【衝撃】武居由樹の母親に見放されてからの人生が壮絶だった…


(http://www.tokyoheadline.com/183033/)

K-1のスーパーバンダム級にて王者に君臨している

武居由樹の母親やこれまでの経歴が

凄まじいと話題になっています。

問題児すぎて母親から見放され、

そこからプロキックボクサーを目指す武居の過去について、

いろいろ詳しく調べてみました・・・

プロフィール


(http://www.tokyoheadline.com/375929/)

出身:東京都足立区

誕生日:1996/7/12

身長:168cm

体重:55kg

所属:POWER OF DREAM

スタイル:キックボクシング

https://ja.wikipedia.org/wiki/

武居由樹の壮絶半生….!!

新生K-1の第2代スーパーバンダム級王者に君臨し、

長らく防衛を続けている足立区生まれの武居由樹。


(https://instagrammernews.com/detail)

KO率も高くアグレッシブなファイトスタイルから、

軽量級ながら大変人気がある選手です。

そんな武居ですが、

実は小さい頃より父親がおらず、

母親1人によって育てられて来ました。

しかし武居は何かと手のかかる子供で、

母親1人で育てるのは無理だったようです…

 足立区の母子家庭で育った武居であったが、問題児だった武居を手に負えなくなった母親は思い悩んだ末に親子心中まで考え、武居が10歳の時に問題のある子供たちを引き取って指導しているキックボクシングジムへ預けることにする。

 武居はジムの会長の自宅に住み込んで他のジム生と共同生活を送りながら厳しいトレーニングに励み、最初は嫌々だったが、大会で優勝するようになるとだんだんと楽しくなりキックボクシングにのめり込んでいった。 高校ではボクシング部に入部、部長を任されるまでになり、武居のボクシングの成績を評価した大学から推薦入学の話も舞い込むが、その話を断りプロキックボクサーを目指すことを選んだ

(https://ja.wikipedia.org/wiki/)

そのキックボクシングジムというのが、

POWER OF DREAMという足立区のジムです。

ここの会長である古川誠一さんは、

問題のある子供を引き取って自宅で共同生活をさせながら、

ジムでトレーニングをさせて育てているらしいです。

かくいう武居も10歳の頃から会長の家に住んでおり、

チャンピオンになった現在も会長の家で共同生活をしています。

会長の奥さんは最初はびっくりしたが、

子供達は良い子ばかりなので気にならないとのこと。

この動画を見れば武居のほとんどがわかります!

会長宅での食事シーンから

ジムでの練習など、武居の1日が全部わかります。

K-1のチャンピオンは優勝賞金やファイトマネーなどで

車やアクセサリーを買ったりと

チャラチャラしたイメージがありますが、

武居は全然そんなことなくて好感が持てますね!

武尊が那須川天心と戦わないことが色々物議を呼んでいますが、

実際武居もめちゃめちゃ強いので、

武居と那須川天心の試合も見てみたいんですよね〜!

 武居の母親は現在どうなっているのか…

さて、10歳のころに武居をジムに預けた母親ですが、

その母親は現在はどうなっているのでしょうか。

噂では「失踪している」なんて話もありますが、

事実はどうかわかりませんね。

ただ武居はまだしばらくはジムの会長の家に住むんでしょうね!

なんだかすごく楽しそうですし、

そっちの方が練習にも身が入ると思います。

いつかK-1の枠を超えて、

もっと世界で活躍してほしいです。

正直それくらいの実力は十分にあると思います。

そんな武居由樹でした〜!

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする