【地獄】和田晃一良(coincheck)の彼女と過去の最低ツイートが発覚….!!


(https://codezine.jp/article/detail/8790)

約580億円分もの仮想通貨NEMがハッキングされ、

窮地に追いやられているコインチェック株式会社

27歳にしてコインチェックの社長である、

和田晃一良はこの窮地をどう切り抜けるのか。

今回はそんな和田晃一良についてまとめてみました・・・

プロフィール


(https://ddnavi.com/serial/160182)

出身:埼玉県入間市

誕生日:1990/11/1

職業:実業家・プログラマ

出身高校: 西武学園文理高等学校

出身大学:東京工業大学工学部経営システム工学科(中退)

団体:コインチェック

受賞:第3回開発コンテスト24優勝

(https://ja.wikipedia.org/wiki/)

コインチェックのハッキング被害のおさらい….

今年1月26日に仮想通貨の取引所であるコインチェックが、

5.4億NEM(約580億円)のハッキング被害に逢いました。

まぁ簡単にいうと、

コインチェックを利用してNEMを購入していた人の

NEMが全てハッカーによって奪われてしまったということ。

つまり顧客のNEMは戻ってきません。

そればかりではなくコインチェックは全通貨、

つまりビットコインやイーサリアムなどの他の仮想通貨の

出金手続きも停止しています。

これはセキュリティの甘さが露呈したコインチェックを見切り、

一斉に顧客が出金手続きをして会社がやばくなるのを防ぐためですね。

結局コインチェックは全額とは言わないまでも、

幾らかの金額をJPYで顧客に補填することを決めました。

しかしコインチェックの信用はかなり落ちてしまったので、

まだまだ出金停止は継続せざるを得ない状況ですね。

秒で億稼ぐ男もこう言っていますね。

コインチェックがこれからどうなるのかは、

コインチェックの顧客のこれからの動きにかかっているのかもしれません。

社長・和田晃一良の彼女が発覚….

今回の騒動を受けてコインチェックは

緊急記者会見を開きました。

その時社長である和田晃一良が出席しましたが、

なかなかのイケメンで話題を呼んでいます。

年齢もまだ27歳とお若いですね。

そんな和田社長は東京工業大学在学中にこのコインチェックの

前身であるレジュプレスを友人と創業。

大学卒業後はサイバーエージェントに入社予定でしたが、

内定も蹴って大学も中退したそうです。

そんな和田社長はまだ有名になる以前に、

自身のTwitterで彼女がいることを普通に公言していました。

まだまだこんな事件が起きるとは想像もしていない楽しい時ですね。

ちなみに彼女さんのTwitterのアカウントがこちらですね。

@NaoMaemura

会計ソフトfreeeに務める前村菜緒さんですね。


(https://now-or-never.jp/around88s)


(https://twitter.com/naomaemura/status)

めちゃめちゃ綺麗なお方ですね!

現在は交際しているかはわかりませんが。

和田晃一良の実家は??

和田晃一良の実家はお花屋さんをやっているらしいです!

「僕も実家が花屋なのでそろそろビットコインで花を売ろうと思います。」

と以前に言っていたそうな。

詳しい場所や店の名前はわかりませんね。

そんなものがわかってしまったら大変ですね。

絶対メディアやコインチェックに登録していた人が押しかけますね…笑

あと話はそれますが、

和田晃一良の以前のツイートが話題を呼んでいます!

これらのツイートを消さないのが清々しいですよね!

そんな和田晃一良でした〜!

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする