minowajapan)がシェアした投稿

箕輪厚介さん(@minowajapan)がシェアした投稿

こんなに絵に描いたような幸せな結婚生活がありますかね(笑)

奥さんはめちゃめちゃ美人だし、子供は可愛いし。

箕輪厚介は今でこそ天才編集者として

おそらくお金もすごいもらっているとは思いますが、

仕事を始めたばかりの頃は苦労していたんですね。

また以前にこんなツイートもしていました。

箕輪厚介は現在では編集者の他に、幻冬社とCAMPFIREが共同出資で

作った会社「エクソダス」の取締役をやったりしていますね。

ちなみに箕輪厚介は最近では

ユーチューバーとしても活動をしているらしいです。

色々しているみたいですね。

まだまだこれから有名になりそうです。

そんな箕輪厚介でした〜

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする