花粉症で頭痛が起きる4つの原因と花粉症頭痛に効果的な薬はコレ!


花粉症の代表的な症状と言えば、

眼球を取りだして水洗いしたくなるような、つらい目のかゆみに・・・

「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」という、お馴染みのあの三症状が挙げられます。

しかし、花粉症の症状はそれだけではありません。

のどの痛みや咳、微熱など、風邪のような症状があらわれる場合もありますが、

そんな中でも意外と多いのが“頭痛”なんですよね。

じゃあ、どうして花粉症で頭痛が起きるのでしょうか?

そのメカニズムをきちんと理解している人って、意外と少ないようなのです。

メカニズムさえわかれば、おのずとその対処法もわかるというもの。

今回は、そんな花粉症を原因として発症する頭痛のメカニズムを明らかにし、

花粉症による頭痛に効果的な花粉症薬について考えてみました。

花粉症で頭痛が起こるのはどうして?

実は、花粉症と頭痛は、密接に関連してることをご存知ですか?

というのも花粉症による諸症状が、頭痛を誘引しているからなんです。

従って、花粉症による頭痛の原因は一つではなく、

主に以下の4つの原因が考えられます。

【原因1】鼻の粘膜が腫れることで脳が酸欠状態に?

花粉症による鼻水や鼻づまりといった鼻炎が長く続くと、

次第に鼻の粘膜が腫れ上がってしまいます

すると、どうしても鼻の穴を通る空気の量が少なくなってしまうため、

鼻から取り込むことのできる酸素の量が少なくなり、

やがて脳が酸欠状態に陥ることに・・・

この脳の酸欠状態が続くことで、頭が妙に重く感じたり、

慢性的な頭痛に発展したりするわけです。

【原因2】副鼻腔炎(蓄膿症)による影響

前述の、鼻の奥の副鼻腔に起きた炎症が長く続き、さらに悪化した場合は、

副鼻腔内にウミが溜まって排出できなくなることがあります。

この症状を、副鼻腔炎(蓄膿症)と言います。

実は、鼻の奥は脳にとても近いため、副鼻腔に生じた炎症を、

頭痛として感じてしまう場合があります。

特に、副鼻腔炎の場合は、鼻や目の奥、額や頬の裏の痛みに加えて、

歯の痛みを覚えることがあるのもその特徴ですね。

【原因3】ヒスタミンによる影響

そもそも花粉症とは、花粉などの異物が体内に入り込んだ際、

この異物を追い出そうと、免疫機能が異常に反応して、

大量のヒスタミンを放出することで、

目や鼻の粘膜に炎症が起きるアレルギー疾患です。

このヒスタミンには、目や鼻の粘膜の炎症を招く作用だけでなく、

実は、血管を拡張する作用もあり、これが頭痛・・・

特に偏頭痛の原因となるとされています。

【原因4】睡眠不足やストレスなどによる自律神経の乱れ

鼻づまりの息苦しさで呼吸がしづらくなると、どうしても睡眠の質が低下し、

慢性的な睡眠不足の状態に陥ってしまいます。

また、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって、

脳や体が日中のうちに受けたダメージの修復・回復が行われるので、

睡眠を十分にとれない状態が続くと、

たちまち疲労やストレスが蓄積することになります。

この疲労やストレスの蓄積は、自律神経のバランスを崩すことにもなり、

このことが、さらなる不眠の原因となるだけでなく、

筋肉の緊張が続いたり、血管の拡張や収縮のコントロールが難しくなって

これが偏頭痛や緊張性頭痛の原因になると言われています。

花粉症の薬と頭痛薬を同時に飲んでも良いの?

そこで問題となるのが、花粉症の薬と頭痛薬の併用ですね。

たいていは自分のアレルゲンである花粉が飛散している期間中は、

少しでも症状を抑えるための花粉症薬を飲み続けていると思いますが、

その際に頭痛が併発したような場合はどうしていますか?

花粉症薬と頭痛薬を同時に飲んでも大丈夫?

誰しも、思わず躊躇してしまうポイントではないでしょうか。

結論から言うと、頭痛薬(鎮痛薬)と花粉症薬の併用は、

実際の医療現場でも両方を処方する場合も少なくなく、

ほとんどの場合は問題がないようです。

もちろん、ずっと頭痛薬と花粉症薬の両方を飲み続けることはNGですが、

短期的、つまり、頭痛がある時だけ痛み止めとして鎮痛薬を服用する・・・

そう言う使い方であれば、特に問題は起きないとのことです。

頭痛にも効果を期待できる花粉症薬

前述のように、花粉症を原因とする頭痛の中には、

放出されるヒスタミンの影響で発症しているものがあるので、

抗ヒスタミン成分の花粉症薬が効果的だと言えますね。

また、鼻炎による鼻の粘膜が腫れることで脳が酸欠状態になり、

それを原因として頭痛が発症してる場合には、

鼻炎を抑えることで脳の酸欠状態が解消されるので、

頭痛の改善や予防効果が期待できます。

但し、副鼻腔炎(蓄膿症)が原因で頭痛が起きている場合には、

アレルギー症状の緩和・改善よりもむしろ、副鼻腔炎の治療を優先することが、

頭痛の解消に繋がると言えます。

ドロっとした濃い黄色の鼻汁が出たり、鼻や口から嫌な臭いがする場合、

頬や目の周り、歯の奧が痛い場合など、蓄膿症に特有な症状が見られる場合は、

専門医に受診されることをお勧めしておきます。

最後に、花粉症による頭痛に効果が期待できる、

市販の花粉症薬をご紹介しておきましょう。

アレグラFX


(http://www.allegra.jp/)

「アレグラFX」には、いわゆる第二世代抗ヒスタミン成分である、

「フェキソフェナジン塩酸塩」が含まれており、

放出されたヒスタミンが炎症を起こすのを防ぎ、

鼻水や鼻づまりなどのアレルギー症状を緩和してくれます。

効き目が強いにもかかわらず、

眠気や口の渇きといった副作用も少なく、

空腹時にも使用できる使い勝手のよい花粉症薬として人気です。

アレギサール鼻炎


(https://www.mt-pharma.co.jp/alegysal/alegysal.html)

「アレギサール鼻炎」の有効成分である「ペミロラストカリウム」は、

頭痛の原因となるヒスタミンの放出を抑える抗アレルギー成分で、

アレルギー症状をまさに元から抑える花粉症薬です。

こちらの薬にも眠くなる成分が入っておらず、

より効果的に使用するには、花粉症シーズンが始まる前から飲み始めることで、

長引く鼻づまりを強力に抑える効果が期待できます。

クラリチンEX


(http://www.taisho.co.jp/claritin/product/)

「クラリチンEX」には、頭痛の原因となるヒスタミンの放出を抑えるとともに、

放出されたヒスタミンをブロックして、アレルギー症状を緩和する、

抗ヒスタミン作用という、2つの側面からの効果が期待できる花粉症薬です。

こちらの薬にも眠くなる成分が入っておらず、

1日1回1錠の服用で、頭痛の原因となる鼻水・鼻づまりをしっかりと抑えてくれます。

まとめ

以上、花粉症を原因とする頭痛について、

それが引き起こされる4つの原因を明らかにし、

花粉症薬と頭痛薬(鎮痛薬)の併用の可否、そして、

花粉症による頭痛にも効果がある市販の花粉症薬をご紹介しました。

但し、花粉症シーズンに起きた頭痛だからと、

必ずしも花粉症を原因として発症しているとは限らない点には注意が必要です。

中には、脳出血や脳梗塞、くも膜化出血などの脳卒中や緑内障発作など、

一刻をあらそって治療に入らなければならない重篤な疾患が隠されていて、

それが頭痛症状となってあらわれている可能性も否定できません。

特に、今までにないような強い痛みや、痛みが強くなっている場合、

手足のしびれや痙攣が認められる場合などは、

躊躇せずに医療機関に受診するようにしてください。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする