食事制限によるダイエットで痩せない人に共通するたった3つの理由と対処法


ダイエットを決意して、食事制限を始めたばかりの頃。

体重計に乗るたびに、少しずつでも着実に減ってゆく体重に、

減量してスッキリした、未来の自分の姿を想像しては、

ひとりニンマリしたりして・・・

こうなってくると、どんどんと欲も出てくるってもので、

ダイエットは結果さえ出ていれば、最初はとっても辛かった空腹も、

逆に心地よくさえ思えてくるから不思議なものです。

が、しかし…

ある時期を境にして、次第に体重の減り方がにぶりだしたかと思うと、

やがてパタリと体重が減らなくなってしました。

もちろん厳しい食事制限を続けているにもかかわらずです。

それどころか、体重が増えてしまうこともあったりして、

それまで順調に減量してこれたのにどうして?なんで増えるの?

頭の中は混乱するばかり・・・

では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

実は、食事制限によるダイエットの罠とも言うべき、

単に食事を制限するだけでは痩せられない理由があるんですよね。

今回は、ダイエットによる食事制限で痩せない原因と、

そういう事態に陥った場合の対処法について、徹底調査してみました!

食事制限によるダイエットで痩せない3つの原因

もしも、ダイエット中のあなたが、厳しい食事制限をしているにもかかわらず、

体重が思うにように落ちなくなってしまった場合、どう対処しますか?

食事制限をさらに厳しくしますか?

これ以上はもう無理!と諦めてしまいますか?

もちろん、そのどちらの対処法も間違っています。

まずは、あなたが痩せられない原因を突き止めることが大切。

原因さえわかれば、それに対処することができますからね。

そこで、食事制限で痩せられない、最も重要で代表的な3つの原因を、

まずは明らかにしていくことから始めましょう。

【原因1】食事を制限するからこそ、栄養バランスが重要なんです

食事制限によるダイエットでは、とりあえず食べる量を控えれば痩せれる!

そんな安直な考えで実践されている方も少なくありません。

しかし、食事制限によるダイエットで何より大切なことは、

制限する対象となるのは、あくまで必要ではない栄養であって、

必要な栄養はしっかりと摂ることなのです。

つまり、栄養バランスを崩さないことが、最も重要なんですよね。

特に、ビタミンやミネラル、タンパク質を構成するアミノ酸といった栄養素は、

まさに脂肪の燃焼には欠かせない栄養素で、これが不足してしまうと、

体内の代謝が上手く働かないため、体重が落ちにくい体になってしまうのです。

いくら食事制限によりカロリーの摂取量をどんどん減らしたとしても、

長年に渡って蓄積した脂肪を燃焼させる力が弱ければ、

筋肉ばかりがやせ細っていく一方で、お腹周りの脂肪はそのまま…

そんな見た目にもバランスの悪い体型になってしまうことにもなりかねません。

まさに栄養バランスの崩れは、プロポーションの崩れに繋がると考えて、

食事の量を厳しく制限をしている時だからこそ、

栄養バランスを重視する必要があると言えるのです。

【原因2】体が空腹による省エネモードに突入していませんか?

食事制限によるダイエットについて、あなたはこんな風に考えていませんか?

「食事制限をしてるんだから空腹を我慢するのは当たり前!」

実は、この考え方こそ、最大の“痩せない原因”になっているんですよね。

というのも、そもそも空腹を感じる時間というのは、

言ってみれば“軽い飢餓状態”であることを意味しており、

そのような時間を経験すれば経験するほど、

体は無意識のうちに、それに備えようと次のような防御反応をとろうとします。

もしも次に何か食べることができたなら、
めいっぱい栄養を吸収しておかなくちゃ!
でも、またこんなことがあるとヤバいよねぇ…
だったら、できるだけ省エネモードで活動するようにして、
余ったエネルギーは、その時のために脂肪として蓄積しておこう!

そうやって、厳しい食事制限をしているにもかかわらず、

どんどんと痩せにくい体、いわゆる「停滞期」に突入していくわけです。

ちなみに、体に本来的に備わっているこの防御本能は、

ホメオスタシス効果」と呼ばれています。

【原因3】運動せずに食事制限だけに頼っていませんか?

筋肉を動かすにはエネルギーが必要なので、筋肉の量が多ければ多いほど、

それにより消費されるエネルギー量が多くなります。

これを“基礎代謝”と言いますが、この基礎代謝が多いほど痩せやすく、

少ないほど痩せにくい体と言い換えることができますね。

つまり、痩せやすい体を作るには、筋肉の量を増やせば良いわけです。

しかし、食事制限によるダイエットを実践する場合、

本来食べていた量よりも少ない食事が続いているわけですから、

どうしても“お腹が空くから”と、運動することを敬遠してしまいがちになります。

筋肉というのは負荷をかけなければどんどん減っていくものですし、

さらに、無理な食事制限によって筋肉を維持する栄養素の摂取が不足すると、

ますます筋肉が減少することに繋がります。

“無理な食事制限”により、必要な栄養もろくに摂れず、

さらに空腹のため運動すらままならなくて、ただじっと我慢しているだけなんだけど、

でも、体重は順調に減っているよ!っていう状況というのは、

実は、ダイエットには重要な基礎代謝の元となる筋肉がどんどん減少している・・・

そんな、都合の悪い状況に追い込まれてしまっていることを意味しています。

つまり、どんどん痩せにくい体に作り替えられているわけですね。

しかも、そんなダイエット法では食事制限をやめた途端に、

恐怖のリバウンドが待ち受けているわけです。

食事制限によってある程度は痩せられたんだけど、

いつも、ある時点からパタリと痩せられなくなってしまう人、

また、食事制限をやめる度に強烈なリバウンドに悩まされている人は、

食事制限だけに頼ったダイエットになっていませんか?

食事制限で痩せなくなった時の3つの対処法

ある時期を境に、パタリと食事制限では痩せなくなってしまう、

最も重要で代表的な3つの原因がわかったところで、

次に、それに対処する方法を順に考えてみることにしましょう。

間違っても、痩せなくなったからと言って、

さらに厳しい食事制限に挑む・・・なんてことは絶対にしてはいけません。

上記の3つの原因を見ていただければ、

その対処法がいかに危険で非効率かがわかっていただけるかと思います。

【対処法1】食事の量よりも栄養バランスを重視する

食事制限は制限する食事の量よりも、栄養バランスを重視することが大切です。

特に、脂肪の燃焼に重要な役割を果たすビタミンやミネラル、

脂肪の吸収を抑制し、便秘の予防・解消効果も期待できる食物繊維、

そして、基礎代謝に関わる筋肉を作るタンパク質は、

何よりしっかりと摂る必要があります。

また、ダイエット中には目の敵にされがちな炭水化物ですが、

有酸素運動をした際に、脂肪を燃やす栄養素「グリコーゲン」の元になるため、

炭水化物の摂取を制限し過ぎてしまった場合、

食事制限ダイエットの最終手段(詳しくは後述します)である有酸素運動をしても、

脂肪が燃えにくくなってしまうのです。

確かに、あとは寝るだけ…である夕食での炭水化物は控えた方が良いですが、

体を動かす朝食と昼食では、あえて適量の炭水化物を摂ることで、

脂肪が燃えやすい体にすることができると言えますね。

さらに、これまたダイエット中には敬遠されがちな食物油ですが、

食物油にも様々な種類があって、オリーブオイルに代表されるオメガ9脂肪酸や、

亜麻仁油やエゴマ油、青魚に含まれるに魚油などに代表されるオメガ3脂肪酸は、

実はダイエットの強い味方になってくれる油なので、積極的に摂るべきです。

逆に、いわゆるサラダ油であるオメガ6脂肪酸も、

必須脂肪酸で体に必要な油なのですが、利用しやすく安価であるため、

外食や中食で一般的に使用されていることを考えると、

内食では完全に排除しても、十分に必要量は摂取していると言えます。

ちなみに、亜麻仁油やエゴマ油などのオメガ3脂肪酸は熱に弱いため、

サラダのドレッシングやスープに垂らすなどして摂るようにしましょう。

逆に、加熱用としてサラダ油の代替となるのは、

熱によって酸化されにくい、オメガ9脂肪酸であるオリーブオイル、

(エキストラバージンではないもの)が最適です。

【対処法2】こまめに間食をして空腹な時間を減らす

ダイエットと言えば、「間食は厳禁!」そう考えている人は少なくないはず。

ですが、前述したように、頻繁に体に空腹感を感じさせてしまうと、

例の防御反応を呼び起こし、「停滞期」に突入するキッカケとなってしまうのです。

食事制限をしても痩せない、最大の原因であるこの「停滞期」は、

何としてでも回避する必要があると言えますよね。

そのためにはどうすれば良いのか?

答えは簡単で、空腹時間を作らないようにすれば良いだけなのです。

そのためには間食をうまく取り入れることが最大のポイントとなります。

やはり間食がOKだからと言っても、空腹を感じる度に、

無制限に好きなものをつまんでいたのでは、食事制限をする意味がありません。

じゃあ、空腹を感じた時、どういったものを間食すれば良いのでしょう?

その最低限の条件は、「糖質が低いもの」です。

もちろん、いくら糖質が低いからと言って、お腹一杯食べてはいけません。

そのためにも、なるべくなら硬いものを、噛み応えのあるものを、

ゆっくりとよく噛んで食べるようにしてください。

それなら少量を食べるだけでも、空腹感を満たしてくれますからね。

【対処法3】食事制限だけではダメ!キチンと運動をして筋肉を作ろう

食事制限だけに頼ったダイエットの危険性については、

ここまでの読んでいただいた人には、よく分かっていただけたと思います。

もしも、食事制限をしても体重が減らない…

そんな状況に陥ってしまっている場合には、

その食事制限を少し緩めた上で、筋トレを始めてみてください。

食事制限を緩めることで、短期的には体重は増えてしまうかも知れませんが、

筋肉に必要なタンパク質などの栄養をしっかり摂った上で、

筋肉に適度な刺激を与えることで、筋肉量は必ず増えてきます。

筋肉が増えると、次第に基礎代謝が上がってくるので、

やがて以前に停滞していた体重を越えて、減量が進むはずです。

まさに、食事制限と筋トレによって、

痩せやすい体に少しずつ作り替えられていくことがイメージできると思います。

その際に、是非ともオススメしたいのが、“体組成計”の利用です。

普通の体重計の代わりに体組成計を使えば、

体重だけでなく、BMIや体脂肪率、内臓脂肪などがわかるのですが、

その中でも特に参考にしたいのが、筋肉量と基礎代謝量です。

むしろ、体重や体脂肪率の日々の変動なんてどうでも良くて、

この筋肉量と基礎代謝量の数値に注目すべきだと言えます。

必要な栄養をしっかり摂って、しっかり運動することで、

必ずやこの2つの数値が上がってくるはずです。

そして、この2つの数値こそが、あなたの体がダイエットに適した痩せやすい体に、

徐々に作り替えられていることを示す目安だと言えるからです。

現在では、パソコンやスマホと連携できる体組成計も増えており、

グラフ表示して眺めるだけでも、日々のダイエットの動機付けにもなるので、

体組成計は、あなたのダイエットを成功に導くツールになることでしょう。

最後に、食事制限と筋トレをしっかりと実践しても、

思うように体重が落ちなくなった場合の対処法についても触れておきます。

筋肉量が増えると基礎代謝が上がることについては説明しましたが、

実は、基礎代謝が上がったからといって、

それが直接、脂肪を燃焼するわけではありません。

体に溜まった余分な脂肪を徹底的に燃焼させるには、

やはり筋トレだけでは難しく、それには有酸素運動が有効だとされています。

つまり、有酸素運動こそが、食事制限によるダイエットの最終兵器というわけですね。

まとめ

以上、食事制限によるダイエットは、ただ食事を制限するだけではダメなこと、

きちんと必要な栄養をバランス良く摂取して、運動もしっかりと心がける。

食事制限と栄養バランスと運動、この3つの要素が上手くかみ合って初めて、

食事制限によるダイエットが成功すると言っても過言ではありません。

食事制限によるダイエットでなかなか結果が出せなかった人、

いつも決まってリバウンドに悩まされている人は、是非この機会に、

あなたのダイエット法を見直してみてください。

きっと何か改善すべきポイントが見つかるはずです。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする