手汗の原因を〝生まれつき〟で諦めるのはまだ早い!対策法はちゃんとあった…


さんは手汗が気になって

握手することをためらったことはありませんか?

実は手汗で人知れず悩んでいる人は少なくありません。

中には、握手を求められた時に

さっと手を出すことができずに誤解を受けたり、

あるいは恋人と手をつなぎたいのに、

手汗のせいで嫌われたらどうしようと苦しんだりする人もいます。

経験のない方は「手汗ぐらい」と思われるかも知れませんが、

当人にとっては人生を左右するくらいの重要なことなのです。

今回はそんな手汗の原因と対策法を探っていきます。

手汗の原因はなんだろ?

①緊張やストレス

「手に汗握る」ということばがあるように、

人は緊張や精神的ストレスを感じると交感神経が刺激され、

それが発汗につながります。

これは誰にでも起きる現象で、

通常は気持ちが落ち着けば汗は退いていきます。

しかし日頃から手汗が出る人は

緊張するとさらに汗がひどくなります。

人に握手を求められて「手汗で嫌がられないだろうか。」と思うと、

その緊張でさらに手汗がひどくなるという悪循環に陥ります。

②ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスと自律神経は深くつながっています。

ホルモンの分泌は

脳の中の視床下部というところで行われているのですが、

自律神経をコントロールしているのも同じところです。

自律神経は緊張やストレスを受けている時に働く交感神経と

リラックスしている時に働く副交感神経からできていますが、

ホルモンバランスが乱れると交感神経がたくさん働くようになり

多汗につながります。

女性の場合は、生理や妊娠、更年期にホルモンバランスが崩れるので、

それらが多汗の原因になることもあります。

③冷え

冷えも手汗の原因の一つです。

この場合は運動して体が熱くなり出てくる汗とは違い、

冷や汗のようなもので、手も冷たくなっています。

冷えにより血行が悪くなると、やはり交感神経の働きにより、

冷たい手汗が出ることがあります。

④肥満

太りすぎて内蔵脂肪や皮下脂肪が増えると、

体内の熱を外へ逃がすことができにくくなります。

それで体を冷やすために、大量の汗が出ることになるのです。

⑤手掌多汗症

手のひらだけに大量の汗をかく人は、

手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)という病気の可能性があります。

この原因ははっきりとは分かっていませんが、

何らかの原因で自律神経のバランスが崩れ、

交感神経が必要以上に活発になるためと考えられます。

手掌多汗症の人は、小さい頃から手汗が多いという場合が多いようです。

⑥病気が原因のことも

自律神経失調症や糖尿病、甲状腺障害、更年期障害などの

病気が原因である可能性もあります。

この場合は、ある時から急に汗がひどくなるようです。

手汗の対策法はちゃんとある!

①しっかり寝て、リラックスしましょう

熟睡している時は副交感神経の働きが最も活発になります。

寝不足はストレスを増大させますので

しっかりと眠ることが大切です。

また忙しくてもアロマオイルやハーブティを楽しむなど、

夜はリラックスする時間を確保しましょう。

②生活リズムを整えましょう

不規則な生活が続くと自津神経が乱れてしまいます。

起床、就寝、食事はなるべく決まった時間に行うなど

規則正しい生活を心がけましょう。

適度な運動も自律神経を整える効果があります。

③入浴やマッサージで血行促進を


冷えがある人は血行をよくし、冷えの改善に努めましょう。

お風呂はシャワーで済ませず、ゆっくりと湯船に浸かり

心身の疲れを取りましょう。

湯船で体が温まったら、

1分程手足に水をかけてから再び湯船で温まると、

さらに血行がよくなります。

お風呂から上がったら、

手や足のマッサージも血行促進とリラックス効果があります。

④新陳代謝を高める食生活をしましょう

新陳代謝を上げる食べ物で血液をサラサラにすることも大切です。

根菜類やしょうが、ニンニク、ネギなどが新陳代謝を上げ

血液をサラサラにする食べ物です。

また夏でも冷たいものばかりを食べずに、

体を温めてくれるものを食べましょう。

具体的には雑穀やニンジン、かぼちゃ、ごぼう、

ニラ、シソ、レンコン、しょうがなどです。

飲み物は日本茶や紅茶、日本酒は体を温めますが、

コーヒーや清涼飲料水は体を冷やしますので注意しましょう。

納豆やヨーグルトなどの発酵食品や青魚には

ホルモンバランスを整える働きがありますので、

こういうものも積極的に食べましょう。

⑤食べ過ぎに気をつけましょう

食べ過ぎると食物を消化するために

胃腸に大量の血液が集まります。

そのためにそれ以外の器官や細胞へ血液が送られずに

体温の低下を招いてしまいます。

⑥手汗対策用の制汗剤を試してみましょう

手汗はこまめに拭き取りましょう。

そのままにしておくと、汗が蒸発する時に

体温を奪って体が冷えてしまいます。

また最近は手汗専用の制汗剤がいろいろと出ています。

手汗でお悩みの方は試してみられるのをおすすめします。

⑥深刻な時は病院へ

上述しましたように病気の場合もあります。

その心配がある時は早く病院に行きましょう。

また手掌多汗症を治すための

日帰り手術を行っているところもありますので

深刻な方は専門医に相談してください。

まとめ

手汗の悩みは他人が思うよりもずっと深刻です。

でも、あなたの特徴は手汗だけではない!

あなたの良さはいっぱいあるし、

周りの人はそれをよく知っています。

どうぞ自信を持って、堂々と毎日を過ごしてください。

そのことがまた手汗の改善にもつながるのです。

どうか、これからのあなたの人生が幸せでありますように!

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする