花粉症にヨーグルトが効く人、効かない人がいる理由はコレだった!


「花粉症にヨーグルトが効く!」

そう言われるようになって、もう随分になるので、

つらい花粉症でお悩みの方であれば、誰でも一度は、

ヨーグルトを試したことがあるのではないでしょうか?

確かに、ヨーグルトを毎日せっせと食べ続けただけで、

花粉症の予防や改善効果を実感できた人がいる一方で、

ヨーグルトではほとんど効果が見られなかった・・・

そう言って、肩を落とす人がいることも事実のようです。

もちろん個人の体質的な面もあるでしょう。

しかし、ヨーグルトによる何らかの効果がみられなかった人の多くは、

ある“共通の間違い”をおかしていた可能性があると言えるです。

逆に言うと、その“共通の間違い”さえおかさなければ、

ヨーグルトで花粉症を予防し、改善しうる可能性が、

飛躍的に高まると言えます。

じゃあ、その“共通の間違い”とは何なのでしょうか?

今回は、主にそこに重点を置いて解説していますが、

まずはその前提となるお話から始めましょう。

免疫システムとアレルギーが発症する原因

まず最初に、花粉症などのアレルギーが起こるメカニズムを、

免疫との関係から、簡単に解説しておきますね。

免疫とは、ウイルスなどの脅威となる異物が体内に侵入した時、

これをいち早く発見し、すかさず排除することで病気になることを防ぐ、

我々の体に備わっている自然の防御システムです。

そして、この免疫をつかさどる免疫細胞にはヘルパーT細胞が存在し、

このヘルパーT細胞には、次の2つの細胞があります。

  • 「1型(Th1細胞)」 : 細菌やウイルスを担当
  • 「2型(Th2細胞)」 : ダニやカビ、花粉などのアレルゲンを担当

本来は、このヘルパーT細胞の1型と2型は、

お互いに同じくらいの強さで均衡を保っているのですが、

生活習慣の乱れや偏った食生活、さらには遺伝などを原因として、

ヘルパーT細胞2型が優位になってしまうことがあります。

このヘルパーT細胞2型が優位になると、

花粉やダニ、カビなどのアレルゲンに対抗するための武器、

すなわち「抗体(lgE抗体)」を、必要以上に多く作り過ぎてしまうんですね。

そして、この抗体に反応して生じるのが・・・

くしゃみや鼻水などのアレルギー症状に他なりません。

ヨーグルトが花粉症に効くメカニズム

つまり花粉症は、本来均衡を保つべきはずの2つの免疫細胞のうち、

ダニや花粉などのアレルゲンを担当している

ヘルパーT細胞2型が優位になることで、

免疫細胞の均衡が破られた時に発症する疾患なのです。

そして、最近の研究によって、この免疫細胞の不均衡は、

腸内環境に大きく左右されることがわかってきました。

より具体的には・・・

「悪玉菌が優位な腸内で、ヘルパーT細胞2型が優位に働く」

ということがわかったのです。

つまり、腸内の悪玉菌が優位な状況さえ改善することができれば、

ヘルパーT細胞2型の優位性も解消され、

やがては2つの免疫細胞が均衡を取り戻し、

本来あるべき免疫システムを回復することが可能なんです。

そして、この悪玉菌が優位な腸内環境を改善するよう期待されているのが、

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌なんですよね。

乳酸菌が花粉症改善に効果があるとする科学的根拠

2006年に実施された、厚生労働省の研究斑による実験で、

乳酸菌が鼻水や鼻づまりなどの花粉症の症状を緩和する、

一定の効果が実証されました。

その具体的な実験の内容と結果は次の通りです。

花粉症などのアレルギー性鼻炎の患者に市販のヨーグルト100グラム程度にあたる乳酸菌の粉末が含まれる食品を毎日摂取させたところ、鼻水と鼻づまりの症状が花粉症のシーズンにもあまり悪化せず、摂取しなかったグループに比べて最大1段階ほどの差があったというものです。

(http://www.asahi.com/ad/clients/bien/column9.html)

一般に、ヨーグルトの効果が実感できる最適な摂取量は、

一日当たり200グラムだと言われていますが、この実験ではその半分である、

100グラムのヨーグルトに含まれる乳酸菌で確認された効果なんですよね。

もちろん多くとれば、その分だけ効果も大きいとは言えませんが、

たったヨーグルト100グラムの摂取で得られた効果にしては、

注目すべきものがあると言えるのではないでしょうか。

ヨーグルトで効果がでない人に“共通する間違い”とは?

以上、ヨーグルトが花粉症に効く可能性を理解していただいたところで、

冒頭で提示した謎、つまり・・・

「ヨーグルトを食べたのに少しも花粉症に効かなかったよ!」

なんて人が、知らず知らずのうちにおかしていた可能性のある、

ある“共通の間違い”について考えてみましょう。

ヨーグルトに配合されている乳酸菌やビフィズス菌は様々

実は、一口にヨーグルトと言っても、

配合されている乳酸菌やビフィズス菌は異なります。

そして、それぞれの乳酸菌やビフィズス菌には、

それぞれに確認されている効果や効能、得意分野があるんですよね。

たとえ、あるメーカーが、

花粉症に効果がありそうなヨーグルトを開発できたとしても、

機能性表示商品として国に認可を受けなければ、

「このヨーグルトは花粉症に効果があります!」なんて、

大々的に宣伝するわけにはいかないのです。

じゃあ、どうすれば良いのか?

まずは、ヨーグルトを利用する我々自身が、

花粉症に効果がある乳酸菌やビフィズス菌をキッチリと把握して、

それがメインで配合されているヨーグルト商品をリストアップします。

その上で、これを一定間隔で食べてみる(ローテーションする)ことで、

その中から自分の腸内環境にマッチした商品を、

探し出さなければならないのです。

さらに、既に花粉症の症状がひどくなった状態では、

なかなかヨーグルトの効果は実感できません。

ヨーグルトの花粉症効果を実感するためには、

花粉の飛散が始まる、2~3ヶ月前の時期から食べ始め

実際に花粉の飛散が始まるまでには、

腸内環境を整えておかなければならないとも言われています。

ヨーグルトが効かないと結論づけるのは早かったのかも・・・

以上、ヨーグルトによる花粉症予防・改善効果を実感するためには、

最低でもこれだけのことをしなければならないのです。

ヨーグルトを食べたけど花粉症に効かなかった・・・

そう結論づけた人のうち、果たしてどれくらいの割合の人が、

上記までのことをしたのか・・・甚だ疑問だと言えませんか?

花粉症を予防・改善するヨーグルトはどれ?

じゃあ、花粉症に効くヨーグルトはどれなんだ?

という話になるかと思います。

まずは、花粉症に効果がるとされている乳酸菌やビフィズス菌と、

それが配合されているヨーグルト商品をリストアップしておきましょう。

  • ビフィズス菌 BB536株(森永乳業 「ビヒダスシリーズ」)
  • L-55乳酸菌 (オハヨー乳業 「L-55生乳ヨーグルト」)
  • 乳酸菌シロタ株 (ヤクルト 「ソフール」)
  • KW乳酸菌 KW3110株 (小岩井乳業 「小岩井KW乳酸菌ヨーグルト」)
  • LGG乳酸菌 (タカナシ乳業 「おなかへGG!」)

結論から申し上げると、どの乳酸菌やビフィズス菌が、

あなたの腸内環境に合っているのかは、

実際に食べてみないとわかりません。

是非これら全てのヨーグルト商品を、

最低でも1週間ずつ食べ続けてみてください。

とりあえず今回は、これらのうち上3つのヨーグルト銘柄について、

メーカーから発表されている科学的根拠をピックアップしておきます。

森永乳業 「ビヒダスシリーズ」


(http://foodsnews.com/articles/view/5200)

花粉症患者44名にスギ花粉が飛び始める約1ヵ月前からビフィズス菌BB536粉末(1000億個/日)を13週間にわたって摂取してもらったところ

花粉症の自覚症状が緩和され、症状と関連する血中マーカーも改善されたという結果が得られています。

また、ビフィズス菌BB536入りヨーグルトを用いた臨床試験においても症状の改善作用が認められたそうです。

(http://bb536.jp/morinagamilk/morinagamilk04.html)

ビフィズス菌BB536“粉末”を使った実験だけでなく、

実際にビフィズス菌BB536入りのヨーグルトを使った臨床試験でも、

症状の改善が見られたという点に注目ですね。

オハヨー乳業 「L-55生乳ヨーグルト」


(https://www.eatsmart.jp/do/caloriecheck/detail/param/foodCode/1001720049829)

オハヨー乳業と岡山大学大学院の動物実験でL-55乳酸菌が花粉症の症状である鼻掻き行動及びくしゃみ反応を抑えること、さらに血清中の抗原特異的IgE抗体価を低下させる効果があることが確認されました。

(https://www.ohayo-milk.co.jp/)

上記は動物実験での研究結果ですが、
その効果は抗アレルギー剤投与群と同等だったそうです。
また、人を対象とした研究でも、下記のようなデータが得られています。

ヨーグルト摂取開始10週間後で症状の改善、12週間後には血中TARC値(アレルギーの重症度をみる値)が有意に低下したというデータも得られています。

ヤクルト 「ソフール」


(http://www.yakult.co.jp/news/article.php?num=538)

乳酸桿菌であるシロタ株と、別の乳酸桿菌の摂取試験において、シロタ株のみアレルギー発症に関与するIgEの産生抑制が確認されています。

シロタ株400億個が入った乳飲料を8週間飲用後、2週間観察するという実験を行った結果、発症の遅延と症状の緩和がみられました。

(http://www.yakult.co.jp/institute/report/pdf/science_No5.pdf)

シロタ株の摂取によって産生抑制が確認された「lgE」とは、

アレルギー担当のヘルパーT細胞2型が過剰反応して作りまくる、

アレルゲンに対抗するための武器(抗体)です。

このlgE抗体に反応して、くしゃみや鼻水などの花粉症の諸症状が出るので、

それが作られるのを抑制できたということは、

アレルギー症状が緩和されたことを意味します。

まとめ

以上、ただ健康に良いと言われるヨーグルトを食べるだけで、

花粉症の予防や、症状の緩和・改善に効果がある!なんて思ったら、

実は大間違いであることがおわかりいただけたかと思います。

ヨーグルトが直接、花粉症に効くのではなく、

あくまで花粉症の原因となる腸内環境の改善に働きかけることで、

間接的に花粉症の予防や改善に繋がっているに過ぎないことを、

まずは理解しなければなりません。

その上で、数ヶ月という長いスパンで、

ヨーグルトの花粉症に対する効果を確認してみてください。

まずは何よりも・・・

自分の腸内環境に合った乳酸菌やビフィズス菌を見つけること。

見つかったら、毎日少しずつで良いので食べ続けること。

そして、花粉の飛散が本格化する2~3ヶ月前から始めること。

以上が、あなたのヨーグルトによる花粉症対策が、

成功するか否かの大切な分かれ目になるはずです。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする