梅雨の肌荒れ対策はこれで決まり!6月の肌トラブルとスキンケアのポイント

梅雨の肌荒れ対策はこれで決まり!6月の肌トラブルとスキンケアのポイント

しいゴールデンウィークも終わると

次は、あのいや~な梅雨がやってきます。

雨は降り続き、湿度はマックスに

スタイリングした髪も職場に着く頃にはうねりが出るし、

何もしなくても汗が噴き出し、鼻の頭のファンデは取れるし

アイメイクが滲んでパンダ目に・・・。

 

ああ、考えただけでも憂鬱になりますね。

今回は、そんな6月に起こる肌トラブル

キレイ肌を保つポイントについてお伝えします。

6月に起こりがちな肌トラブル

①ニキビ

高い湿度と気温のせいで、

何もしなくてもジトーっと汗が噴き出してきますよね。

でも冷房の効いた部屋に入るとスーッと汗もひき、いい気持ちです。

肌もこれで問題なしと思いがちですが、実はそうではありません。

 

汗がひいたからとそのままにしておくと雑菌が繁殖し、

とても不潔な状態になってしまいます。

食事の後の皿をティッシュで拭いたら、

見た目はきれいですよね。

でも洗い流さないと目に見えない菌がどんどん増えていきます。

 

肌も同じことです。

汗はひいても皮脂や汚れは皮膚についたままなので、

雑菌が繁殖しニキビの原因になります。

 

 

②毛穴の詰まり

分泌された皮脂が毛穴に入り、詰まってしまうと、

鼻のあたまに黒ごまが・・・ということにもなります。

 

 

③くすみ・黒ずみ

梅雨は本当にうっとうしい季節。

雨が続いて青空もなく、気分がめいってしまいます。

そして心と体にストレスを受けた状態になります。

 

ストレスはホルモンのバランスを崩し血行不良を起こします。

するとターンオーバーが乱れ、

肌が新しい細胞に生まれ変わるのが遅くなります。

それが肌のくすみや黒ずみの原因になるのです。

 

 

④乾燥

梅雨の時期は湿気が多いので

肌も潤っていると思いがちですが、

実は乾燥肌になっていることが多いのです

それは肌の表面は汗や皮脂の分泌でべたついているのに、

冷房の効いた部屋にいると肌の内側の水分が奪われるためです。

こういう肌の状態をインナードライと言います。

 

肌の内側の水分が不足しているために、

肌は潤いを取り戻そうとさらに皮脂を出す

→乾燥が進む→皮脂が出る→ますます乾燥が進む

という悪循環に陥ってしまうのです。

6月のスキンケアのポイント

①クレンジングは優しく丁寧に

肌の表面には汗や皮脂がつき

その上のファンデーションには空気中のホコリが吸着するので、

肌にとっては大きなストレスです。

帰宅したらなるべく早くメイクを落としましょう。

 

クレンジングの基本はあくまでも優しくです。

汚れを落とそうとこすったりしてはいけません。

皮脂が出やすいTゾーンや汚れが残りやすい小鼻は

丁寧にクレンジングしましょう。

但し時間をかけすぎるのはよくありません。

 

 

②洗顔も優しく、優しく

ベタベタをとってさっぱりキレイにしたいと、

つい洗顔に力が入りがちですが、

肌に必要な皮脂までも落としてしまうと

それを補うためにまた皮脂が分泌され、

またまたベタベタになってしまいます。

 

肌に刺激を与えないように優しく洗い、

32℃くらいのぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう。

その後冷たい流水で軽く顔をパッティングすると

毛穴の引き締めにもなりとても気持ちいいのでおすすめです。

朝は特に汗かきでなければ、

洗顔料を使わなくてもぬるま湯での洗顔で大丈夫です。

 

 

③最も重要なのは保湿

上述したように、

潤っているようでも実はインナードライになっている肌には

保湿が最も大切です。

紫外線も強くなり美白も気になるところですが、

まずは保湿に力を入れましょう。

 

化粧水はたっぷりと肌につけてください。

小鼻やUゾーンには重ねづけをしましょう。

その後は優しく顔を覆い

しばらくハンドプレスをしておくと

手を離した時に頬が吸い付いてきます。

ここまで待ってから次のスキンケアに移ることが大切です。

 

④乳液やクリームでフタをする

梅雨時はべたつくから化粧水だけでさっぱりしたいと

思われるかも知れませんが、

化粧水だけだと蒸発してしまい乾燥の原因になります。

化粧水や美容液の後は必ず乳液やクリームでフタをし

水分の蒸発を防ぎましょう。

 

 

⑤毛穴ケアにはピーリングを

梅雨時は皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすくなりますので、

週に一度くらいピーリングをおすすめします。

但しこれも力を入れすぎないで優しく行いましょう。

 

 

⑥ホコリをパウダーでガード

メイクの時は、リキッドファンデーションの後に

パウダーファンデーションやルースパウダーをつけましょう。

パウダーが皮脂やホコリを吸着し

肌の内部に入るのを防ぎます。

またパウダーが光を反射して肌を明るく見せてくれます。

 

化粧直しの時も、あぶらとり紙を使うより

柔らかなティッシュで優しく肌を押さえた後に

ブラシやパフでパウダーをつけましょう。

普段の生活で気をつけること

①十分な睡眠をとる

疲れが溜まると血行が悪くなりターンオーバーが乱れます。

お肌のゴールデンタイムと呼ばれる

午後10時から午前2時に熟睡するのが理想です。

10時は無理でも、なるべく早く寝るように心がけましょう。

 

 

②湯船でリラックス

暑くなると入浴もシャワーで済ませがちになりますが、

血行を良くし新陳代謝を上げることが美肌への道です。

40~42℃くらいのお湯に10~15分くらい

ゆっくりと浸かって心も体もリラックスさせましょう。

 

 

③好きなことでストレス解消を

梅雨時は気分まで憂鬱になりますね。

心の状態とお肌は密接につながっています。

気分がすぐれなかったり悩み事があったりすると

ニキビや吹き出物が出ることも。

雨の日は外出もおっくうになりますが、

映画を観たりショッピングをしたり

時には自分の趣味に没頭したりして楽しみましょう。

ストレス解消は美肌にとって、とても大切なことです。

まとめ

いかがでしたか?

6月は、次にやってくる真夏に向けての準備という意味でも

スキンケアにとって、とても重要な季節です。

 

上のポイントを意識して

梅雨に負けないキレイなお肌を維持しましょう。

そして、心も梅雨に負けず、明るく楽しい日々を送りましょう!

 

肌のしわ・しみ・むくみ改善カテゴリの最新記事