【DeNA】井納翔一が結婚した嫁について!また「宇宙人」と呼ばれる理由が面白い…


(https://baseballking.jp/ns/column/5758)

横浜DeNAベイスターズの井納翔一が、

平井理央似の美人と結婚したことで話題を読んでいます。

数々の不可解な言動から「宇宙人」と呼ばれている井納。

そんな井納が結婚したお嫁さんはどんな方なのでしょうか。

そして井納が「宇宙人」と呼ばれる原因である

数々のおかしな言動についても詳しく見てみましょう!

プロフィール


(https://twitter.com/hashtag/B8%80%E8%AA%95%E7%94%9F%E7%A5%AD)

出身:東京都江東区

誕生日:1986/5/1

身長:188cm

体重:91kg

プロ入り:2012年(ドラフト3位)

初出場:2013/4/4

出身高校:木更津総合高等学校

出身大学:上武大学

出身:NTT東日本
(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%95%E7%B4%8D%E7%BF%94%E4%B8%80)

 寺内の嫁はめちゃめちゃ美人だった….

井納翔ーが元フジテレビアナウンサーの

平井理央に似ている一般女性と結婚したらしいです…

 DeNA井納翔一投手(29)が、川崎市在住の一般女性(26)と結婚したことが22日、分かった。

 年明け後に婚姻届を提出し、すでの都内で新婚生活をスタート。「1年間、しっかりと投げてトリプル2(2ケタ勝利、防御率2点台、200イニング)を達成したい」と最愛の伴侶とともに新シーズンに挑む。

 14年12月に知人の紹介で出会った。初対面で井納は「一目ぼれしました」と運命の出会いを予感したという。翌年から交際を開始し、約1年の交際期間を経てゴールイン。名前、写真は非公表だが、フリーアナウンサーの平井理央似の美人で「食事面でも支えてもらっているし、シーズン中はどんな成績でも笑顔で迎えてくれる。しっかりしていて明るいところも自分にとってはすごく気持ちを楽にしてもらっている」と感謝する。

(https://www.nikkansports.com/baseball/news/1595562.html)

いいですね〜。

平井理央に似てるくらいだから相当美人なんでしょうね…


(https://frf-en.jp/talking-about-fuji-rock/hirai-ogawa)

井納の結婚に対してネット上では、

井納を祝福するよりかは、

井納を小馬鹿にするような声が多く上がっています(笑)

筒香はこんなことを言ってたみたいですね(笑)

確かに間違ってはいないと思います。。

井納はなぜ宇宙人と呼ばれている…??

井納といえば「宇宙人」というあだ名ですよね。

阪神の糸井は、超人的な肉体や、

度々する突拍子も無い発言の数々から

「宇宙人」というあだ名がついていますが、

井納はなぜ宇宙人と呼ばれているのでしょうか。

調べてみたところ、

井納も糸井と同じようにおかしな発言を繰り返しているらしいです…

・新人合同自主トレの練習後、グラブを2つ重ねて「はい、バナナの叩き売りだよ!」と絶叫。盛大にスベる。

・試合前、記者の前で「ヤバイです。きょうは4時起きです」と言い残しベンチ裏へ。試合後、記者に早起きの理由を尋ねられ「誰に聞いたんですか!? 早いッスね、情報が」と目をぱちくり。なお、早起きの理由は「おなかすいて目が覚めちゃったんです」とのこと。

・試合で対戦したブライアン・ラヘアについて「ラ、ラフェア? カタカナは苦手なんですよ」

・「野手が捕球したボールをある塁に送り、走者の刺殺を助けることを何と言う?」(正解は「補殺」)という野球用語問題に対して「意味が分からないんですよ」。結局「へいさつ」とひらがなで答える。

・上記の問題を含むテストで0点に終わり、三浦大輔から「罰ゲームです」と言われ、「じゃあ、リーゼントにします」

・愛車のアウディの故障中に借りた代車が気に入り、3週間で4000km走行する。「自主トレで球場やゴルフに行っただけなんですけどね」と不思議がり、「あ! 練習はちゃんとしてますよ」と付け加えた。

・ソチ五輪に絡めて「あなたにとってK点越えは?」との質問に対し「そもそもK点ってなんですか?」

・2014年5月9日のヤクルト戦で記録した1イニング3暴投が日本タイ記録と記者から聞かされ、「本当に? マジ? ああ、ありがとうございます」となぜか感謝

・プロ初完封を達成した試合でオフに覚えたツーシームを10球投げ、捕手の高城俊人も「ツーシームが良いところに決まった」とコメントするも、本人は「今日は(ツーシームを)投げてない」と投げたことを忘れる。

・試合前の中畑監督への取材の際、囲んでいる記者の中にペンとメモを持って紛れ込んでおり、中畑監督から「お前にオレの言動をチェックされるようになったら終わりだよ!」と言われた。また、井納の成長を実感しており、「去年はアイツ、会話がかみ合わなかったもんな。それだけでも人間としてだいぶ進歩したよ」とも。

・月間MVPの受賞会見で記者からプロ野球コンベンションの話を聞き、「フォーメーションって何ですか?」

・140球完投勝利した試合後の談話「(中畑)監督から『今日は託したぞ』と言われて、どういう意味か分からなかった」

・2016年のキャンプにて筒香嘉智をおぶって会見場に登場。  降ろしながら「DeNAのゾウさんです」とひとこと

(https://www.nikkansports.com/baseball/news/1595562.html)

結構面白いですね(笑)

これは宇宙人と呼ばれても仕方がないですわ。

そんな井納翔一でした〜。

sponsored link

これを読んだ方はこちらも読んでいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする